中間市の社会保険労務士事務所「さかい労務管理事務所」
MENU 働く人の相談

スタッフ募集

よくあるご質問
社会保険労務士個人情報保護事務所 全国社会保険労務士会連合会



消防団活動

自衛隊福岡協力本部
一般トピックス
2014/9/7
自殺対策を推進するためには、誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発することが重要です。平成19年6月に閣議決定された「自殺総合対策大綱」において、「9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年、9月10日からの一週間を自殺予防週間として設定し、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進」することとされました。
2014/8/25
10月1日(水)から7日(火)まで、「みんなで進める職場の改善 心とからだの健康管理」をスローガンに、平成26年度「全国労働衛生週間」を実施します。 昭和25年から毎年実施し、今年で65回目になります。 10月1日から7日を本週間、9月1日から30日を準備期間とし、各職場で職場巡視やスローガン掲示等、さまざまな取組みを展開します。
2014/7/21
6月1日から9月30日は「熱中症予防対策強化期間」。福岡局内における熱中症の発生状況をみると、平成25年に34件発生しています。 6月1日から9月30日までを熱中症予防対策強化期間と定め、事業場における熱中症予防対策の確実な実施を図ることとしております。 気温が上昇、熱中症が発症しやすい季節に入ります、熱中症予防対策の徹底をお願いします。
2014/6/10
福岡県社会保険労務士会では「総合労働相談室・年金相談センター」が第3日曜日も開設します! 毎週火・木曜日の12時〜18時及び第1土曜日の10時〜16時に相談室を開設しておりますが、平成26年6月より相談日を追加し、第3日曜日も対応することになりました。 労働問題や年金についてのご相談は「総合労働相談室・年金相談センター」までお寄せください。
2014/2/5
『福岡県中小企業新事業展開雇用創出支援事業』を活用する企業を募集。 福岡県では、新商品や新サービスの開発等の新たな事業展開を図る事業計画により業績向上を目指す起業後10年以内の事業者を支援するため、「中小企業新事業展開雇用創出支援事業」を実施します。 【委託期間】原則として、平成26年3月1日から2月28日。 福岡県中小企業経営金融課
2014/1/12
厚生労働省では、毎年「均等・両立推進企業表彰」の候補となる企業を公募しています。 「均等・両立推進企業表彰」は、【職場における女性の能力発揮を促進するための積極的な取り組み(ポジティブ・アクション)】について、他の模範となる取り組みを推進しているような企業を表彰する制度です。 平成26年1月から、福岡労働局雇用均等室にて応募を受け付けています。
2013/11/7
11月は「労働保険適用促進強化期間」です。 労働保険とは、労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険とを総称した言葉です。 労災保険は、業務上の災害や通勤途上の災害に迅速に対処して保険給付を行う制度です、雇用保険は、失業した場合に生活の安定を図るとともに再就職を促進するため必要な給付を行う制度。 未加入の事業主は手続を行って下さい。
2013/10/9
福岡県で働くすべての方へ。 最低賃金712円時間額 福岡県のこれまでの最低賃金701円から11円アップ[発効日]平成25年10月18日 パートやアルバイトなどの雇用形態にも適用されます! 最低賃金制度とは?働くすべての人に、賃金の最低額を保障する制度です。 派遣労働者には、派遣先の最低賃金が適用されますので派遣先の最低賃金を把握して下さい。
2013/10/1
11月は、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)推進期間です! 今日は定時で帰ろう 11月20日(水曜日)を「ノー残業デー」にしませんか? 福岡労働局では「一斉ノー残業デー」の実施を呼びかけています、導入してメリハリのある働き方をしてみませんか? せっかくノー残業デーを導入しているのに、この機会にノー残業デーについて再確認してみましょう。
2013/9/12
特定化学物質障害予防規則等を改正しました。 1,2-ジクロロプロパンについて健康障害防止措置が義務づけられ、健康管理手帳交付対象業務になります。改正は、平成25年10月1日から施行・適用します(一部には経過措置があります)厚生労働省では、事業場において労働者が有害物にさらされる状況を把握するため、「有害物ばく露作業報告制度」を設けています。
2013/9/8
厚労働省では、安全活動に取り組んでいる企業が国民や取引先から注目される運動『あんぜんプロジェクト』を展開しています。 「『見える』安全活動コンクール」では、安全活動の「見える」化の取組事例を募集します。安全活動優良事例選考委員会(仮称)において評価、選考を行うことで事業場の安全活動の「見える」化への取り組みを活性化することを目的としています。
2013/9/1
厚生労働省委託事業『一般労働者向け労働契約解説セミナー』を9月30日月曜日に福岡県中小企業振興センター202会議室で開催します。 正社員・派遣社員など様々な立場で就業している方や、今後就業を希望される方などを対象として「労働契約法・労働基準法」で定められていることなど、労働者・使用者それぞれの権利・義務などをわかりやすく解説いたします。
2013/8/9
福岡労働局需給調整事業課では平成25年9月18日水曜日、13時30分から16時の予定で「労働者派遣の実務」と「改正労働契約法」について派遣元等を対象としたセミナーを開催します。 福岡市『天神ビル11階10号会議室』で開催します。 参加申込書をFaxして下さい。 当日は、受付で回収させて頂きます。 問合せは、労働局需給調整事業課にお願いします。
2013/7/10
鉄骨切断機等を使用して作業を行う皆さまへ、平成25年7月1日から鉄骨切断機、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機は、労働安全衛生法令上の解体用機械として、規制の対象となります。 死亡災害等の重篤な災害も起こっていることから、対象とすることとしました。 7月1日以降に製造手配したものは改正構造規格の対象となり、就業制限は、所要の経過措置を設けます。
2013/7/8
『平成25年度被扶養者状況リストのご提出はお済みですか?(ご提出期限は7月31日です)』事業主の皆様へ、5月末から6月下旬にかけて「被扶養者状況リスト」等を送りましたが、まだ返送されていない場合は、同封の返信用封筒にてリスト等の返送をお願いいたします。 平成25年度被扶養者データのダウンロード利用期間は、平成25年7月31日までとなっています。
2013/6/28
社会保険算定基礎届・労働保険年度更新実務相談会を7月2日火曜日、10:00〜16:00まで福岡商工会議所4階401〜402会議室で開催します。 当日は、会場に各届出書・申出書をご持参いただき、ご不明な点を社会保険労務士がご説明致します。 参加費、事前予約は不要です。 不明な点は福岡県社会保険労務士会にお問合せ下さい。 рO92−414−8775
2013/6/17
『いとだっ子を育み続けて30年』5月30日に福岡県青少年育成県民会議通常総会が福岡市内で開催され、糸田町青少年健全育成推進会議を含む6個人・3団体に表彰状が贈られました。 糸田町青少年健全育成推進会議では、昭和57年の設立当初から、青少年の集い(キャンプ)、少年の主張大会、いとだっ子健全育成講演会の3本柱として活動をおこなっています。
2013/6/7
「ハローワーク八幡・若松・戸畑」6月24日(月)に庁舎の一部移転・取扱窓口の変更をすることになりました。 八幡公共職業安定所は黒崎駅前コムシティ6階に移動します。 戸畑分庁舎はウエルとばた8階へ、若松出張所・戸畑分庁舎の雇用保険適用手続、求人申込手続の窓口は八幡公共職業安定所(本庁舎)に変更になります。 ご理解とご協力をお願いします。
2013/6/1
第22回福岡県消防操法大会糸田町選手団結団式が糸田町町民会館で5月15日に挙行されました。 糸田町が田川郡の代表で福岡県大会へ出場することになり、出場選手8人は、糸田町消防団が大会へ向け一丸となることを誓いました。 9月9日(日)の大会本番まで苦しい訓練が続きますが、糸田町、そして田川郡の代表として、みなさんの応援を応援をお願いします。
2013/5/20
『全国労働衛生週間のスローガンの募集』多くの方に「労働衛生」についての意識を深めていただくために、毎月10月に行われている全国労働衛生週間のスローガンを平成25年5月31日まで募集します。 事業場における自主的労働衛生活動の促進を図るため、10月1日から10月7日まで全国労働衛生週間を展開しています。 詳しくは厚生労働省のHPを参照して下さい。
2013/5/16
『福岡専門職相談ネットワーク』ご好評いただいております無料相談会の次回開催の詳細です。 これは地域住民や企業団体の利便を図り、より幅広いサービスを提供すべく、福岡県内の8専門職団体が合同して実施しているものです。 6月8日(土曜日)午前10時から午後4時まで北九州会場『毎日西部会館』、筑豊会場『イイヅカコミュニティセンター』一人30分程度です。
2013/5/7
全国社会保険労務士連合会『社労士会労働紛争解決センター』ではランチタイムに相談しやすいように午前11時〜午後2時(平日)に職場のトラブル相談ダイヤル『0570−07−4864』電話相談を受け付けています。 労働者の立場、経営者の立場、どちらからの職場のトラブル・お悩みは、社労士にご相談ください。 「あっせん」という話合いで解決する方法があります。
2013/4/18
新たな門出にエールを送る 3月14日、水巻町内の中学校で卒業式が行われました。 ここ水巻中学校では、137人の卒業生が巣立ちます。 式典を終えると、親しんだ教室へ戻り、担任の先生との最後のホームルームの時間です。 水巻中学校門の前では花束などの贈り物を手に待つ下級生たち。温かい拍手で後輩に見送られながら3年間通った学び舎を後にしました。
2013/4/11
中小企業事業主の皆さまへ『職場意識改善助成金』のご案内 各事業所における労働時間、年次有給休暇等に関する事項について規定を労働者の生活と健康に配慮するとともに、多様な働き方に、より良いものとしていくことをにより、職場の士気を高めたり、仕事と生活の調和に取り組む中小企業事業主を支援します。 この助成金は平成25年度予算成立後となります。
2013/3/28
北九州市の災害廃棄物受け入れが終わりました。 『放射線空間線量の報告終了』2月13日開催の水巻町環境審議会で、水巻町周辺の放射線空間線量の報告を4月25日号で終了することが決定。 北九州市の「東日本大震災の災害廃棄物の受け入れ」の終了したことに伴うものです。 不安の声があったため、昨年8月25日号から広報紙で報告を続けていたものです。
2013/3/21
北九州市は、八幡西区のコムシティを「人づくり支援機能」「広域行政サービス機能」「生活利便機能」の3つの機能を担う複合型施設として再生を図ることとし、改修工事を進めてきましたが、平成25年4月2日(火曜日)「コムシティオープニング記念式典」を八幡西区黒崎駅前ペデストリアンデッキで10時から行います。 一緒に楽しむことができる企画としています。
2013/3/11
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。3月16日(土曜)から3月31日(日曜)特集「八幡西物語」八幡西音楽文化協会会長を紹介します。 「元気情報!八幡西」では八幡西区内の中学校の部活動にスポットをあて、ユニークなクラブや頑張っている部活動を紹介します。 第12回目は千代中学校「サッカー部」を紹介します。
2013/3/9
『特定就職困難者雇用開発助成金』の雇入れ拡大『一定の父子家庭の父』を雇い入れた事業主に助成金を支給します! 高年齢者、障害者、母子家庭の母など就職が特に困難な人を、ハローワーク等の紹介により、雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、助成金を支給する制度です。 平成25年3月1日以降に雇用した場合です。
2013/3/5
東日本大震災で、宮城県の松島基地が被災したため、芦屋基地で訓練を続けていた第4航空団第11飛行隊のブルーインパルスが、所属基地へ帰隊することになりました。 芦屋基地での2年間、地域の皆さんにご協力をいただき、ありがとうございました。 3月25日月曜午前中に芦屋基地上空でブルーインパルスの展示飛行です。 航空芦屋基地渉外室 223-0981
2013/3/2
シニアワークプログラム地域事業とは、厚生労働省が、平成10年度より民間事業者に委託して、高齢者の雇用ニーズ及び企業における高齢者の雇用就業ニーズ及び企業における高齢者労働力需給等に対応した合同面接会等求人事業主、高齢求職者のマッチングの提供とした技能講習等を実施しています。 平成24年度の事業については、2月末頃公示予定です。
2013/2/28
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報 3月1日(金曜)〜15日(金曜)特集「まちのステキ探し」第12回の今回は、光貞市民センターから寄せられた3件を紹介します。「文化・交流拠点地区」にぎわい通信からひびしんホールのイベント情報、八幡西図書館のイベント情報など八幡西区に関係の深い内容を中心にJ:COM九州から届けます。
2013/2/25
水巻町では、対象の希望者に、救急時に役立つ救命作業を迅速に行うため「あんしん情報キット」を無料で配布しています。「あんしん情報キット」に登録すると、遠賀郡消防本部の高機能指令台にも情報が登録され、通報があると直ちに必要な情報を遠賀郡消防本部が確認できるようになります。 もしもに備えましょう。 問合せは水巻町役場高齢者支援係まで201-4321
2013/2/20
「高度外国人材・活用フォーラム」を3月7日(木)TKP天神シティセンターで開催します。 厚労省では、高度な技術や専門的な知識を持った外国人材を活用したい企業、日本企業に就職した学生を対象に、2月から3月にかけて、4都市で開催します。 採用や活用上の工夫について、ポイントや好事例を交えて紹介する基調講演のほかパネルディスカッションを行います。
2013/2/18
小型電子機器の回収を始めました。 水巻町では遠賀郡と中間市の1市4町共同で、環境省の「小型電子機器等リサイクルシステム構築協力地域」に参加しています。 これは、携帯ゲーム機や携帯電話、デジタルカメラなどのリサイクルを行うものです。 「燃やせばごみ、分ければ資源」。 リサイクルを進めて、貴重な資源を活用するため、皆さんのご協力をお願いします。
2013/2/8
広く国民のみなさまに「安全」についての意識を深めるために、毎年7月に行われている全国安全週間のスローガンを募集いたします。 全国安全週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱により、「産業界での自主的な労働災害活動を推進するとともに、一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」目的としています。 平成25年度で86回を迎えます。
2013/2/7
3月10日(日)は、環境美化の日です。水巻町と水巻町環境美化推進員会議では、「ごみのポイ捨て防止」や「環境美化意識の向上」を図るため、水巻町内一斉の清掃活動を行います。回収されたごみは、分別を行い、ボランティア袋に入れて各区が指定した集積場所に集めてください。 注意点として側溝の清掃・公園の除草などを行う場合は、自治会に届けて下さい。
2013/2/3
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。2月16日(土曜)から2月28日(木曜)特集「八幡西物語」市制50周年記念公募50事業に選ばれた「元気処、ふじた茶屋・大節分祭」を紹介し、元気情報!八幡西では八幡西区内にスポットをあて第11回目は上津役中学校「バレー部」を紹介など八幡西区に関係の深い内容をお届けします。
2013/2/1
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 2月12日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2013/1/24
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報 2月1日(金曜)〜15日(金曜)特集「まちのステキ探し」第11回の今回は、折尾東市民センターから寄せられた3件を紹介します。「文化・交流拠点地区」にぎわい通信からひびしんホールのイベント、八幡西図書館のイベント情報をなど八幡西区に関係の深い内容を中心にJ:COM九州から届けます。
2013/1/18
『化学物質の危険有害性情報伝達等に関する説明会』が開催されます。 福岡市の福岡建設会館301会議室で2月8日に行われるこの説明会は厚生労働省の委託により、中央労働災害防止協会が実施するもので、化学物質の危険有害情報の流通の促進や化学物質のリスクアセスメントの推進について、中小企業等の物質管理の担当者等を対象として開催されます。
2013/1/10
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。 1月16日(水曜)から1月31日(木曜)特集「八幡西物語」今回は、運動教室が行われている「香月中央公園」を紹介します。元気情報!八幡西では八幡西区内にスポットをあて第10回目は黒崎中学校「リコーダーアンサンブル部」を紹介など八幡西区に関係の深い内容をお届けします。
2013/1/8
『均等・両立推進企業表彰』候補企業を厚生労働省では本年1月1日から公募して、応募を3月31日まで受け付けています。 この表彰は、「職業での女性の能力発揮を促進するための積極的な取り組み」(ポジティブ・アクション)及び「仕事と育児・介護との両立支援のための取り組み」について、他の模範となる取り組みを推進している企業を公募し、顕彰するものです。
2012/12/28
夜間・長距離運行の貸切バスにおける交替運転者の配置基準が定められました。 関越自動車における高速ツアーバス事故を受けて、国土交通省は、7月に、高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準等を定め、7月20日より適用し、夜間・長距離運行する貸切バスについても、交替運転者の配置基準を定めて、平成24年12月1日から適用されています。
2012/12/24
宮若大掃除!宮若市内一斉環境クリーン作戦を11月18日に行いました。 この日は宮若市内一斉清掃・美化運動も同日開催となり、地域を挙げての宮若大掃除となりました。 今年は1600人の皆さんが参加。 重点環境地区として4地区を重点的に清掃しました。 活動に参加する人を増やしてごみのないまちにしたいと、空き缶で満杯のごみ袋を手に話してくれました。
2012/12/23
「水巻町体育協会60周年記念式典」11月11日日曜日、水巻町中央公民館で水巻町体育協会の創立60周年記念式典が行われました。 式典には650人が集まり、オリンピック銀メダリスト君原健二さんの講演や水巻南中学校生徒の砧太鼓の演奏などで彩られ、盛況のうちに終わりました。 水巻町体育協会は、14の加盟団体と22のスポーツ少年団で構成されています。
2012/12/22
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報 1月1日(火曜)〜15日(火曜)特集「まちのステキ探し」第10回の今回は、大原市民センターから寄せられた3件を紹介します。 「文化・交流拠点地区」にぎわい通信からひびしんホールのイベント、八幡西図書館のイベント情報をなど八幡西区に関係の深い内容を中心にJ:COM九州から届けます。
2012/12/19
「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、継続雇用制度の対象者に係る基準を労使協定で定める仕組みが廃止され、平成25年4月1日からは、希望者全員を継続雇用制度の対象とする、基準を削除する規則の変更が必要です。 この措置は、会社の制度を設ける義務であって、個々の労働者を雇用する義務ではありません。
2012/12/10
君原健二さん記念講演「ゴール無限」水巻町体育協会60周年記念式典の中で、君原さんの講演を11月11日水巻町中央公民館で行います。 日本を代表するマラソン選手として活躍し、昭和41年にボストンマラソンで優勝し、2年後のメキシコオリンピックでは銀メダルを獲得しました。 第一線から退いた後も50回以上のマラソン大会に出場し、今も完走を続けています。
2012/12/7
「福岡無料相談ネットワーク」ご好評いただいております。無料相談会の12月8日(土)開催の詳細をお知らせします。 これは地域住民や企業団体の利便を図り、より幅広いサービスを提供すべく、福岡県内の8専門職団体が合同して実施しているものです。 『福岡市健康づくりセンターあいれふ』10階講堂で午前10時から午後4時まで(受付終了3時半)となっています。
2012/12/5
平成25年10月を目途に水道料金の値下げが予定されています。 10月1日、水巻町と北九州市の水道事業が統合されました。 水巻町は水道料金の値下げ時期を広報みずまきや水巻町ホームページで「平成26年度中を目途」とお知らせしてきました。住民の皆さんから早期の水道料金値下げを求める声が寄せられ、6月の水巻町町議会で請願書が採択されました。
2012/12/3
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。 12月16日(日曜日)〜31日(月曜日)特集「八幡西物語」今回は、北九州の西部を代表する「本城公園」を紹介します。 元気情報!八幡西では八幡西区の部活動を紹介し第9回目は熊西中学校「野球部」を紹介します。 八幡西区に関係の深い内容を中心に「J:COM九州」9チャンネル
2012/11/30
飯塚市コスモスコモン前広場で10月28日「こどもアイディア料理コンテスト」が開催されました。 飯塚市・嘉麻市・桂川町の小学校4年生以上の子どもたちが4人1組となり、話し合いを重ねながらアイディア料理の調理・販売までを行いました。 飯塚文化協会が長崎街道筑前六宿開通400年を記念して作成した「ON−DOいいづか」イベントなどで披露される予定です。
2012/11/27
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。 12月1日(土曜日)〜15日(木曜日)特集「まちのステキ探し」第9回の今回は、本城市民センターから寄せられた1件を紹介します。 長崎街道かわら版では長崎街道六宿開通400年にあたり、街道に関する事柄、八幡西区に関係の深い内容を中心に「J:COM九州」9チャンネル
2012/11/24
『笑顔いっぱい思い出づくり』10月27日、水巻町体育館で水巻町内の2つの子育て支援センター(水巻町子育て支援センター、吉田保育園夢らんど)の合同運動会が行われました。 玉ころがしやそり競争など楽しいプログラムがたくさん用意され、60組の親子が参加しコースを間違って走ったり、玉を必死に追いかけたりと、子どもたちの無邪気な姿が会場に笑いを誘います。
2012/11/20
飯塚国際交流推進協議会主催による『飯塚国際交流市民のつどい2012』が10月28日に開催され、会場は多くの人で賑わいました。 『筑前の國いいづか街道まつり』のフードコーナーでは、中国、タイ、バングラディシュ、ブラジルの4ケ国による『お国自慢料理コーナー』を出店。 飯塚市内在住の外国人の方が腕を振い『外国料理』を通じた国際交流が行われました。
2012/11/17
11月は『労働保険適用促進強化期間』 労働保険とは、労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険とを総称した名称です。 労災とは、労働者の災害に対処して必要な保険給付を行う制度、雇用保険は、失業した場合に生活の安定を図るとともに再就職の促進を図るために必要な給付を行う制度。 手続を取られていない事業主は一日も早く加入手続きを行って下さい。
2012/11/15
『水巻町の三つの山を制覇』水巻町の三つの山を歩く三山ウォーキングが10月14日行われました。 ウォーキングでは、水巻町外を登る人から人気のある水巻町の中央に位置する明神ヶ辻山、多賀山、豊前坊山の約5Kmの道のりを3時間弱で歩きます。 家族で楽しめる「ゆっくりコース」など、移りゆく水巻町の季節を感じながら、秋の穏やかな楽しい1日となりました。
2012/11/14
宮若市と直鞍1市2町、そして福岡県が連携して取り組む、これまでにない新しい体験型プログラムを紹介します。 地域の人や職人の魅力を地域外の皆さんに伝え、また訪ねたくなる「ファン」を増やしていくものです。 お披露目の場として、期間限定イベント「直鞍ふれ旅」を11月3日から12月16日までさまざまなプログラムを用意。 内容や料金、申込方法は異なります。
2012/11/13
『新庁舎建設基本計画』飯塚市では、平成28年8月から耐震性や設備の老朽化などの課題を抱える飯塚市役所本庁舎について「庁舎問題検討委員会」を設置し検討がなされ、平成24年3月に検討報告書が答申され、飯塚市民及び議会から頂いたご意見などを参考にしながら、同年5月に「飯塚市本庁舎整備方針」、同年9月に「飯塚市新庁舎建設基本計画」を策定しました。
2012/11/12
「職場でのいじめ・嫌がらせパワーハラスメントの予防と対処」の内容で福岡県社会保険労務士会[主催]、福岡労働局[後援]で11月17日(土曜日)電気ビル共創館3階カンファレンスAで13:30〜16:00にシンポジウムを開催致します。 基調講演として九州大学大学院野田進教授を向かえて行い、その後有識者を交えてパネルディスカッションを行う予定です。
2012/11/11
若宮八幡宮放生会が、10月5日から7日にかけて宮若市で行われました。 500年以上の伝統がある宮若市若宮八幡宮放生会。 2年に一度行われ、五穀豊穣を願い福岡市の筥崎宮、宗像市の宗像大社と並び「筑前三大放生会」とされています。 若宮小学校のグラウンドでは、エコキャンドルが放生会を盛り上げます。 皆さんが集まり、思い思いにカメラに収めていました。
2012/11/10
福岡県社会保険労務士会は11月17日(土)に県下8ヶ所で無料相談会を開催します。 国家資格を持つ社会保険労務士が、年金/労働問題/人事労務等について無料でご相談を承ります。 守秘義務を遵守します。 安心してご相談ください。 北九州会場は小倉駅3FJAM広場、筑豊会場はイオンショッピングセンターで開催します。 相談時間は10時から16時です。
2012/11/7
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。 11月16日(金曜)〜30日(金曜)特集「八幡西物語」今回は、目の難病を抱え絵を描き続けている画家を紹介します。 元気情報!八幡西では八幡西区内の部活動を紹介し第8回は沖田中学校「華道部」を紹介します。 八幡西区に関係する内容を中心に「J:COM九州」9チャンネル
2012/11/5
『第1回リコリス子どもまつり』10月14日、宮若リコリス交流広場で、リコリス子どもまつりが行われました。 宮若市生涯学習センター「宮若リコリス」が完成して初めての子どもまつり。 消防車やパトカー、重機など乗り物体験から、トミカつりやエコバッグ製作、伝承遊びやおはなし会など、一日中楽しめるイベントとなりたくさんの笑顔に出会うことができました。
2012/11/4
昭和60年に元オランダ兵捕虜のドルフ・ウインクラーさんが来日に、十字架の塔の整備を水巻町に訴えました。 戦時中の水巻町には、90以上あった収容所のひとつがあり、亡くなった捕虜の人を慰霊するために戦後に建てられたのが十字架の塔です。 その思いは、水巻町内のボランティアグループに受け継がれ、中学生交流事業を提案し、平成8年から続いています。
2012/11/2
母校に響くラストハーモニー『第63回連合音楽祭』若宮中学校体育館で宮若市と鞍手町、小竹町の7校による連合音楽祭が10月26日に行われ、半世紀以上も地域で続く連合音楽祭、文化に触れる機会をと始まりました。 宮若市の生徒たちにとっては、中学校の再編を前に今の中学校名では最後の出場になるとあって気持ちのこもったハーモーニーを響かせてくれました。
2012/11/1
11月14日(水)、ノー残業デーにしませんか? 福岡労働局では、福岡県内の企業・団体に「一斉ノー残業デー」の実施を呼びかけています。 福岡労働局では、11月を「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)推進期間」と位置づけ、この一環として、平成24年11月14日(水)に福岡県内の企業・団体に対して、「県内一斉ノー残業デーの実施」をしています。
2012/10/31
『労働契約法が改正されました』〜有期労働契約の新しいルールができました〜労働契約法の一部を改正する法律が8月10日に公布されました。 有期労働契約の反復更新で生じる雇止めに対する不安を解消し、安心して働き続けることができるようにするため、有期労働契約の適正な利用のためのルールを整備するものです。改正法の解釈を示した通達も発出しました。
2012/10/28
『私たちの水巻町をきれいにしよう』秋晴れとなった9月28日、水巻南中学校の生徒たちが校区内の清掃活動を行いました。 道端の草むらや側溝にポイ捨てされている、たばこの吸い殻やジュースの缶、鍋などのごみが生徒たちの手で拾われていきます。 日ごろから何気なく歩いている通学路。 意識して見てると多くのごみが何気なく歩いている通学路、きれいにしましょう。
2012/10/25
『五穀豊穣を願い奉納』宮若市宮永天満神社で宮永万年願踊りが9月25日に行われました。 福岡県指定民族文化財に指定されているこの宮永舞台。 江戸時代に疫病がはやり、多くの人が犠牲となりました。 当時の宮永はこの疫病をなくすため、神に願をかけます。 願いがかなったお礼が始まりと言われます。 宮若市では地域の伝統行事が脈々と受け継がれています。
2012/10/23
自殺なんて、遠い世界の出来事だと思っていませんか。 毎年3万人を超える方が自殺で亡くなっています。 「3万人」。 これは宮若市の人口とほぼ同じです。 今回、宮若市で初めて自殺予防のゲートキーパー(地域の支援者)育成を目的とした講演会を行います。 11月21日(水)午後2時から午後3時30分まで宮若市「マリーホール宮田」にて入場は無料です。
2012/10/21
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。 11月1日(木曜日)〜15日(木曜日)特集「まちのステキ探し」第6回の今回は、千代市民センターから寄せられた3件を紹介します。 長崎街道かわら版では長崎街道筑六宿開通400年にあたり、街道に関する事柄、八幡西区に関係の深い内容を中心に「J:COM九州」9チャンネル
2012/10/19
宮若商工会議所と若宮商工会では、地域経済の活性化を進めるため、これまでにも好評をいただきました宮若市内のお店や事業所で1セット1万円で1万1千円分のお買い物ができる宮若市振興券の販売を始めました。 11月1日木曜日の午前10時から午後5時まで、なくなり次第終了します。 店舗先にある取扱い店ステッカーや宮若市公式ホームページで確認できます。
2012/10/18
水巻町の花といえばコスモス。 秋、水巻町は1番きれいな季節を迎えます。 コスモスが埋め尽くす遠賀川河川敷には、秋になると、遠賀川に沿う全長6.5Kmの河川敷公園いっぱいに100万本のコスモスが咲き誇ります。 伊左座・立屋敷コスモス園では、コスモスと大イチョウという水巻町のふたつのシンボルが同時に楽しめ、推定樹齢は1900年以上と言われています。
2012/10/12
水巻中学校の生徒が9月10日、水巻南中学校の生徒が9月11日に水巻町役場に職場体験をしにやってきました。 水巻町役場で中学生が体験したのは、広報マンの仕事です。 水巻町役場の敏腕記者として、取材をして、記事を書き、印刷レイアウトを考えて、壁新聞を作りました。 初めて一眼レフを触ったとは思えないほど、巧みにピントを合わせ、構図を決めました。
2012/10/11
およそ400年前、幕府は江戸を中心に五街道を造り、さらに脇街道を整備して宿場を設け、交通・通信網を整備しました。 脇街道の一つ長崎街道は、長崎と小倉を結び、長崎街道の街道筋には宿場町が25ヶ所ありました。 中でも大変な賑わいをみせていた筑前の国には筑前六宿と呼ばれた宿場町が飯塚市には、この中の二つの宿場町、「内野宿」と「飯塚宿」があります。 
2012/10/5
福岡県最低賃金が『平成24年10月13日から1時間701円に改定されます。』 最低賃金は正社員のみでなく、パートタイマー・アルバイト・派遣労働者等すべての労働者に適用されます。 月給制の場合は、月給を1ヶ月平均の所定労働時間で除して金額を比較して下さい。 特定の産業など詳しくは福岡労働局基準部賃金課またはお近くの労働基準監督署にお尋ねください。
2012/9/27
『13th水巻町コスモスまつり』10月27日・28日 場所は水巻町のみどりんぱぁ〜くです。 コスモスまつりは、楽しいイベントが盛りだくさん。 アンパンマンショーや特命戦隊ゴーバスターズショー、地元の子どもたちの演舞のほか、豪華景品の当たるスタンプラリーなども行われます。 楽しい秋のひとときを過ごしませんか。 問い合わせは水巻町役場産業振興係
2012/9/24
「宮若の特産品をトップセールス」多数の集客を誇るイオン福津店で8月25日、ふくおかうまいものフェアが行われました。 宮若市の特産品をPRできるとあって、宮若有吉市長は力強くその魅力を訴えました。 宮若の秋の味覚に欠かせない新米や巨峰を来店者に試食していただきそのおいしさを実感していただきました。 宮若市が誇る農産物を積極的に発信していきます。
2012/9/14
社労士による無料セミナー『企業を伸ばすベテラン活用術』希望者が全員が「65歳まで働ける」そんな企業のお手伝いを致します。 「中小企業定年引上げ等奨励金」と「高齢者職域拡大等助成金」県下でセミナーと個別相談を開催します。 北九州会場は10月16日(火)黒崎ひびしんホール、筑豊会場は10月17日(水)筑豊ハイツ新館1階、詳しくは福岡県社労士会まで
2012/9/11
水巻町の小学校と中学校では、保護者や地域住民の皆さんに開かれた学校づくりを推進し、学校の教育力をさらに豊かにするために、土曜日授業を行うことにしました。 水巻町教育委員会は、土曜日授業を行うことで「教育上の良さ」を実現できると考えています。 平成25年度の本格実施に向け、水巻町では平成24年度では3回、中学校では1回の土曜日授業を行います。
2012/9/10
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。 9月16日(日曜)〜30日(日曜)特集「八幡西物語」第5回は、「筑前六宿」連携実行委員会会長を紹介します。 元気情報!八幡西では八幡西区内の部活動を紹介し第6回は穴生中学校「サッカー部」を紹介します。 八幡西区に関係の深い内容を中心に「J:COM九州」9チャンネル
2012/9/9
「いつまでも見送る心」8月15日、遠賀川の河川敷公園で精霊流しが行われました。 これは毎年、水巻町社会福祉協議会が行っているもので、この日は天気に恵まれたとあって、たくさんの人が河川敷に集まりました。 水巻町の精霊流しは、河川の汚染防止のため各参加者の精霊船を直接川へ流さずに、2艘の精霊船に運んでから運びます。 いつまでも見送りました。
2012/9/8
『飯塚市総合防災訓練・いいづか防災フェア』遠賀川河川敷運動広場で、8月26日「平成24年度飯塚市総合防災訓練」が行われました。 訓練内容は、西山断層帯北部を震源とする直下型地震が発生したとの想定で迅速な被災者の救護訓練や災害復旧訓練、住民避難訓練などが行われました。 隣接会場では「いいづか防災フェア」が開かれ、防災意識を高めていました。
2012/9/6
平成24年10月1日より派遣労働者の保護と雇用の安定を図るため、派遣会社・派遣先は、新たな義務が課せられます。 「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」から「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」に改正され、目的にも、労働者の保護の法律であることが明記されました。
2012/9/5
秋から始める、健康なカラダづくり。 10月14日、水巻三山ウォーキングと体力測定にチャレンジ。 ゆっくり歩けるコースを設け、家族みんなで楽しめま、同時に、水巻総合運動公園で体力測定を行います。 当日は運動ができる服装で参加してください。 雨天時は水巻体育センターでニュースポーツのみを行います。 申し込み・問い合わせは水巻ゆうあい倶楽部事務局。
2012/9/1
福岡無料相談ネットワーク9月8日(土)『専団連相談会のご案内』ご好評いただいております無料相談会の次回開催の詳細です。 地域住民や企業団体の利便を図り、より幅広いサービスを提供すべく、8専門職団体が合同して実施しているものです。 『福岡市健康づくりセンターあいれふ』10階講堂で午前10時から午後4時まで、皆様のご利用をお待ちしています。
2012/8/29
北九州市の区政情報番組「風は西から」では八幡西区の多彩な情報をお届けします。 9月1日(土曜日)〜15日(土曜日)特集「まちのステキ探し」第6回の今回は、折尾西市民センターから寄せられた3件を紹介します。 長崎街道かわら版では長崎街道筑六宿開通400年にあたり、街道に関する事柄、八幡西区に関係の深い内容を中心に「J:COM九州」9チャンネル
2012/8/27
水巻町環境審議会が7月9日に開催され、北九州市環境局と大震災で発生した「災害廃棄物」の北九州市への受け入れの安全対策を協議しました。 水巻町は廃棄物の運搬や処理方法の安全対策の北九州市の方針を容認し、固定型モニタリングポストを利用して、水巻町周辺の放射線空間線量を水巻町独自で監視することになりました。 皆さんに情報提供を行いました。
2012/8/24
「派遣と請負の区分基準に係る適正化推進セミナー」製造業を中心として労働者派遣と業務請負の区分が明確になされていない状況が確認されています。 労働者派遣及び請負で行われる事業を適正に実施していただくことを目的として標記セミナーを10月12日(財)福岡県中小企業振興センターで厚生労働省福岡労働局主催で行います。 詳しくは需給調整事業課まで。
2012/8/20
「労働契約法が改正されました」有期労働契約の反復更新の下で生じる雇止めに対する不安を解消し、働く方が安心して働き続けることができるようにするため、労働契約法が改正され、有期労働契約(職場での呼称に関わらず)の適正なルールが整備されました。 改正労働契約法は、公布の日(平成24年8月10日)から起算して1年以内の政令で定める日に施行されます。
2012/8/19
全国瞬時警報システムの試験放送を9月12日(水)に行います。 糸田町では全国瞬時警報システム、J−ALERTを平成22年4月に整備し、通信衛生と同報系防災行政無線を利用し、緊急情報を糸田町住民へ瞬時に伝達するシステムで、時間的余裕がない大規模な自然災害や弾道ミサイル攻撃などについての情報を、国が住民に対して直接瞬時に伝達するものです。
2012/8/11
高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準等にが定められました。 関越自動車における高速ツアーバス事故を受けて、国交省は夜間運行における交替運転者の配置基準等を定めました。 交替運転者の配置基準等は平成24年7月20日から適用されています。 配置基準を遵守することは、バス運転者の労働条件の向上にもつながると考えています。
2012/8/10
水巻町の美化のために一斉に行っている「環境美化の日」の活動は9月9日日曜日です。 草ごみ資源化のため分別回収を行います。 水巻町のごみの減量とリサイクルの推進に向けて、水巻町の皆様のご協力をお願いします。 側溝の清掃、公園の除草や枝の剪定などを行う場合は、必ず自治会に届けてください。 届け出がない場合、回収ができないことがあります。
2012/8/2
福岡県中高年就職支援センターは、中高年求職者(40歳から65歳未満)の方々の就職支援を目的として、平成21年4月に本格オープンした施設です。 なお、職業相談・職業紹介、求人検索コーナーは、年齢に関係なくどなたでもご利用できます。 このセンターは福岡労働局と福岡県が共同で運営する施設です。 この事業を委託した民間団体は『福岡県雇用対策協会』
2012/7/27
厚生労働省は、8月1日(水)から雇用保険の「基本手当日額」を変更します。 今回は、平成23年度の平均給与額(「毎月勤労統計調査」による毎月決まって支給する給与額)が平成22年度と比べて約0.2%低下したことに伴うものです。 「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められます。
2012/7/20
平成24年7月1日(日)、八幡西区黒崎副都心「文化・交流拠点地区」(八幡西区九州厚生年金病院跡地等)に『黒崎ひびしんホール』がオープンしました。 黒崎ひびしんホールは、北九州市西部地域の拠点の文化施設で、2つのホール(大ホール・中ホール)をはじめ、リハーサル室、練習室、会議室、屋外イベントスペースなどを備えています。 ご利用をお待ちしています。
2012/7/19
九州初!「タウンページ&ハローページ」と「直方市市民便利帳」合冊版発行 平成21年度に発行した市民便利帳「のうがたくらしの便利帳」の情報を更新し、家庭への再配布を平成24年8月から予定しています。 今回の発行ではNTT番号情報と直方市が共同して「タウンページ&ハローページ」と「直方市市民便利帳」を1冊にまとめた冊子を九州初として発行します。
2012/7/15
糸田町生涯学習まちづくり推進事業の1つである『くらしの大学講座』の開講式が、6月9日に糸田町町民会館でおこなわれました。 本年度の受講は60人です。 推進本部長である糸田町伊藤良克町長のあいさつ、そして開設要項と年7回の講座内容の説明の後、「政治・経済の現状と展望」と題して、ギリシャ問題等など西日本新聞筑豊総局長による記念講演がありました。
2012/7/10
『節電に取り組む労使のみなさんへ』この夏、全国各地で節電が求められています。 電力不足による停電を防ぐために特に、平日の9時〜20時(ピーク時)の節電努力を! 働き方の工夫については、各企業・事業場の実情を踏まえながら、労使で取組について十分話し合いましょう。 問合せは節電対策緊急労働相談窓口を福岡労働局労働基準部に設置しています。
2012/7/2
全国安全週間は、産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ることを目的に昭和3年から実施しています。 『第85回全国安全週間』は平成24年7月1日(日)〜7日(土)までです。 『ルールを守る安全職場みんなで目指すゼロ災害』全国安全週間における安全活動を実効あるものにして、ゼロ災害を目指しましょう。
2012/7/1
「年度更新」は、毎年6月1日から7月10日までに行わないます。 労働保険は、4月1日から翌年3月31日までを単位とし計算します。 賃金の総額に、保険料率を乗じて算定。 概算で納付、保険年度末に総額が確定したあとに精算、前年の保険料を精算する確定保険料の申告と新年度の概算保険料を納付するため申告・納付手続きが必要です。これが「年度更新」です。
2012/6/30
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 「元気情報!八幡西」八幡西区内の中学校の「部活動」にスポットを当て、ユニークなクラブや頑張っている部活動を毎回紹介します。 第4回目の7月16日(月曜日)〜31日(火曜日)は八幡西区の「木屋瀬中学校」剣道部を紹介します。 J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課。
2012/6/29
「水巻町はどんな状況なの。 どこが通行止めなの」災害時など1秒でも早く水巻町の緊急情報を皆さんへ配信できる1つの手段がホームページ。 水巻町は、災害時に水巻町内の緊急情報を水巻町ホームページのトップページに掲載します。 水巻町の皆さん、水巻町のホームページのアドレスを携帯電話やパソコンの「お気に入り」や「ブックマーク」に登録して下さい。
2012/6/25
パートタイム労働者を雇用されている事業主のみなさん パートタイムについてこんな疑問や問題はありませんか? 雇用均等コンサルタントを活用していませんか? 職務分析・職務評価が有効です。 「雇用均等コンサルタント」とは事業所の要望に応じて、職務説明書の作成や、賃金・人事制度の構築を支援するために福岡労働局から派遣される人事労務の専門家です。
2012/6/24
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 7月17日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2012/6/23
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 「まちのステキ探し」として、地域の人の中でもあまり知られていない「自慢」を、各市民センターから寄せられた情報を紹介します。 7月1日(日)〜15日(日)は「上津区地区」鷹見楽・ボラティア・味さんぽきたもとを紹介します。 J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課。
2012/6/20
『河川敷をきれいにしよう』福岡看護専門学校水巻校の生徒が立屋敷の遠賀川河川敷を5月11日に清掃を行いました。 遠賀川の河川敷は、ランニングなどをして過ごす憩いの場として水巻町内の多くの人に愛されています。 ごみがいっぱいだと、気持ちよく利用することができません。 清掃ボランティアに参加した福岡看護専門学校水巻校の皆さん、ごくろうさまでした。
2012/6/15
平成24年6月は27回男女雇用機会均等月間です。 厚生労働省では、毎年6月を職場での男女の均等な取扱いの実現を目指して、法制度や「ポジティブ・アクション」への認識・理解を深める各種活動を実施しています。 またこのほど、ポジティブ・アクションへの理解と取り組みの推進を図るパンフレット「ポジティブ・アクションメッセージ集」2種類を作成しました。
2012/6/13
『水巻でかにんにく部会』は、現在24人で、栽培を始めてから5年になります。 スタミナ食としても人気のある「水巻でかにんにく」を水巻町の特産品に成長させたいと日々頑張っています。 今年収穫した水巻でかにんにくは頬ずりしたいくらいの出来でした。 皆さんも、栽培者として水巻も特産品づくりに参加していませんか。 申込期限は7月31日、申込は水巻町商工会へ。
2012/6/10
厚生労働省では、毎年6月1日から30日を「外国人労働者問題啓発月間」と定めています。 外国人労働者の就労状況を見ると、派遣・請負の就労形態が不安定な状態にあったり、社会保険に未加入の人が多かったりと、雇用管理上の改善が早急の課題となっています。 高度外国人材の就職促進について、事業主や国民を対象とした集中的な周知・啓発活動を行います。
2012/6/6
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 6月16日(土)から6月30日(土) 八幡西物語「チャレンジショップの卒業生」第一号八幡西区黒崎でスィーツショップを経営している緒方雅紀さんを紹介。 八幡西区内の頑張っている人やグループをを紹介していくシリーズ。 J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課
2012/6/5
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 6月12日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2012/5/20
多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 6月1日(金)から6月15日(金)まちのステキ探し「八児地区」人たちの中でもあまり知られていない「自慢」を各市民センターなどから寄せられた情報を元に紹介します。 長崎街道かわら版では黒崎・花・まちフェスタの様子を紹介しています。J:COM北九州で放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課。
2012/5/19
水巻三山うぉ〜きんぐと『7月1日』ニュースポーツを楽しもう。 水巻町の中央には3つの山。 遠賀平野から響灘を見渡せる明神ヶ辻山など、登りやすく自然を身近に楽しめることができるため近隣の水巻町外からも多くの人が訪れています。 イベント当日は、山歩きの途中でニュースポーツの楽しいゲームを行います。 3つの山を歩いて、初夏の香りを感じてみませんか?
2012/5/16
専団連相談会のご案内 ご好評いただいております次回の無料相談会は6月2日(土)となります。 これは地域住民や企業団体の利便を図り、より幅広いサービスを提供すべく、福岡県内の8専門職団体が合同して実施しているものです。 多くの皆様のご利用をお待ちしております。 福岡会場、北九州会場、筑後会場、筑豊会場の4会場。 時間は午前10時から午後4時。
2012/5/13
岡垣町の波津から芦屋町まで続く三里松原。 福岡県内最大の広さを誇る松原です。 その風景の美しさは折り紙付きで、「白砂青松百選」や「福岡県快適な環境スポット30選」に選ばれています。 岡垣町のキャッチフレーズに「海がめもかえる町」とあるように、この三里松原に面する海岸は、海がめの産卵場所として有名です。 澄んだ空気のサイクリングを楽しみませんか。
2012/5/11
八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 5月16日(水曜日)から31日(木曜日) 「元気情報!八幡西」八幡西区内の中学生の部活動にスポットをあて、ユニークなクラブや頑張っている部活動を紹介します。 第2回目は香月中学校「野球部」を紹介します。 八幡西図書館情報など満載です。 J:COM北九州で放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課。
2012/5/10
平成16年の年金改定により、現役世代の人口の減少などを考慮して物価等の上昇から公的年金加入者数の減少率などを差し引いた率で年金額が改定されることになっております。 改正後の規定により計算された本来の額が、物価スライド特例水準の年金額を上回る場合には、本来の年金額で改定されることになります。 物価スライドで改定された年金が支給されます。
2012/5/9
『雑草のたい肥化を推進』 次回の「環境美化の日」は6月3日(日)です。 水巻町と水巻町環境美化推進員会議では、ごみのポイ捨て防止や環境美化意識向上のため、水巻町内一斉清掃活動を行います。 皆さんの参加をお願いします。 草ごみの分別を続けますので、リサイクルができるようご協力をお願いします。 当日の詳しい手順は、各自治会毎で確認して下さい。
2012/5/7
『水巻町国民健康保険の加入者の皆さん、集団特定健診はお済ですか?』対象者全員に健診の案内はがきを郵送しています。 日程は6月下旬から7月初旬に「いきいきほーる」で行われます。 対象は水巻町国民健康保険に加入している30〜74歳の方です。 75歳になると福岡県後期高齢者医療広域連合から通知が別途あります。 詳しくはいきいきほーる健康課へ。
2012/5/2
社会保障と税の一体改革を考える『明日の安心』対話集会 in北九州 西日本総合展示場AIMビル3階 岡田副総理が皆様の元へ率直なご意見を伺いにまいります。 岡田副総理と話し合う「明日の安心」対話集会を、北九州市で開催します。 少子高齢化や格差の拡大などの課題に直面している、日本の社会保障制度。 申込は内閣官房へインターネットとファックスで。
2012/5/1
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 5月10日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2012/4/28
八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 5月1日(火曜日)から15日(火曜日) まちのステキ探し「八枝地区」地域の人たちの中でもあまり知られていない「自慢」を市民センターから寄せられた情報を元に紹介します。 長崎街道かわら版は曲里の松並木(松屋)でのパネル展示のご紹介。 J:COM北九州で放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課
2012/4/26
育児・介護休業法は、平成21年6月に改正され、一部を除き、平成22年6月30日から施行されました。 ただし、一部の規定は、常時100人以下の労働者を雇用する中小企業について平成24年7月1日から全面施行されます。 改正された法律の主な概要は1、子育て期間中の働き方の見直し 2、父親も子育てができる働き方の実現 3、仕事と介護の両立支援です。
2012/4/19
事業場の最も低い時間給を、計画的に800円以上に引き上げる中小企業に対して、賃金引上げのための業務改善を支援します! 業務改善助成金を利用しませんか! 福岡労働局労働基準部賃金課で受付を開始しています。 《支給の要件》@賃金引上げ計画の策定A賃金引上げ額は40円以上などの条件があります。 労働基準部賃金課411−4578までお尋ね下さい。
2012/4/10
水巻町とオランダ国ノールドオースボルダー市では、中学生がお互いの地域を一年ごとに訪問しあい、理解と友情を深める「日・蘭中学生交流事業」を行なっています。 今年は、水巻町の中学生がオランダを訪問し、ホストファミリーの家庭で一緒に生活するホームステイ研修を行います。 8月1日〜11日の11日間に訪問します。 申込期限は5月7日(月)午後5時まで
2012/4/9
『祝世界記憶遺産登録』田川市と県立大学が共同で申請していた「山本作兵衛氏の炭鉱の記録画並びに記録文書」が、日本で初めてユネスコの世界記憶遺産に平成25年5月25日に登録されました。 この歴史的快挙と山本作兵衛氏の偉業について、田川市を挙げて祝うとともに、世界と未来への橋架けとするため、5月13日に田川文化センターで記念式典を開催します。
2012/4/8
田川市美術館で3月20日から25日までの6日間、開催された「われら坑夫の孫展」。 開催期間中には4千人を超える入場者が訪れ、山本作兵衛さんが描いた炭坑記録画原画の迫力に田川市内外から来館され、この展覧会では、特別展示として「山本作兵衛炭坑絵画模写壁画」も特別に展示されました。 田川市に寄贈され、田川市立図書館の2階に展示されています。
2012/4/7
水巻町内の小学校と中学校で卒業式が3月15日から16日にかけて行われました。 今年卒業した人の数は小学生が240人、中学校が304人です。 水巻南中学校の卒業式の式典では「私たちは夢と希望を胸に自分が作った、自分の道を歩いていきます」と卒業生代表がこれからの抱負を語りました。 生徒たちはまた1歩、心と体を大きくしてそれぞれの道を歩み始めます。
2012/4/6
『田川へ恩返し』 4月3日田川市春日町のjam Lifeで、現在ロンドンを中心にマルチタレントとして活躍している鈴木さんが、友人など50人を前に田川市で初ライブを行いました。 鈴木さんは田川市出身で、ロンドンを中心に、歌手、女優、司会者として幅広く活躍しています。 「田川市を世界にPRし、イギリスやアメリカでも炭坑節を広めたい。」と鈴木さんは目を輝かせました。
2012/4/1
『健康講演会』水巻町では、皆さんがいきいきと健康に暮らしていけるよう「いきいき健康水巻21計画」をつくり、その推進に取り組んでいます。 今回は、水巻町民の健康づくりを目的とした公開講座「f地三郎先生健康講演会」を4月21日(土)水巻町中央公民館で午前10時〜正午に開演。 笑顔とユーモア溢れるf地三郎さんの貴重な講演から健康に秘訣を掴みませんか。
2012/3/31
心も体も元気はつらつ シルバー趣味の教室作品展・芸能大会 3月17日、18日に田川青少年文化ホールでシルバー趣味の教室作品展と芸能大会が開催され、延べ208人の受講生が1年間学んだ成果を披露しました。 趣味の教室は、田川市の高齢者福祉事業の一環として行われ、田川市内在住の60歳以上の人たちが陶芸や俳句、民謡などを楽しく学んでいます。
2012/3/30
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 4月5日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2012/3/29
赤ちゃん写真大募集「子どもの日」に、広報みずまき5月10日号に掲載する赤ちゃんの写真を募集します。 思い出を水巻町の広報紙に綴ります。 ふるって応募してください。 対象は水巻町内の初節句を迎える赤ちゃんです。 水巻町役場広報情報係に郵送、電子メールで送ってください。 窓口でも受け付けています。 詳しくは水巻町役場広報情報係へお尋ね下さい。
2012/3/25
田川市マスコットキャラクターデザイン決定!2月20日まで募集していた「炭都田川」をイメージしたマスコットキャラクター。 田川市外からたくさんの応募がありました。 みなさんの応募作品を、厳正に審査した結果、最優秀作品が決定しました。 選ばれたマスコットキャラクターにはまだ名前がありません。 4月20日まで(名前)愛称を田川市内の方から募集します。
2012/3/24
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 4月16日(月)から4月30日(月) 八幡西物語〜「画家西川幸雄」氏 八幡西区内の頑張っている「人」を紹介していくシリーズ。 元気情報!八幡西では、部活動にスポットをあて、引野中学校バスケット部を紹介します。 J:COM北九州で放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課
2012/3/23
東日本大震災の発生から1年を迎えた3月12日、田川文化センターで、大震災警備訓練が実施されました。 訓練は、震度7の地震が発生し、田川文化センターで負傷者が出たという想定。 田川警察署や田川地区消防署、田川市消防団、田川医師会、田川保険福祉事務所、田川市が共同で、施設内からの救出や救護所の設営、診察など連携しながら取り組みました。
2012/3/20
「建設業年度末労働災害防止強調月間」実施機関は3月1日〜31日までとしています。 実施にあたっては、「建設業労働災害防止規定」および「平成23年度建設業労働災害防止対策実施事項」に定める「建設現場における主要災害防止の具体的対策」等を活用する。 公共工事等の多くの工事が完工時期を迎えます。 労働災害防止の徹底を図るため展開します。
2012/3/18
田川市総合体育館で4月21日、福岡県立大学生や田川市社会福祉協議会の企画・運営による第27回あすなろ運動会が開催され、障害のある人、ない人、子どもから高齢者まで約150人が参加し、4チームに分かれた参加者たちは、福岡県立大学生が考案した個性的な競技などで心地よい汗を流し、最後は田川市社会福祉協議会の人たち全員と炭坑節を踊りました。
2012/3/16
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 4月1日(日)から4月15日(日) まちのステキ探し〜「陣原」 地域の人たちの中でもあまり知られていない「自慢」を紹介します。 八幡西区からのお知らせ・則松金山チューリップまつり 長崎街道かわら版「歴史探訪講座」 J:COM北九州で放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課。
2012/3/15
『第28回安全衛生標語募集要項』中央労働災害防止協会(中災防)では、働く人の安全と健康をめざし、労働災害のない安全で快適な職場づくりを呼びかける「安全衛生標語」(平成24年度年末年始無災害運動標語、平成25年年間標語)を募集します。 中災防内に安全衛生標語選考委員会を設け審査を行い、平成24年7月頃、入賞者に通知し発表を予定しています。
2012/3/14
田川市立病院で防火・防災訓練が2月9日に行われ、田川市立病院職員や田川地区消防職員など約50人が参加しました。 訓練は、福岡地域を震源とするマグニチュード7、震度6の地震が発生し、影響で建物の損害や火災が発生したとの想定で行われ、火元となった3階病棟から患者役の職員を担当が避難階段まで誘導し、はしご車で救出する訓練などを実施しました。
2012/3/13
災害発生を想定した『福智町災害対策本部設置運営訓練』が2月10日に地域交流センターで実施されました。 訓練は福岡県と福智町で作成した図上訓練用のシナリオに沿って行われ、災害対策本部の運営手順を確認するのが目的です。 シナリオには災害で想定される問い合わせや河川の増水情報などが書かれ、適切に対応できるかを入念に確認し、有事に備えました。
2012/3/10
労災保険給付等の支払通知の方法が変わります。 休業(補償)給付を始めとする保険給付等の支給に当たっては、管轄の労働基準監督署(一部の保険給付等は都道府県労働局)からはがき(又は書面)により「支給決定通知」を、本省からはがきにより「支払振込通知」をそれぞれ送付していましたが、4月以降は一体となったはがきを厚生労働省から一括して送付します。
2012/3/9
田川市民会館で親と子のフラワーアレンジメント教室が2月22日に行われ、小学生と保護者約40組が参加しました。 この教室は、フラワーアレンジメントを楽しむことで親子の絆を深め、花に親しんでもらおうと田川市子ども会育成会連絡協議会が田川花商組合の協力を得て開催したもので、親子でアイデアを出し合いながら赤やピンクの鮮やかなアレジメントをつくりました。
2012/3/6
高台マップを確認せよ!『3月11日』に水巻町に避難勧告を発表します。 「水巻町の河川が氾濫や決壊したとき、どこに避難すればよいのか…」という不安を感じていませんか。 水巻町では、その不安を少しでも解消してもらうため、災害時に迅速・適切に避難できるよう「高台マップ」を作成しました。  災害時の不安を少しでも解消するため、訓練にご参加ください
2012/3/5
福岡県内の企業・働く皆様へ労使で協議する場を設け、長時間労働の抑制などに努めましょう。 3月は『労使協定適正化推進期間』です。 法定割増賃金率を超える率の設定と、年次有給休暇の計画的付与制度の導入を勧めましょう。 新年度に適用される「時間外労働協定」について、3月に締結することが多いことから、労働基準監督署において呼びかけを行っています。
2012/3/4
福岡県立大学生涯福祉研究センター駐車場で福岡県立大学周辺に設置された防犯灯と防犯カメラの運用開始式が2月20日行われました。 この取り組みは、田川市と福岡県立大学との包括的連携に関する協定に基づき、防犯灯8基と防犯カメラ2台を大学の旧正門から学生寮まで続く道路に設置するもので、防犯カメラのうち1台は田川防犯協会連合会から寄贈されました。
2012/3/3
田川ホルモン喰楽歩会長が田川市役所を2月3日に訪れ、B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(通称:愛Bリーグ)の本部加盟会員に昇格することを伊藤田川市長に報告しました。 田川ホルモン喰楽歩は、平成20年に田川のソウルフードである「ホルモン」を発信するために結成され、田川市外のイベントでPR活動を実施。 10月にB−1グランプリへ出店。
2012/3/2
『福岡県スポーツ少年団ミニバスケットボール交流大会』2月16日、25日、26日の3日間、大野城市総合体育館でミニバスケットボール大会が開かれました。 筑豊地区を代表して、田川市内の小学生4〜6年生で構成された田川市スポーツ少年団チームが参加。 男女ともに予選を次々に勝ち抜いた結果、男子チームは優勝、女子チームも3位に入る健闘を見せました。
2012/3/1
九州地方整備局と大規模災害の応援協定 福智町を含む田川郡の7町村が1月30日、大規模災害時の応援協定を国交省九州地方整備局とそれぞれ結びました。 これにより、大規模災害時に被害拡大を防ぐため、連絡網の構築や現地情報連絡員の派遣などの支援が受けられます。 遠賀川河川事務所長は、被害拡大や二次災害に備え、広域的な支援を約束しました。
2012/2/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。 3月1日(木)から3月15日(木)の特集『市民センターだより』は、青山市民センターを紹介します。 J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2012/2/28
素早く的確な消火技術を競う福智町消防団員が日ごろの訓練発表する『第1回福智町消防団操作大会』が1月22日、彦山川・中元寺川合流点河川敷で開催されました。 競技内容は、ポンプ車から3本のホースをつなぎ、62b先の「火」と記された的に放水するまでの時間や消防器具操作の正確さなどを競います。 息の合った連携を披露。 雨が降る中での決行となりました。
2012/2/27
『第3回ILOVE遠賀川流域リーダーサミット』1月22日、飯塚市のイイヅカコスモスコモンで開催されました。 パネリストの一人として芦屋町町長が出席しました。 デポジット制度などの法制化、河川ボランティアへの助成について提言しました。 「遠賀川流域宣言」を読上げ流域に住む人々が連携して遠賀川を美しい川として次の世代に引き継ぐことを宣言しました。
2012/2/26
『社会保険労務士による無料年金相談』年金についての各請求書、届出などの記入方法の説明や「ねんきん定期便」の相談を行います。 3月19日月曜日午前9時〜午後4時、場所は芦屋町西浜町の遠賀漁協協同組合本所です。 身分証明書(運転免許証)、ねんきん定期便、ねんきん特別便などを御持参ください。 代理人が来る場合は、本人からの委任状が必要です。
2012/2/25
限度額適用認定証が外来診療の現物給付にも平成24年4月1日から利用できるようになります。 医療機関の窓口での支払いを自己負担額までにとどめることができる仕組み(限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証、以下限度額適用認定証等)が改正されます。 保険医療機関、保険薬局、指定訪問看護事業者で受けた保険診療のみが対象となります。
2012/2/24
環境問題を楽しく学べる『親子ふれあいエコツアー』水巻町環境保全係では、環境学習支援事業の一環で親子ふれあいエコツアーを3月10日に実施します。 このツアーは、北九州市エコタウン内の工場を見学し、実際に家電や廃油のリサイクルがどのように行われているか学ぶものです。 親子で楽しみながら資源リサイクルや環境問題を学ぶことのできる絶好の機会です。
2012/2/23
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 3月6日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2012/2/22
水巻町中央公民館で1月29日、「砧の里・水巻町ふれあい能」が開催されました。 第一部では、水巻町立屋敷に伝わる「砧の響き」が演じられました。 太鼓や小鼓、笛の音に合わせて、艶やかな衣装に包まれ登場した砧姫。 繊細な動きで、女性の心を表現した舞の美しさに会場の皆さんは魅了されました。 世代を超えた人たちが古典芸能に親しんだ1日となりました。
2012/2/21
『まちの頼もしいファイアーマン』1月8日、岡垣町の町民グラウンドで遠賀郡4町の消防団員が参加して合同出初式が行われました。 芦屋町からは芦屋町消防団団長以下70人が参加して入場行進の後、観閲式や祝賀放水が披露されました。 航空自衛隊芦屋基地から訓練の一環として豚汁が来場者に振舞われ、式典では、芦屋町消防団や団員の皆さんが表彰されました。
2012/2/20
失業等給付に係る雇用保険料率が平成24年度から変更になりました。 一般の事業の場合:1.2パーセント(平成23年度)→1.0パーセント(平成24年度)を労使折半とします。 この他、事業主から雇用保険二事業に係る雇用保険料率を負担いただく必要があります。 従業員の給与から負担分を差し引く場合には(一般の事業)場合は1000分の5となります。
2012/2/17
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。 3月1日(木)から3月15日(木)の特集『市民センターだより』は、赤坂市民センターを紹介します。 J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2012/2/15
「笑顔咲け!」羽根にたくしたこの思い 赤い羽根共同募金【平成23年10月1日〜12月31日】ご協力ありがとうございました。 皆様からの募金は、福岡県共同募金八幡西区支会が配分し、八幡西区内の福祉の増進に活かされています。その一部は福岡県内広域を対象とした社会福祉施設等の充実や災害準備等にも役立てられています。 安心して暮らせるまちづくり。
2012/2/14
『二十歳の門出』寒の緩んだ平成24年1月9日、芦屋町民会館で成人式が行われました。 式典では、芦屋中学校吹奏学部OBによる芦屋中学校の校歌演奏があり、新成人たちは懐かしそうに芦屋中校歌を口ずさんでいました。 また、久しぶりの旧友や恩師との再会に会場は終始、和やかな雰囲気で話をしたり、メールアドレスを交換したりしている様子が見られました。
2012/2/10
男女ともに仕事と家庭の両立ができる働き方の実現を目指し、平成21年『育児・介護休業法』が改正されました。 平成24年7月1日より、これまで適用が猶予されていた一部の制度が従業員数100人以下の事業主にも適用になります。 法の全面施行に向け、雇用環境や規定の整備を進めていただくため、2月21日(火)博多サンヒルズホテルで説明会等を開催します。
2012/2/9
水巻町内一斉に行っている「環境美化の日」ですが、次回の3月4日から草ごみの資源化のため次の点が変更になります。 水巻町のごみの減量とリサイクルの推進に向けて、ご協力をお願いします。 草刈りをした後の草は、泥やほかのごみを取り除いてから「草ごみ専用袋」に入れて、回収拠点に集めてください。 問い合わせは水巻町役場環境保全課へお尋ねください。
2012/2/8
『二十歳の門出に乾杯』遠賀町成人式が、1月9日に遠賀コミュニティーセンターで行われました。 今年の遠賀町の新成人は、平成3年4月2日から平成4年4月1日までに生まれた205人。 真新しいスーツや艶やかな晴れ着に包まれた新成人たちが、式典後の立食パーテーでは、小中学校の恩師と卒業アルバムを眺めながら、懐かしい思い出話に花を咲かせていました。
2012/2/7
世界記憶遺産に登録された山本作兵衛氏の炭坑記録画などを多く所蔵する田川市石炭・歴史博物館で1月26日に防災訓練が行われました。 世界記憶遺産登録後初めて行われたこの防災訓練では、博物館の職員による通報や避難誘導などの訓練が行われ、その後、二酸化炭素消火器について説明を受けた職員が練習用の水の入った消火器での訓練を行いました。
2012/2/4
『モンゴルの美しき伝統の技』遠賀町中央公民館で「アヤラググループコンサート」が11月19日行われました。 モンゴル国立子ども宮殿少年少女民族音楽合奏団の子どもたちが、伝統的な民族楽器の演奏や歌、ダンスを披露し。 曲技では、バランスをとりながら両脚で器を操る少女の姿に、遠賀町中央公民館の会場に集まった遠賀町町民から大きな拍手が送られました。
2012/2/3
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 2月16日(木)から2月29日(水)特集第3回『長崎街道を歩いてみよう』では、八幡西区の長崎街道を歩き、その魅力を紹介します。 元気情報!八幡西では、演劇を使って、ユニークな授業を行っている沖田中学校を紹介します。 J:COM北九州で放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課。
2012/2/1
「職場のいじめ、セクシャルハラスメント集中相談会」を2月8日(水)9日(木)に開催し、電話・面談いずれもお受けします。 福岡県の労働相談窓口(労働者支援事務所)福岡県内4ヶ所に設置しています。 労働支援事務所では、賃金未払、解雇、労働条件などの労働相談を常時行っています。 北九州地区は小倉総合庁舎3階に筑豊地区は飯塚総合庁舎別館2階です。
2012/1/31
福岡県内の群・市対抗による駅伝競走大会が2月5日(日)、宗像市役所をスタート、ゴールとする7区間、33.3キロのコースで開かれます。 この大会は、福岡県が主催する「第55回県民体育大会」の一環として開かれるもので、郡や市の代表約30チームが宗像市に集結。 日ごろの練習の成果を競います。 宗像市のチーム番号は33番。 みなさんの応援をお願いします。
2012/1/30
防火・防災に向けて 1月15日に田川市市民球場駐車場で田川市消防出初め式が行われ、田川市消防団員や消防署員など約240人が参加し、今年1年の決意を新たにしました。 田川市消防団員や消防車両による分列行進を行った後、第1支団の後藤寺地区隊、第2支団の金川地区隊が通常点検を実施。 日ごろの田川市消防団の訓練の成果などを披露しました。
2012/1/28
厚生労働省主催『テレワークセミナー』を2月9日(木)福岡市の「八重洲博多ビル」で開催いたします。 東日本大震災以降、危機管理・災害対策のソリューションとして、在宅勤務をはじめとするテレワークを導入する企業が増加しています。 適切に、効果的に運用されるためには、働く環境の整備が重要です。 労務管理や健康管理の留意点について詳しく解説いたします。
2012/1/27
431人が力強い快音を響かせる 福智町弓道連盟主催の「第12回福智町弓道大会」が12月11日に福智町弓道場で開催されました。 福岡県内外から参加した高校生やベテランの射手など431人は、張りつめた雰囲気の中、深呼吸をしながら精神の集中力を高めて力強く矢を放つ参加者の皆さん。 福智町弓道場に的を射抜く快音を響かせ、日ごろの成果を競いました。
2012/1/25
12月3日直方市にて「中泉」地名発祥「泉」の碑建立除幕式が行われました。 中泉の前身の中泉村は江戸時代初頭には「能方村」と言われていましたが、1683年に村名を「中泉」と改めました。 黒田藩分家「東蓮寺藩」が1675年に直方藩と改めたため、藩の名前に似ていては畏れ多いと”泉”から名付けたと「筑前国続風土記附録」などの古書で伝わっています。
2012/1/21
全国健康保険協会(協会けんぽ)福岡支部の平成24年度健康保険料率は、10.12%に引き上げられる見通しです。 介護保険料率についても、現在の1.51%から平成24年度は1.55%へ引き上げになる見通しです。 引き上げ後は、健康保険(10.12%)と介護保険(1.55%)を合わせて11.67%となる見通しです。 厚生労働大臣の認可後確定します。
2012/1/20
『心ひとつに、安全・安心を願う』遠賀郡消防合同出初式が、1月8日に岡垣町民総合グランドで開催されました。 遠賀郡消防合同出初式には、遠賀郡四町の消防団員をはじめ、遠賀郡消防署員、航空自衛隊芦屋基地自衛隊員ら約240人が参加しました。 建物火災を想定した消火活動やポンプ車操法など、訓練の成果を合同出初式で披露し、一年の安全を願いました。
2012/1/19
宗像市では、約1年間にわたって、景観写真コンテストの開催を呼びかけ、昨年10月1日から同31日までみなさんのお気に入りの宗像ならではの写真を募集しましが、予想を上回るたくさんの応募がありました。 宗像市では景観写真コンテストの表彰式を兼ねた「むなかた景観シンポジウム」を2月12日に宗像ユリックス・ハーモニーホールで午後2時から開催します。
2012/1/18
昨年10月17日〜11月16日に、芦屋町夏井ケ浜地区で新たに整備中の公園と鐘の名称を募集したところ、計78点ものすてきな名称の応募がありました。 応募作品の中から厳正に審査した結果、公園の名称には「夏井ケ浜はまゆう公園」鐘の名称は「響愛(ひびきあい)の鐘」たくさんの応募ありがとうございました。 入選結果は芦屋町のホームページで発表します。
2012/1/17
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。 2月1日(水)から2月15日(水)の特集『市民センターだより』は、淺川市民センターを紹介します。 J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2012/1/11
従業員と企業を活発化する休暇制度を作りませんか? 「特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度」についての理解を深めていただくために、企業の皆様および労働者の皆様を対象とする「厚生労働省委託事業 休暇制度活用セミナー2011」を2月16日に福岡で開催します。 会社での制度づくりや休暇の過ごし方について考える機会として、ぜひご利用ください。
2012/1/10
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 1月26日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2012/1/9
八幡西区の『黒崎中央公園OPENINGEVENT』を1月14日土曜日にリニューアルを記念しオープニングイベントを開催いたします。 当日限りのカキ小屋登場! 焼かき販売 かき特売会やります!! 購入されたカキはその場で焼いて食べることもできます! 16:00から記念式典を行います(雨天時は八幡西区黒崎カムズ名店街)八幡西区の副都心へ遊びに来てね。
2012/1/7
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 1月16日(月)から1月31日(火)長崎街道を歩いてみよう「黒崎宿その2」では黒崎宿から木屋瀬宿までの長崎街道沿いには、藩主が宿泊した本陣や町谷など、由緒ある遺跡がたくさん存在する。 八幡西区の長崎街道を歩き、その魅力を紹介します。 詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2012/1/4
「学生のための労働契約解説セミナー2011」福岡会場(2012年1月19日)のご案内 今後就職を希望される学生(既卒の方をも含む。)の皆様、進路指導担当や企業の採用活動担当の皆様を主な対象として、雇用する側と雇用される側をつなぐ”労働契約”について、基本的な事項をわかりやすく解説するセミナーを開催します。 福岡国際会議場401、402会議室です。
2011/12/30
『社会保険労務士による無料年金相談』年金についての各請求書、届書などの記入方法の詳しい説明や「ねんきん定期便」などの相談を福岡県社会保険労務士会の社会保険労務士が相談を承ります。 1月20日と2月20日に芦屋町西浜町の遠賀漁業協同組合本所です。 身分証明書、ねんきん定期便、厚生年金加入記録など代理人の場合には、委任状が必要となります。
2011/12/29
8年間にわたり福岡県が整備していた方城伊方大橋が11月27日に開通。 関係者が出席し、記念式典が執り行われました。 式典では、福智町町長からのコメントとテープカットしたのち、列席者と共に渡り初めを挙行しました。 橋の欄干には、彦山川がカモの飛来地で有名なことから、カモのレリーフが描かれ、四隅の石柱には福智町の町花の「藤」があしらわれています。
2011/12/28
国際ソロプチミスト田川が、社会奉仕事業の一環として、障害者支援施設「寺子屋作業所ほのぼのの家」、「伊加利人形芝居保存会」、田川市立図書館の3団体に支援金を寄贈しました。 田川市役所で12月19日に行われた式では、会長から各団体の代表者たち一人ずつに支援金が手渡され、各団体の代表者は感謝の意を述べました。 田川市長がお礼を述べられました。
2011/12/27
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。 八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。 1月1日(日)から1月15日(日)の特集『市民センターだより』は、穴生市民センターを紹介します。 J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/12/26
福智町公民館金田分館において「福智町地域福祉活動計画住民中間報告会」を11月30日に開催。 行政・社協関係者、区長、作業部会委員等118名が参加しました。 開講式では福智町社会福祉協議会会長、福智町地域福祉活動計画策定委員会委員長の挨拶のあと、福智町浦田町長が挨拶、あわせて策定委員会から提出した行政課題に関する回答もいただきました。
2011/12/25
「社会貢献論演習を受講している福岡県立大学の1年生18人が、田川市民の玄関、田川伊田駅構内の清掃活動を12月6日に行いました。 この授業は、社会貢献活動を通して地域の課題を発見し、問題解決力を身につけることを目的としています。 11月15日に田川伊田駅周辺を散策し、私たちの玄関である田川伊田駅をきれいにすることから始めようと活動しました。
2011/12/25
年に一度の文化の祭典『第36回遠賀町文化祭』、11月3日から6日の4日間、遠賀町中央公民館などで開催されました。 展示会場では、全40団体のプロ顔負けの作品に、訪れた人たちから「すごい」などと声があがっていました。 またステージでは、遠賀町の役者たちが踊りや民謡、歌を披露。 スポットライトを浴びて躍動する姿に、会場から大きな拍手が送られました。
2011/12/24
華麗なブルーインパルスの曲技飛行『航空自衛隊芦屋基地創立50周年記念航空祭』が11月23日に開催されました。 あいにくの冷たい雨にもかかわらず、約3万人の来場者がありました。 特にブルーインパルスは、3月11日の東日本大震災のときは、九州でのイベント参加のため、松島基地を離れており、芦屋町での1年ぶりの曲技に場内から歓声が上がっていました。
2011/12/24
宗像市老人クラブ連合会主催の文化祭が昨年11月25日から11月27日の3日間、メイト宗像で開催され、多くの来場者でにぎわいました。 展示コーナーには、宗像市内9地区の各老人クラブから149点の作品が展示されました。 演芸大会は11月27日、メイト宗像の多目的ホールで開催。 最後は、メイト宗像会場内で「北国の春」「ふるさと」を合唱しました。
2011/12/23
水巻町食生活改善推進会からの研修報告 12月2日、第2回宗像・遠賀地区食生活改善推進協議会研修会がいきいきほーるで行われました。 研修会には中間市・福津市・岡垣町・水巻町・芦屋町・遠賀町の食生活改善推進会員など143人が集まりました。 会場には「おんが・なかま地もの弁当コンテスト」の最優秀賞作品、優秀作品が展示され地産地消のPRを行いました。
2011/12/22
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは実務経験豊富な社会保険労務士です。 1月7日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2011/12/21
飯塚市社会福祉協議会が実施する「障がい児日曜ひろば」(日曜日預かり事業)で、学生ボランティアと利用児による「クリスマス会」を、12月20日、つどいの広場飯塚で開催しました。 学生と利用児が一緒になってクリスマスケーキをつくり、クリスマスカードの交換や、プレゼント渡しなどを行いました。 子どもたちは、一つ一つ大人になっていくことを感じた会でした。
2011/12/20
八幡西区が最優秀賞を受賞 昨年11月15日に開催された福岡県交通安全県民大会において、「福岡県交通安全推進市区町村表彰」部門で最優秀賞、「シルバーセーフティコンクール表彰」部門で特別賞を、いずれも平成22年に引き続き、2年連続で八幡西区が受賞致しました。 これは八幡西区において、交通安全啓発活動に日々ご尽力成果の表れです。
2011/12/19
田川市内各小学校の体育館で11月18日から12月5日まで、田川市第5次総合計画の田川市民説明会が開催されました。 世界記憶遺産を活用したまちづくりや田川市立病院などについて、意見が出され、田川市では、「ひとを育て自然と産業が共に息づくまち田川〜活力あるものづくり産業都市を目指して〜」を実現する田川市民と一体となったまちづくりを推進します。
2011/12/18
『優勝を目指し、アタック』11月23日、水巻ビーチボールバレー福岡県大会が水巻町町民体育観で行われ、水巻町外からのチームも含め、男子16チーム、女子39チームの計55チーム258人が参加しました。 ビーチバレーとは、名前のとおりビーチボールを使ったバレーで、強く打ったときの動きは独特で複雑。 ボールをいかにコントールできるかが勝敗を分けます。
2011/12/18
遠賀郡商工会青年部が主催する「おんが郡ウォーターフロントウォーク」が11月6日に開催されました。 この大会は、元気な人づくりや元気な地域づくり、親子のふれあいを目的として行われ、今年で4回目を迎えます。 遠賀郡内4町を隅々まで散策する40Kmコース、芦屋基地内の滑走路を歩く15Km、初心者向けなど800人以上の参加者が集まり歩いて楽しみました。
2011/12/18
『平成23年度福智町敬老会』長年、福智町地域のために尽力したお年寄りの功績に感謝し、福智町敬老会が10月16日の方城地区を幕開けに、23日に金田地区、30日に赤池地区で開催され、長寿を祝いました。 全会場合わせて昨年よりも約100人少ない、1千91人が参加。 英気を養った出席者はこれまでの健康への喜びを分かち合い、さらなる長寿を願っていました。
2011/12/17
福岡県内のハローワーク(公共職業安定所)におきましては、住居や生活に困窮している方に対する相談も行っています。 その件数は減少していますが、依然として一定数の方が相談に来られ、住宅手当については、未だに80件程度の相談が毎月行われています。 『ハローワークプラザ福岡』では12月19日(月)「生活の安定と就労のための相談会」を開催いたします。
2011/12/17
福智の上空から東北に元気を『福智「夢」バルーンフェスタ2011』が11月23日に方城グラウンドで行われました。 福智町商工会青年部によるこのイベントは、3月に予定していましたが、大震災に配慮して順延。 「福智町から元気を届けよう」と企画を練り直し「がんばろう日本!」のタイトルを付けて開催にこぎ着けました。 福智の空から元気を届けているようでした。
2011/12/16
『田川市コミュニィバス』平成23年10月3日からコミュニティバスの路線を5路線に拡大し実証運行を行っています。 コミュニィティバスは、田川市内の交通空白地域や交通不便地域を解消し、通勤、通学、通院、買い物の生活交通手段を確保するとともに、田川市の活性化や田川市立病院の経営再建を図ることを目的としています。 みなさんの協力が必要不可欠です。
2011/12/15
飯塚市社会福祉協議会が12月5日(日)に「生命(いのち)」をテーマに実施する学生ボランティア福祉講座の一環として、子どもの村福岡を訪問しました。 アシスタントスタッフによる施設見学の後、施設の歩みや現状と里親制度、地域とのつながりなどについてのお話をいただきました。 子どもの支え合いの気持ちが広がればと思います。 「子どもは、社会の宝」です。
2011/12/15
のうがた産業まつりに直方市民とのふれあいに11月6日に開催され、浅香山親方(元大関魁皇)が登場し、多くの直方市民とのふれあいを持ちました。 当日は、前日からの雨で足元がぬかるむ中、子どもからお年寄りまで多くの人が集まりました。 浅香山親方は、急きょ来場した麻生元総理大臣とともに、直方市民からの質問に応じ、ファンと直方市民を喜ばせてくれました。
2011/12/14
今年で6回目となる『むなかた環境フェスタ2011』を11月23日、メイト宗像で開催しました。 フェスタには、宗像市内を中心に活動する環境団体、宗像各地区コミュニティ運営協議会、宗像市や県などが協働で参加。 環境をテーマに勉強している「むなかた協働大学」学生グループによる出展や、宗像市内保育所の環境活動を紹介するコーナーも新たに加わりました。
2011/12/14
『遠賀郡消防総合訓練』芦屋港湾で11月13日に遠賀郡消防総合訓練が行われ、遠賀郡消防署、遠賀郡内各町消防団、航空自衛隊芦屋基地消防班の15隊114人が参加しました。 大規模火災が発生し、岡垣町、遠賀町、水巻町と芦屋基地消防班に応援出動が要請された際、迅速に行動できるよう、郡内各町消防団との連携を強化し、災害対応能力の向上を図ります。
2011/12/13
『言葉の壁を越えて人と人の絆をつむぐ』日蘭中学生交流 水巻町とオランダ国ノールドボルター市が中学生同士の交流を始めて16年。 今年は、オランダから10人の派遣生が7月18日から27日の間、日本に滞在しました。 彼らは水巻町の10家庭にホームスティをしながら、日本の様々な文化を学びました。 別れの前日「さよならパーティ」では、別れを惜しみました。
2011/12/12
大規模災害時の応援協定 災害のないことを祈り11月16日、遠賀川水辺館で、鞍手町・小竹町・国交省との間に大規模な発生、または、おそれがある場合の応援に関する内容等を定め、拡大や二次災害の防止を目的とした協定の調印式が行われ、遠賀川河川事務所より、内容説明の後、鞍手町長、小竹町長、遠賀川河川事務所所長が署名を行い、協定が結ばれました。
2011/12/11
八幡西政情報番組「風は西から」では、八幡西区の多彩な情報を皆さんにお届けします。 12月16日(金)から12月31日(土)の特集は、『長崎街道を歩いてみよう』で黒崎宿(その1)を、「元気情報!八幡西」では中体連福岡県大会で優勝した折尾愛真中学校サッカー部を、それぞれ紹介します。  問い合わせは、八幡西区役所総務企画課までまちづくり推進課まで。
2011/12/10
厚生労働省「機械ユーザーへの機械危険情報の提供に関するガイドライン」が平成23年3月に策定されました。 『機械災害予防セミナー2011』では、ガイドラインに基づいて提供される情報の活用方策等の演習を実施するとともに基本的な取組の解説を行います。 1月31日に東京海上日動火災保険A会議室にて午前の部と午後の部にそれぞれのカリユラムを解説。
2011/12/9
飲酒の機会が増える年末年始を前に、酒類を提供する飲食店に「安全安心宣言の店」として取り組んでもらおうと、宗像市と福津市、宗像警察署、宗像商工会と福津市商工会で宣言内容や協力体制などを確認。 宣言をした飲食店には11月25日から、ステッカーと宣言書が配られました。 宗像市・福津市では、「安全安心宣言の店」に取り組む飲食店を受け付けています。
2011/12/8
水巻町中央公民館で11月12日に『健康のつどい2011』が開催され、240人を超える参加者が来場しました。 第1部では、「いきいき健康みずまき21計画」の取り組みについて、水巻町健康づくり推進協議会の委員が報告を行いました。 水巻町では、「いきいき健康みずまき21計画・いきいき水巻食育推進計画」を策定し、その推進に強力に取り組んでいます。
2011/12/7
第3回「宗像・沖ノ島と関連遺産群」国際専門家会議が昨年11月1日から4日間、宗像市内で開かれました。  前半は、構成資産候補地を視察、後半の二日間は、大きな課題となっている構成資産の決定に向けて白熱した議論が展開されました。  国際専門家4人と、国内専門家5人に加え、研究をお願いしているさまざまな分野の専門家11人の方々が参加しました。
2011/12/6
福智町文化連盟の主催による『2011福智町文化祭』が11月5日から二日間、金田分館と金田体育館で3千367作品が一堂に会した「作品展示」は、来場者の足を引き止めました。 また、11月20日に開催された「芸能発表会」は観客から鳴りやまない拍手と歓声を受けました。 福智町文化祭は、芸術お秋と見事に融合、来場者の心を大きな感動で包み込みました。
2011/12/6
戸締り用心、火の用心!小竹町役場前駐車場で小竹幼稚園の子どもたちが11月11日防火パレードを行いました。 大きなかけ声とともに小竹町庁舎内を一周し、火災予防を呼びかけていました。 11月13日には、小竹町消防団、宮若市消防団、鞍手町消防団、直鞍消防本部が合同で秋季火災予防啓発町内巡視を「火災予防週間」に合わせて、この時期に行っています。
2011/12/5
鞍手町文化体育総合施設内で11月6日(日)に「2011くらて元気まつり」今年は、「がんばろう、日本!がんばろう鞍手!」をテーマに開催します。 家族みんなで、友だちを誘って、ぜひお越しください。 げんき大声コンテスト出場者を募集!!東日本大震災復興に向けての熱いエール、あなたの決意や心意気、普段思っていてもなかなか言えないメッセージを叫んで下さい。
2011/12/4
消防防火パレード 11月9日から15日は、全国一斉の秋季火災予防週間です。 鞍手町・宮若市・小竹町の消防団と消防本部が合同で火の用心を呼びかけました。 鞍手郡小竹町をスタート、宮若市、鞍手町を「カーンカーン」と警鐘を鳴らしながら駆け抜ける消防車の行列に各分団の消防団員が敬礼。 火災が起こりやすい季節です。 しっかりと火の元を確認してください。
2011/12/3
福智町民生児童委員協議会では、福智町文化祭でチャリティーバザーの出店を11月6日〜7日に行い、その売り上げを赤い羽根共同募金に寄附いただきました。 福智町身体障害者福祉会からも10月28日、スーパー川食の赤池店と方城店に分かれ募金活動をおこない、寄附をいただきました。 福岡県共同募金会へ送られ、来年度その70%が福智町に配分されます。
2011/12/2
『国際障害者デー』12月3日から始まる12月9日までを障害者週間と定めて、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的とした週間です。 福岡市では「2011福岡県障害者文化祭」がエルガーラ・パサージュ広場で12月3日に開催されます。
2011/12/2
「直方市自然景観100選募集」直方市は、福智山山系や遠賀川の雄大な流れに包まれた自然豊かなまちです。 自然と共生するまちを目指し、私たちの身の回りにある自然景観の中から、直方市を代表する100選を募集します。 選定された景観は、今後の啓発活動に活用させて頂きます。 募集期間…1月4日(水)〜12月22日(土)問い合わせは直方市環境整備課まで
2011/12/1
嘉飯の 『KURO SELECTION』クリスマスに空を飛びます。 嘉飯都市圏活性化推進会議(飯塚市・嘉麻市・桂川町・福岡県)では、「お菓子のふるさと」の特性を活かした取組として、「炭坑のまち・筑豊嘉飯」のイメージした創作スイーツ 「KURO SELECTION」 スターフライヤーと連携、クリスマス期「お菓子のふるさと、筑豊嘉飯」を全国にPR
2011/11/30
宗像市では、むなかた「水と緑の会」と各地区コミュニティ運営協議会と共催で、今年で20回目を迎えた「釣川クリーン作戦」を10月中旬から11月上旬にかけて実施。 宗像市民のみなさんや事業所など約2.900人の参加がありました。 釣川クリーン作戦は毎年10月第3日曜日に実施しています。 宗像の自然を守り、ごみのない環境づくりに取り組んでいきます。
2011/11/29
福岡県内においては、本年前半に建設業と道路貨物運送事業で前年に比べて死亡災害が大幅に増加したことから、本年8月1日から12月31日までの間、2業種を対象として、「福岡死亡災害撲滅緊急対策」を実施しています。 『福岡労働局長による年末建設業安全パトロール』を12月2日(金)福岡市東区アイランドシティ画地C分譲棟新築工事を現場パトロールします。
2011/11/29
『コスモスフェスタ2011』大人気の収穫体験で笑顔も収穫 10月23日んじ弁城迫地区で開催されました。 福智町地域の皆さんが「花いっぱい運動の会」を結成して始まったイベントも11回目。 口コミで評判が広がり、福智町内外から多くの親子連れが参加しました。 満開には一週間ほど早かったようですが、参加者は花の色鮮やかさを間近で観賞し楽しんでいました。
2011/11/28
大相撲九州場所の拠点となる宿舎を、相撲茶屋貴乃花(田川市)の敷地内に貴乃花部屋が構えました。 田川が第二の故郷という貴乃花親方。 11月8日、貴乃花親方と力士6人が伊田小学校で相撲教室を開催するなど田川市郡地域との交流も積極的に図りました。 九州場所では、部屋に所属する力士13人のうち9人が勝ち越しを果たし、来場所の活躍が期待されます。
2011/11/28
平成18年3月6日に、赤池・金田・方城の3町が合併して誕生した福智町。 その5周年を記念した式典が11月3日に福智町地域交流センターで開催され、関係者など約3百人が新町誕生後を振り返り、町政発展への決意を新たにしました。 浦田福智町町長が「町民の皆様のおかげで5周年を迎えることができました、一体感を」と挨拶し、来賓から祝辞が送られました。
2011/11/27
宗像市内小学4年生が11月9日、宗像ユリックスで開催された 『九州管楽合奏団演奏会2011』 を鑑賞しました。 このコンサートは、子どものころから、本格的な専用ホールでの芸術に触れることを目的に、宗像市文化芸術のまちづくり10年ビジョンの重点プロジェクトとして開催されました。  子どもたちの声 がホールに響き渡り、舞台と客席が一体感に包まれました。
2011/11/27
宮崎県日南市に「オラレ日南」が10月29日にオープンしました。 オープン当日は、関係者によるテープカットが行われ、先着200人に記念品を配布するなど多くの来場者があり、大変にぎわいました。 場外発売場では、ボートレース芦屋開催のレースを中心に年間360日程度営業し、約7億円の売り上げを見込んでいます。 売り上げの2lが芦屋町の収益になります。
2011/11/26
元横綱が園児に今後の飛躍を誓う 九州場所で稽古や生活拠点となる宿舎を田川市に構えた貴乃花部屋。 11月7日に貴乃花親方夫婦と弟子8人が福智町のひらばる幼稚園を訪れました。 園児たちからこの日に掘ったばかりのサツマイモや「強いお相撲さんを育ててください」とメッセージ入りの花束を手渡された親方は「がんばります」と約束し、飛躍を誓っていました。
2011/11/26
直方市をPRする「新PRキャラクター名前募集」新しいキャラクターは、ネコ、イネ、ブタの3人。 直方が大好きな3人は、いつも直方市内を散策しています。 この3人の名前を募集します。 これらのキャラクターは、直方商工会議所の「地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト」事業の一つで、直方市民有志も参加する「ブランド&特産品プロジェクト」で考案されました。
2011/11/25
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。 八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。 12月1日(木)から12月15日(木)の特集 『市民センターだより』 は、池田市民センターを紹介します。 J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課 まで。
2011/11/24
飯塚市・飯塚医師会・西日本新聞社および飯塚市社会福祉協議会の主催により、『みんなの健康・福祉のつどい2011』を、10月16日(日)庄内会場(庄内体育館・公民館)にて開催しました。 当日は晴天に恵まれ、ステージイベント、昼食バザー、子ども広場、ふれあい青空市場、健康コーナー、福祉コーナー等の催し物は、どこもたくさんの来場者でにぎわいました。
2011/11/23
くらて元気まちおこし鞍手町商工会プレミアム付「くらてまち振興券」発売 鞍手町商工会では、昨年に引き続く「鞍手町振興券」を発売します。 この振興券は、鞍手町内のお店や事業所で利用できます。 地域活性化を進めるための取り組みです。 使用期間は平成23年12月1日から平成24年1月31日までとなっています。 発売場所は鞍手町商工会となっています。
2011/11/22
エーイの掛け声に合わせて 10月15日に鞍手町木月剣神社御遷宮祭がありました。 沿道の見物客から送られる「ガンバレ!」、「あと少し!」の声援。 「エーイ、エーイ」の掛け声に合わせ、独特な動きで歩を進めるハッピ姿の人たちの勇壮な姿は、4年に一度の鞍手町木月の風物詩です。 地域を練り歩くこの行事は、鞍手町の指定文化財。 観客を魅了していました。
2011/11/22
芦屋町民会館で10月30日に「祭りあしや」が開催されました。 あいにくの雨になり急遽会場が芦屋役場前から変更になりました。 この祭りは、昨年に引き続き2回目で芦屋町内の各種団体やグループで構成された祭りあしや実行委員会による手づくりのイベントです。 ホールでは愛生幼稚園園児による鼓笛隊や航空自衛隊西部航空音楽隊の演奏が行われました。
2011/11/21
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置転換、労働など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 12月3日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2011/11/20
平成18年に、赤池・金田・方城の3町が合併して誕生した福智町。 5周年を記念した式典が11月3日に福智町地域交流センターで開催され、関係者など約300人が新町誕生を振り返り、福智町町政発展への決意を新たにし、観光大使任命式では、福智町出身のIKKOさんが、ガラス製の任命状や上野焼の記念品 会場は将来の福智町発展に向けた期待感に包まれました。
2011/11/19
秋の水巻町に笑顔咲く 10月22日と23日の2日間にわたり、水巻町のみどりんぱーくで『コスモスまつり』が開催されました。 まつりは水巻町内の保育園や幼稚園の子どもたちのバルーンリリースからのスタート。 空に向かって、コスモスの種が入った風船が一斉に放たれると大きな歓声があがりました。 水巻町内外から大勢の人たちが、まつり会場を訪れていました。
2011/11/19
芦屋町総合体育館で10月23日に芦屋町民音楽祭が盛大に開催されました。 毎年行われている小・中学校合同音楽祭と芦屋町の町制施行120周年記念事業と合わせて開催されたものです。 この日のために結成された町民合唱団や町民ブラスバンドは、何ヶ月も前から練習を重ねてきました。 町民ブラスバンドは芦屋中学校吹奏学部のOB・OGを中心にしています。
2011/11/18
直鞍一周駅伝を応援してください。 鞍手町体育協会 12月11日(日)の第66回直鞍一周駅伝競走大会が行われます。 鞍手町からも3チーム参加します。 声援が力になります。 鞍手町沿道からの声援をお願いします。 直方市体育センター横を午前10時スタート 鞍手消防署出張所や宮若市中央公民館、小竹町運動公園を経て直方市体育センターがゴール。
2011/11/17
飯塚第一中学において平成23年10月より、福祉体験学習を開催しました。 内容は手話・点字・車椅子・アイマスクのグループに分けて、それぞれ当事者からのお話や体験を行いました。 飯塚第一中学生からは、障がい者の方の実際の生活に対する質問や、「どういった社会になって欲しいですか」などの質問もあがり、社会を担う若い人に関心を持って参加していました。
2011/11/16
10月10日の第54回芦屋町民体育祭は、芦屋町制施行120周年を記念して、昼食を挟んで午後まで趣向を凝らした競技が行われました。 自治区や各種団体等から多くの参加があり、趣向を凝らした競技やじゃんけん大会に楽しく出場していました。 小さな子どもから年配の人まで、みんなが楽しめる第54回芦屋町民体育祭。 また、来年その笑顔に会いたいですね。
2011/11/15
特定(産業別)最低賃金改定のお知らせ 福岡県特定(産業別)最低賃金が平成23年12月10日に改定されます。 これらの特定(産業別)最低賃金に該当しない産業は、平成23年10月15日から改定されています福岡県最低賃金(1時間695円)が適用されます。 派遣労働者には、派遣先の最低賃金が適用されます。 詳しくは、福岡労働局労働基準部賃金課まで。
2011/11/14
宗像市では、宗像市役所と自由ヶ丘コミセン、赤間西コミセン、旧アクセス玄海に設置していた自動交付機の老朽化に伴い、12月1日(木)から宗像市役所とサンリブくりえいと宗像の2カ所に設置します(旧アクシス玄海は3月末、自由ヶ丘コミセンと赤間西コミセンは今回撤去)。 利用状況から判断して、たくさんの人が訪れる「サンリブくりえいと宗像」を選定しました。
2011/11/13
「ふるさと納税制度」が平成20年に創設されました。 飯塚市を「ふるさと」として愛し、応援していただける個人または団体からの寄付金を活用し、活気・活力ある飯塚市民と協働のまちづくりを進めるために「ふるさと飯塚応援し隊」の会員を募集しています。  ふるさと納税にご賛同し、会員になっていただく方をご紹介ください。 問い合わせは飯塚市総合政策課まで。
2011/11/12
稲荷神社神幸祭と山笠競演会が福智町金田地区で10月15日から身も心も祭りにささげた2日間、今年も祭囃子が福智町を秋色に染め、伝統と格式ある福智町を独特の高揚感で包み込む待ちわびた祭典が、盛大に行われ一年ぶりに謳歌した。 福智町指定無形民族文化財に指定されている稲荷神社奉納獅子楽。 盛大に行われ二日間で延べ1万人の観客を動員しました。
2011/11/11
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。   八幡西区にはたくさんの川が流れており、それぞれ独自の文化があります。 『風は西から』では、八幡西区内の川を歩き、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介します。 11月16日(水)〜30日(水)は 『撥川』 をお送ります。  J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで
2011/11/10
福岡県では、主に勤労者の方を対象とした労働教育講座と、主に経営者や人事・労務担当者の方を対象とした労働経営セミナーを開催します。 北九州地域労働教育講座は11月16日水曜日 18時30分から20時30分 ウェルとばた 筑豊地域労働教育講座は11月28日月曜日 18時30分から20時30分 田川市民会館 福岡市内と久留米市内でも予定されています。
2011/11/9
「2011実業団女子駅伝西日本大会」が10月23日、宗像市と福津市を結ぶ6区間42.195キロのコースで16チームが参加し開かれ、昨年の全日本実業団対抗女子駅伝の優勝チーム・天満屋が初優勝しました。 当日のテレビ放映では、選手たちの手に汗握る力走と共に、宗像の自然や宗像の歴史などが、RKB毎日放送ほか西日本エリア14局で紹介されました。
2011/11/8
バトントワーリング全国大会出場決定!! 10月23日、鹿児島市で「第39回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会九州予選」が開催され、飯塚高等学校バトントワラー部が金賞を受賞し、創部3年目で全国大会初出場を決めました。 10月31日には汲゚ぐみ不動産から飯塚市内の中学校6校に対して、コントラバス、フルートなどの楽器が寄付されました。
2011/11/7
福智町地域福祉活動計画 福智町は、平成18年3月に赤池町、金田町、方城町が合併し新政「福智町」として歩み始めています。 その歩みの先にあるものは、「人権が保障され、お互いが助け合い、安心して暮らせる地域」であることです。 基本となるスローガンに「主(住民主体)人(人権尊重)公(公民協働)がきらめくステージ(福智町)へ」を掲げることとします。
2011/11/6
JR小竹駅前西口広場で「こちくちゃん市(小竹町軽トラ市)」を10月16日に開催しました。 筑豊地区では初めての軽トラック市では、農産物、日用品、うどんややきそばなどの飲食コーナーなどが多数出店し、約2500人の来場者で大変にぎわいました。 会場では和太鼓やステージイベントも行い、チャリティバザーの売上金は、東日本大震災の被災者に寄付しました。
2011/11/5
「街頭募金でPR活動」今年も10月から全国一斉に赤い羽根共同募金運動が始まりました。 共同募金会水巻町支会(水巻町社会福祉協議会)では、運動開始日となる10月1日(土)ダイエー水巻店、ルミエール水巻店にご協力をいただき店舗入口前にて街頭募金運動を実施しました。 共同募金運動は12月末までの期間実施されます。 ご協力をお願いいたします。
2011/11/4
福智町ボランティア連絡協議会では、福智町住民の方々に私たちの福智町(河川)をきれいにすることに関心をもってもらい、またボランティア活動に参加するきっかけづくりの一環として、毎年河川一斉清掃を実施しています。 10月4日日曜日に河川敷のゴミひろいを実施しました。 今後とも、福智町ボランティア連絡協議会へのご理解とご協力をお願いいたします。
2011/11/2
電子政府利用促進週間です。 10月31日(月)から11月6日(日)までを、本年度の電子政府利用促進週間とし、政府全体で電子政府に対する広報、普及啓発活動を重点的かつ効果的に推進することとしております。 厚生労働省でも「新たなオンライン利用に関する計画」に沿って、種々の改善措置を講ずるとともに、重点手続を中心として活動を進めているところです。
2011/11/1
芦屋釜の里、芦屋歴史の里で芦屋町制施行120周年記念「芦屋釜復興の歩み」展が12月4日まで芦屋釜の魅力や復興の歩みを伝えるために開催されています。 芦屋釜の里でこれまでに製作された茶釜や鐘のほか、古芦屋釜の名品や古作の鉄瓶など、総作品数約70点が展示されています。 ボランティア員は「ズラリと並ぶ展覧会はめったにありません」と話されました。
2011/10/30
宗像警察署管内の神湊、鐘崎、池田、宗像大社前、大島の駐在所に勤務する警察官のみなさんと谷井宗像市長が10月18日に懇親会を開きました。 この懇親会は、地域に密着した意見を安全・安心のまちづくりに生かそうと宗像市が企画したもので、福岡県内でも初めての取り組みでした。 今後は挙げられた課題を整理して、事件や事故の防止に生かしたいと思います。
2011/10/29
遠賀川河川敷(中之島周辺)で、飯塚青年会議所が主催する「飯塚灯明フェスタ2011」が10月15日に開催されました。 河川敷には、「絆」などの文字の形をした約1万8千個のキャンドルが辺りを明るく照らし、幻想的な雰囲気を作り出していました。 10月16日には飯塚市中心街で、「第11回いいづかどんたく宿場まつり」が開催され活気で満ち溢れていました。
2011/10/28
直方市中心市街地の商店街の大型空き店舗に食に関するお店が入居するビストロのうがたが新規に11月5日(土)オープンします。 この事業は直方商工会議所が行う事業で、中心市街地や商店街の活性化、新規創業や新規事業展開を図ることで空き店舗解消を目指し、直方市の賑わい回復を狙ったチャレンジショップ事業です。 貸しキッチンスペースも備えています。
2011/10/27
ユニークなバイクが福智町に参上 奥池公園(弁城)でどんぐりの植樹を行っているTOTO(北九州市)が、10月6日に福智町で珍しいバイクをお披露目しました。 バイオガスを燃料に走る「トイレバイクネオ」。 シートが便座になっているユニークなつくりで、エコをPRしながら東京をめざします。 福智町が「事故無し」を込めた赤池梨を贈って出発を激励しました。
2011/10/26
『第19回筑前木屋瀬宿場まつり』 八幡西区の筑前六宿の一つだった木屋瀬宿。 宿場の雰囲気を残す家並みを背景に町全体でイベントが11月6日に開催されます。 「筑前木屋瀬宿場をどり(盆踊り)」(福岡県指定無形民俗文化財)を中心に「淡彩画”筑前六宿50景”展」など盛りだくさんの催しものがあります。 八幡西区木屋瀬地区・旧長崎街道・木屋瀬宿記念館。
2011/10/25
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。 11月1日(火)から11月15日(火)の特集 『市民センターだより』 は、医生ヶ丘市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/10/24
水巻町では、水巻町の皆さんがいきいきと健康に暮せるため「いきいき健康みずまき21計画」を策定し、各団体や施設などと共同しながら計画推進に取り組んでいます。 一つの取り組みとして『健康のつどい2011』を11月12日(土)に水巻町中央公民館で健康に役立つ講演会が開かれます。 水巻町住民に健康づくりの意識を高めてもらおうと年一回開催しています。
2011/10/23
田川地区消防本部で北九州市消防局と9月27日に合同での救助訓練が行われました。 下山中に転倒しねんざしたとの想定で、ヘリコプターで特別救助小隊4人が2回に分け、田川地区消防本部から現場に直行。 要救助者をヘリコプターで田川地区消防本部まで搬送し、救急小隊に引き渡す訓練を行いました。 北九州市消防航空隊との連携体制を構築します。
2011/10/22
夏井ヶ浜地区は、福岡県の天然記念物に指定されているはまゆう群生地をはじめ、美しい海岸線が一望できる芦屋町を代表する景観地です。 芦屋町では、毎年多くの人が訪れるこの地域一帯を観光エリアとして公園を整備します。 公園内の施設に新しい芦屋町の観光スポットとして11月16日まで、すてきな名前を募集しています。 結果は来年1月中に発表いたします。
2011/10/21
『月夜に放つ太鼓の音』、中秋の名月に近い土曜日に開催されている観月コンサート『雅』。 平成23年は9月17日、残念ながら雨のため島津・丸山歴史自然公園から遠賀町中央公民館に会場を変え開催されました。 遠賀町民参加者は、遠賀町中央公民館に響く和太鼓や弦楽四重奏の音色を聴きながら、中秋の月は観月できませんでしたが、秋の夜を満喫していました。
2011/10/20
宗像市を代表する宗像三女神が再会する『みあれ祭』が10月1日、大島と神湊間の海上で開かれました。 今年は、徒歩行列が約30年ぶりに復活。 伝統の祭りをさらに盛り上げました。 みあれ祭は、宗像三女神である沖ノ島の田心姫神と中津宮の端津姫神が、辺津宮の市杵島姫神と再会する神事です。 今年は、陸上神幸を復活させようと実行委員会が実現させました。
2011/10/19
社会保険労務士による無料年金相談 年金についての各請求書、届書などの記入方法の説明や『ねんきん定期便』などの相談を行います。 11月21日月曜日・12月20日火曜日の午前9時〜午後4時。 場所は遠賀漁業協同組合本所(芦屋町西浜町) 身分証明書、ねんきん定期便、ねんきん特別便、年金加入記録などを持参してください。 詳しくは八幡年金事務所へ
2011/10/18
芦屋競艇場「夢リア」で9月8日芦屋町敬老会が行われ、芦屋町の70歳以上の町民800人が出席しました。 式典に引き続き、芦屋保育園児による遊戯や民謡ショー、マジックショーのアトラクションがありました。 10日には町立芦屋中央病院開設35周年を迎え、芦屋町町民会館で記念事業が行われ会場には約200人が訪れ、講演会や健康まつりなどのイベントが開催。
2011/10/17
受動喫煙防止対策に取り組む事業者を支援するため、受動喫煙防止対策助成金を創設しました。 事前に「受動喫煙防止対策助成金関係工事計画」を策定し、所轄労働局の認定を受ける必要があります。 提出先(健康安全課又は健康課)となります。 受動喫煙防止対策に係る相談支援業務と職場内環境測定機器貸出事業を行います。 必要に応じ実地指導も行います。
2011/10/16
『第20回全国市町村交流レガッタ豊岡大会』が9月24日〜25日に開催され、5月の「おんがレガッタ」で準優勝を果たし、チームは別府区を主体とする遠賀町の代表として全国大会に出場。 大会までの4ヶ月間、遠賀川漕艇場で練習に励んでいました。 遠賀川の荒波で培われた息の合ったオールさばきで、最後までライバルを脅かし、約2秒差の第2位と大検討しました。 
2011/10/14
『直方市制80周年記念式典』直方市は、昭和6年に筑豊地区における最初の市として誕生いたしました。 市制施行80周年を迎えました、エネルギー革命による石炭産業の衰退という大きな時代の変化に直面しながらも、今日まで筑豊地域の中心都市として発展してまいりました。 この80年にわたる着実な歩みを祝い10月29日ユメニティのうがたで記念式典を行います。
2011/10/13
『公民館まつり2011』を開催します。 公民館まつりの展示部門では、小竹町の小・中学生の硬筆・習字・絵画などの作品や各種講座ごとの作品、文化財資料、小竹町内高齢者施設に入所・通所している人たちの作品、個人出展の作品を展示しています。 11月5日から6日の9時から16時を予定しています。 6日は小竹町巡回バスひまわり1号・2号が臨時運行します。
2011/10/12
『クリーンキャンペーンと堂山草取り活動』芦屋町の自然を守る会 9月11日に芦屋町内外から約400人が集まり、第10回若松・芦屋クリーンキャンペーンが開催されました。 芦屋町の自然を守る会も、若松区の白岩海岸や柏原海岸などに分かれて清掃活動を行いました。 午後から、桐山や狩尾岬に自生する樹木の苗500本を植樹した堂山周辺の草取りを行いました。
2011/10/11
宗像市がパートナーシップ協定を結んでいるブルガリア共和国・カザンラック市では毎年6月に「バラまつり」が開かれています。 宗像市では3月に、バラまつりで展示する絵画を募集し、宗像市内保育所の園児や宗像市民から約40点の作品を出展しました。 宗像市では、カザンラック市に送り6月のバラまつりと9月の「友情の橋・バラの花絵画展」で展示されました。
2011/10/10
田川市公共施設へ地上デジタルテレビを寄贈 7月24日、田川ライオンズクラブが、田川市総合体育館ロビーに地上デジタルテレビを寄贈し、目録授与式が田川ライオンズクラブ会館で行われ、9月15日に田川市教育庁舎で田川商工会議所女性会から、田川市民会館ロビーに地上デジタルテレビを寄贈し田川市教育長に目録を贈呈。 災害の情報手段として今後活用します。
2011/10/9
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置転換、契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは実務経験豊富な社会保険労務士です。 11月5日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2011/10/8
飯塚東地区社会福祉協議会と飯塚市社会福祉協議会の共催による子育てサロン『おやっとこっと』を9月15日に午前10時から飯塚東公民館において、第3回を開催しました。 今回は、『簡単ヘルシーなおやつ作り』という内容で、親子で簡単おはぎとおばあちゃんのフルーツ牛乳寒を作りました。 親子で一緒にやっている姿が微笑ましく、心に温かいものを感じました。
2011/10/7
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。   八幡西区にはたくさんの川が流れており、それぞれ独自の文化があります。 『風は西から』では、八幡西区内の川を歩き、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介します。 10月16日(日)〜31日(月)は 『堀川その2』 をお送ります。  J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで
2011/10/6
飯塚市社会福祉協議会では、家庭から出る生ゴミを堆肥へと生まれ変わらせることが出来て環境について考えるきっかけづくりになればと、飯塚地域福祉講座『ダンボールコンポストのお話』を10月20日水曜日に穂波ふれあい会館で講師に「飯塚友の会」を迎えて開催いたします。 コンポストとは…一般家庭から出る生ごみを堆肥へと生まれ変わらせる設備のことです。
2011/10/5
宮崎県日南市に芦屋町が設置を進めていた「オラレ日南」が10月下旬にオープンします。 「オラレ」とは、舟券発売スペースとコミュニティースペースが一体となった施設で、還元型の簡易で小規模な場外舟券発売場です。 芦屋の場外発売場としては6つ目で、宮崎県内では都城市、日向市に次ぐ3つ目の施設となります。 新しい場外発売場は年間360日程度営業致します。
2011/10/4
水巻町内の2つの子育て支援センター(水巻町子育て支援センター、吉田保育園ゆめらんど)合同の『子育て支援センター合同運動会』を10月29日(土)に開催します。 運動会の競技には、赤ちゃんも参加できます。 水巻町町民体育館の駐車場に限りがあるために、支援センターで駐車券を発行します。 駐車券がない人は、ダイエー水巻店の2階に駐車してください。
2011/10/3
宗像市とむなかた「水と緑の会」では、清掃区域で10月16日(日)と同23(日)に釣川クリーン作戦を実施します。 釣川は宗像市内を流れる河川です。 宗像市各地区コミュニティ運営協議会も独自に清掃活動を展開します。 清掃活動ができる服装(軍手・ごみ袋は配布)リサイクル石鹸参加記念品 宗像市民の「命の水・釣川」をみんなの手できれいにしましょう。
2011/10/2
福岡県社会保険労務士会は10月8日(土曜日)に福岡県下で無料相談会を行います。 北九州会場ではJR小倉駅3FJAM広場、筑豊会場ではイオンモール直方などで午前10時から午後4時まで。 国家資格を持つ社会保険労務士が、障害年金など各種年金相談、就業規則等の人事労務などの相談に応じます。 当日に難しい場合には総合労働相談室も御活用ください。
2011/10/1
災害時の対応に向けて大規模災害支援協定を締結 田川市は国土交通省九州地方整備局と、田川市内で大きな災害が発生した場合に応援を要請することができる大規模災害支援協定を8月25日に結びました。 この協定を結ぶことで、緊急的に対応しなければならない災害の時でも、直接国土交通省九州地方整備局に応援を要請し、素早い対応ができるようになりました。
2011/10/1
芦屋町制施行120周年記念事業特別展「芦屋釜復興の歩み」芦屋釜の里で、これまでに製作された茶釜をすべて展示し、芦屋釜復元の歩みを追う特別展を開催。 古芦屋釜の名品も特別展示します。 期間は10月4日〜12月4日まで開催します。 詳しい問い合わせは「芦屋釜の里」рQ23−5881 中央公民館講座「芦屋釜復興の取り組み」を10月21日に開催。
2011/9/30
福智町商工会と赤池スタンプ会が行う『第3回福智町憩いの夕べ』が、8月20日に福智町商工会館前で開かれ、家族連れなどで賑わいました。 場内のテント村では、農産物などが大盛況。 ステージでは抽選会やショー、花火などが行われ、会場が歓声に包まれました。 今年は、青森県から譲り受け東北被災地へのエールを込めて改造した『ねぶた』を披露しました。
2011/9/29
(独)雇用・能力開発機構の廃止に伴い、これまで(独)雇用・能力開発機構の各都道府県センターで取り扱っていた助成金の相談・申請窓口が平成23年10月1日から、各都道府県労働局に変更となります。  中小企業労働力確保法に基づく 「改善計画」 は、平成23年10月1日以降も引き続き変更はありません。  申請先は福岡労働局福岡助成金センター
2011/9/29
彦山川と中元寺川の福智町合流点河川敷で、8月27日に第6回『水と灯火の夕べ』が開催されました。 平成4年から地域の人と人、人と水とのふれあいをテーマに実施され、合併後は福智町の一大行事として定着したこのイベント。 福智町にあたる会場には、浴衣姿の踊り手約150人が福智町内各地から集結し、やぐらを中心に人の輪をつくって4曲の総踊りを披露しました。
2011/9/28
水巻町民の皆様へのお得な情報! 10月1日(土)午前9時より『みずまき工業商品券』販売開始!! 「みずまき工業商品券」は水巻商工会が地域振興対策事業の一環として実施します。 消費者の方々に地域の工業者(土木建設事業、造園業)の紹介と利活用して頂くことにより、水巻町内工業者の発展と地域活性化を計ることを目的とし、水巻町の協力を得て発行します。
2011/9/28
芦屋町は、明治24年6月10日に町制を施行し、本年で120周年を迎えました。 石炭輸送など遠賀川の水運によって賑わいました。 芦屋町制施行120周年記念事業の主な催しは『芦屋釜復興の歩み展』10月4日から12月4日 『芦屋町民体育祭』10月9日 『芦屋町民音楽祭』10月23日 芦屋町総合体育館『祭りあしや』10月30日・芦屋町役場前駐車場 です。
2011/9/27
長崎街道筑紫側に位置した黒崎宿。 八幡西区黒崎には今でも多くの歴史ある建物が残っています。 今回、八幡西区黒崎にゆかりのある5カ所の寺院・社殿でたくさんのイベント「長崎街道黒崎宿《来て、観て、聴いて》」を10月15日から11月19日までの期間に開催します。 第1弾は八幡西区岡田町の岡田宮でキャンドルナイトをペットボトル灯籠を使って開かれます。
2011/9/27
がんばろう日本!遠賀から東日本に元気を『第27回遠賀町夏まつり魅力発信フェスタ』が厚い雲が空を覆う8月20日(土)午後5時50分、遠賀総合運動公園。 まつりの開始を告げる「遠賀太鼓」の威勢のいい掛け声と太鼓の音が会場に響き渡り、訪れた1万人以上の人たちを包み、会場は、遠賀町の特産品を紹介・販売するコーナーや夜店が並び会場を盛り上げます。
2011/9/26
飯塚市歴史資料館開館30周年記念展「立岩遺跡を掘った人々」建設の契機となった立岩遺跡の発見、調査・研究の歩み、現地保存運動と重要文化財指定から飯塚歴史資料館の開館、中国西安市との国際交流、『魏志』倭人伝に描かれた邪馬台国への道、不弥国をめぐる古代史のなぞなど10月6日〜11月13日まで紹介し飯塚市歴史資料館にて期間中無休です。
2011/9/25
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。 10月1日(土)から10月15日(土)の特集 『市民センターだより』 は、永犬丸市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/9/24
ニュースポーツで地域の枠を超えて交流 福智町と糸田町の子ども会育成連絡協議会主催の『下田川親善スポーツ大会』が9月4日に福智町の金田分館で開催されました。 下田川ライオンズクラブの助成で開催され、ゲートボールと囲碁の組み合わせ「囲碁ボール」、杖で円盤を得点エリアに出して得点を争う「シャッフルボード」で汗を流し、地域を超えて親睦を深めました。
2011/9/23
田川市内全域実証運行を10月3日から開始します。 平成20年9月に、住民代表、学識経験者、田川商工団体代表、運送事業者、関係行政機関などで構成する「田川市地域公共交通会議」を設立し、課題解決に向けた協議、検討を進めました。 コミニュティバスの運行が必要との結論に至り、昨年10月から実証運行を開始し、5路線に路線を拡大し実証実験を行います。
2011/9/22
暮らしにお役立てください『田川市暮らしの便利帳』を発行 行政情報や生活情報をまとめた『田川市暮らしの便利帳』の発行式が田川市役所で9月15日に行われました。 発行式では、協働発行を行った株式会社サイネックスの中国・九州支社長から発行報告書が手渡され、伊藤田川市長からは感謝状が手渡されました。 郵便局などの公共施設などでも配布しています。
2011/9/21
水巻町役場と南部公民館に10月1日から、『廃食用油(使用済天ぷら油等)回収ボックス』を設置し、拠点回収を開始します。 今後は、不要のペットボトルに直接廃食用油を入れて、水巻町や南部公民館の拠点回収所に持ち込んで下さい。 リサイクル業者にその再生や再利用を依頼することになりますので、焼却ごみを削減することができます。 水巻町役場環境保全係
2011/9/20
「第3回いいづか防災フェア」飯塚市防災センターとその周辺河川敷で9月4日開催されました。 防災訓練を体験しようと雨天にもかかわらずたくさんの飯塚市民が訪れました。 消火器の使用体験や地震体験を通して、防災に対する意識を高めました。 8月28日には防災週間行事の一環として、飯塚市芳雄橋上流の遠賀川河川敷広場で『総合防災訓練』も行われました。
2011/9/19
一生懸命、練習にみなさん励んでいます。 10月23日に開催される、芦屋町制施行120周年記念事業「町民音楽祭」に向けて、男性29人、女性38人が参加して練習が行われています。 曲目は、「大地讃頌」ほか3曲で混声4部合唱など美しいハーモニーを奏でる曲ばかりです。 練習は18日までの毎週火曜日、芦屋町民会館で午後7時から行われています
2011/9/18
みんなで作った思い出は最高の宝物 夏休み最後の日曜日8月28日に鞍手町中央公民館で子どもフェスタくらてが行われました。 多くの人が来場されていました。 このフェスタは、鞍手町内の小学生31人が実行委員となり、鞍手竜徳高校、大和青藍高校や鞍手町子ども会連絡協議会から育った高校生たちが青年リーダーとして準備から運営まで協力し成功させました。
2011/9/17
頑張ろう東日本』8月5日、直方高校茶道部は、商店街の空き店舗を利用したチャリティ茶会と、東日本大震災への募金活動を行いました。 この日は、直方五日市が開催されており、また元魁皇関が新記録を樹立した後初めての五日市とあって、商店街は多くの人手賑っていました。 会場には多くの直方市周辺の市民が詰め掛け、部員らがたてたお茶を味わっていました。
2011/9/15
厚生年金保険の保険料率が、平成23年9月分(同年10月納付分)から、0.354%(坑内員・船員は0.248%)引き上げられました。  今回、改定された厚生年金保険の保険料率は「平成23年9月分(同年10月納付分)から平成24年8月分(同年9月納付分)まで」の保険料を計算する際の基礎となります。  健康保険の保険料率は都道府県毎の保険料率となります。
2011/9/14
『九州地方整備局と大規模災害支援協定締結』直方市は大規模災害が発生した場合に、8月24日、九州地方整備局と支援に関する協定を締結しました。 協定は、3日で約1000ミリの降雨量を記録した昨年の奄美豪雨災害などを教訓として、直方市単独では対応が難しい大災害に備えて常時情報交換を密にし、九州地方整備局が適切な支援を提供しようとするものです。
2011/9/13
遠賀町ふれあいの里で「流イキッズ交流会」が7月23日〜24日に開催されました。 交流会には、遠賀川上流域21人、遠賀川下流域から28人の子どもたちが参加し、宿泊を通して交流や遠賀川の水の大切さを水巻町にある遠賀川河川事務所で学びました。 穀物の成長にはきれいな水が不可欠です。 遠賀川の水の大切さを体験しながら学ぶことができた二日間でした。
2011/9/11
『福岡県民栄誉賞、直方市民文化栄誉賞表彰』8月20日、直方市の商業施設特設会場で、浅香山親方(元大関魁皇)への福岡県県民栄誉賞、直方市市民文化栄誉賞を贈る表彰式と記念イベントが開催されました。 魁皇の入場が迫ると会場に集まった1500人から魁皇コールが沸き起こり、入場の瞬間には大きな拍手と歓声に包まれ、ファンと記念イベントが行われました。
2011/9/10
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。   八幡西区にはたくさんの川が流れており、それぞれ独自の文化があります。 『風は西から』では、八幡西区内の川を歩き、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介します。 9月16日(金)〜30日(金)は 『堀川その1』 をお送ります。  J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで
2011/9/9
第62回全国労働衛生週間始まりました。 全国労働衛生週間は、昭和25年に第1回が実施されて以来、本年で第62回を迎えます。 この間、本週間(10月1日から7日)は、国民の労働衛生に関する意識を高揚させ、自主的労働衛生管理活動を通じた労働者の健康確保等に大きな役割を果たしてきたところです。 「見逃すな 心と体のSOS みんなでつくる健康職場」
2011/9/8
彦山川と中元寺川の合流点河川敷で、8月27日に『第6回福智町水と灯火の夕べ』が開催されました。 平成4年から地域の人と人、人と水とのふれあいをテーマに実施され、合併後は福智町の一大行事として定着したこのイベント。 福智町の中央にあたる会場には、浴衣の踊り手約150人が福智町各地から集結し、やぐらを中心に輪をつくって総踊りを披露しました。
2011/9/7
社会保険労務士による無料年金相談 年金についての各請求書、届書などの記入方法の説明や「ねんきん定期便」などの相談を行います。 場所は遠賀漁協協同組合本所(芦屋町西浜町)で9月20日と10月20日の午前9時から午後4時です。 身分証明書、ねんきん定期便、ねんきん特別便などを持参して下さい。 代理の方が来る場合は本人からの委任状等が必要です。
2011/9/5
宗像市では、ふれあいバスの路線などを10月1日(土)から改善します。 平成15年3月の大幅な路線改善以来、ふれあいバスの利用者は、改善の翌年に約2倍に増加、利用者は当初の3倍。  宗像市では、宗像市内の公共交通が充実したものになるよう、宗像市民のみなさんから寄せられた意見や要望を協議し、より便利なバスとして運行できるようにと考えています。
2011/9/4
世界史的に意義深い日本の近代化において、重要な役割を果たした筑豊炭田。 これらの記録文書は個人の記憶にとどまらない社会集団の記憶を具現化したものとして、高い評価を受けています。 今回、日本初のユネスコ世界記憶遺産に登録されたことを記念して『山本作兵衛コレクション展』 を9月17日から1月9日に田川市石炭・歴史博物館の第2展示室で開催します。
2011/9/3
『第15回水巻町精霊流し』 8月15日(月)水巻町の遠賀川伊左座河川敷を会場に第15回目となる水巻町精霊流しを開催しました。 今年も精霊流しの開催にあたり、御香典返しのご寄付、また当日会場内に設置しました雪洞献灯のご寄付をいただきました皆様方に深く感謝を申し上げます。 ゆっくりと川下へ流れ行く灯篭に手を合わせ見守っている姿が多く見られました。
2011/9/2
福岡県最低賃金の改正について福岡労働局長から福岡地方最低賃金審議会に改正決定に関する諮問が行われました。 福岡地方最低賃金審議会は、東日本大震災による影響等、諸般の事情を総合的に勘案し示された中央最低賃金審議会の目安を元に『福岡県最低賃金を1時間695円とする』と答申し、効力発生の日は法定どおり平成23年10月15日の見込みです。
2011/9/2
夏休み期間中に、保護者が留守になる家庭の児童を預かる、福智町社会福祉協議会主催の「かえるの学校」が、8月8日に福智町中央公民館周辺の清掃活動を行いました。 参加した児童39人が約2時間をかけて、ボランティア袋4袋分の空き缶やペットボトルなdのゴミを収集。 児童は「暑くて疲れたけど、きれいになってうれしい」と、満足そうに爽やかな汗を流していました。
2011/9/1
水巻町では、ごみのポイ捨て防止や環境美化意識の向上のために、清掃活動を一斉に行います。 皆さんの参加をお願いします。 水巻町内一斉清掃活動 9月11日(日)環境美化の日 問い合わせは水巻町役場環境保全係です。 皆さんの参加をお願いします。 側溝の清掃、公園の除草などを行う場合は、必ず自治会に届けてください。 回収が遅れる場合があります。
2011/9/1
国の重要文化財に指定されている茶釜が9つあり。 1つが天明釜、8つが芦屋釜です。 この天明釜のふるさとである栃木県佐野市と芦屋町との交流事業が、今年で18年を迎えました。 佐野市と芦屋町は茶釜が取り持つ縁で平成10年に親善都市を締結しています。 今年は、佐野市との青少年交流事業に芦屋町から小中学生25人が8月17日〜19日交流を深めました。
2011/8/31
宗像市教育委員会では、宗像市内全中学校の2年生約900人が、宗像市内事業所で「働く」ことを体験する中学生職場体験事業「ワクワクWORK」を9月12日(月)から実施。  生徒を受け入れる事業所は約250カ所です。  期間中、宗像市内事業所で頑張る子どもたちに温かい声かけをお願いします。   主体的に日々の学習活動に取り組むことを目的としています。
2011/8/31
バスツアーで国際交流しませんか? 芦屋町国際交流協会は今年で創立20周年。 そこで、外国の人を招待した今年のバスツアーは、一般公開されていない麻生本家の見学やのがみプレジデントホテルでの昼食、田川市石炭歴史博物館見学を予定しています。 9月10日(土)午前8時20分役場出発午後5時帰着予定です。 参加申込は芦屋町役場総務課庶務係まで。
2011/8/30
『飯まちプレミアム商品券』取扱加盟店募集中!! 飯塚商工会議所、飯塚市工会では、福岡県・飯塚市の支援を受けて昨年と同様に総額2億2千万円(プレミアム分含む)のプレミアム商品券を9月3日発売します。 取扱、取扱加盟店を募集したいます。 対象は飯塚市内で営業している小売・サービス・飲食・建設業です。 問い合わせは飯塚商工会議所と飯塚商工会本所。
2011/8/30
福岡県立大学で「男女共同参画社会」を研究している学生が、福智町役場内での男女共同参画に対する課題を社会調査実習するため、8月9日に福智町を訪れました。 20代〜50代の各年代に3人ずつに「男女で仕事内容が違いますか」など約2時間に及ぶ意識調査を実施。 若い世代の奮闘で、男女が多様な分野で能力を存分に発揮できる社会の実現を目指しています。
2011/8/29
成長への第一歩「少年の主張大会」8月7日、イイヅカコスモスコモンで、飯塚市青少年健全育成会連絡協議会が主催する「飯塚市少年の主張大会」が開催され、主張大会には、飯塚市内の13の中学校から選ばれた26人の生徒たちが、会場に訪れた大勢の人の前で、日常生活を通じて日ごろ考えていることを発表して、社会の一員への大きな第一歩を踏み出しました。
2011/8/29
「今年は下組が勝利」今年も約360年の伝統と誇りを守る鞍手町の無形文化財、永谷万年願盆綱が行われました。 午後7時30分、子ども綱の始まりです。 子ども綱の勝敗は、下組の勝利でした。 次はおとなたちの出番です。 太鼓の音を合図に鞍手町の歴史と伝統が託された綱を手に真教寺の坂道を駆け下る引き手たち。 伝統の綱を繋げていって欲しいものです。
2011/8/28
大分で一回り成長した子どもたち 福智町町民会議主催の『夏季少年のバス』が7月22日から2泊3日の日程で行われました。 参加した福智町内の小学生45人は、研修地の大分県マリンカルチャーセンターでスキューバダイビングやカヌーなど、仲間と交流を深めながら、故郷福智町にはない海での貴重な体験を満喫。 こんがり焼けた肌に夏の思い出を刻んだようです。
2011/8/27
田川科学技術高校から8月9日、田川市石炭・歴史博物館にベンチが寄贈されました。 ベンチは、木製で長さは1.8m。 田川科学技術高校生産意匠部の生徒が部活動の一環として約1週間かけて製作しました。 山本作兵衛さんの炭坑記録画などの世界記憶遺産登録により増えている来館者が、景色を楽しみながら気軽に休憩できるよう、2階のテラスに設置しました。
2011/8/26
飯塚市民祭「飯塚山笠 追い山」は8月15日に開催され各流れ激戦の末に二番山で出走した『西流』が見事優勝に輝きました。 7月14日には「子ども山笠大会」が開かれ、水法被に鉢巻をした締め込み姿の可愛らしい子どもたちが元気な掛け声とともに商店街を駆け抜けました。 今年から二瀬流が参加し五流れなった飯塚山笠を飯塚市民皆様の応援をお願いします。
2011/8/26
宮若市中央公民館図書室は10月1日から閉室します。 平成24年度に開館を予定している図書館を核とする生涯学習拠点施設開館準備のため、現在利用している宮若市中央公民館が閉室となります。 返却は、宮若市中央公民館内の事務室や若宮コミュニティセンター「ハートフル」で随時受付けています。 若宮コミュニティセンターの図書室は通常通り開室しています。
2011/8/25
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   9月1日(木)から9月15日(木)の特集 『市民センターだより』 は、永犬丸西市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/8/25
『おめでとう魁皇関』平成23年7月14日名古屋場所5日目、魁皇関による前人未到の記録1046勝の達成を目前に控え、魁皇関をみんなで一緒に応援しようと、直方市の商業施設「びっくり市」大型モニターの前に大勢のファンが詰め掛けました。 ひたむきに相撲に打ち込む姿は私たち直方市民の誇りです。 誰もが成し得なかった偉業達成。 本当におめでとうございます。
2011/8/24
飯塚商工会議所・飯塚市商工会では、飯塚市内で使える1セット10.000円で11.000円分のお買い物ができるお得な商品券『飯まちプレミアム商品券』を2万セット販売します。 販売期間は9月3日から12月27日まで ※売り切れた時点で終了します。 飯塚中心商店街において商品券の発売にあわせて富くじ抽選会を開催します。 この機会をお見逃しなく!! 
2011/8/24
「芦屋町うまいのものプロジェクト」を開始しました。 第1弾は芦屋町のうまいものを探そう。 芦屋町の家庭料理から「うまいのも」を発見。 試食会を開催しています。 9月17日に、1回目の試食会を開催しました。 メニューはかしわめし、豆乳スープ、ひきわりおからなどです。 ちょっとしたお祝いに適したメニューです。 第2弾は11月18日から試食会です。
2011/8/23
国民年金法の一部改正により、希望により保険料を納付することで、その後の年金受給につなげることができるように国民年金保険料の納付期間を2年→10年とする3年間の時限措置を行います。  国民年金の任意加入者について65歳までの任意加入した者について国民年金基金への加入を可能とし、受給額の充実を図ります。 確定拠出年金法の一部を改正します。
2011/8/23
『絆』〜小竹to小竹浜地区へ 7月16日、17日の2日間、中央公民間前駐車場で東日本大震災復興支援フリーマーケットinこたけ」を開催しました。 小竹町内外からたくさんのかたにご来場いただきありがとうございまし。盛況のうちに終わることができました。 皆さんの復興支援に対する熱い思いを切に感じました。 小竹町民の心意気を行動で示せたと思います。
2011/8/22
まごころ製品はいかがですか 宗像市役所内の福祉売店「ハートループ」が8月1日にオープンし、宗像市内の障害福祉サービス事業所で作る製品が購入できるようになりました。 開店と同時にが多くの人が訪れ、お目当ての商品を買いました。ハートループでは、これまで宗像市役所では購入できなかった切手やハガキ、宗像市指定のごみ袋なども取りそろえています。
2011/8/22
みんな頑張りました。 スポーツ編、第56回鞍手郡民体育大会が7月22日、31日、8月2日、7日に鞍手町、小竹町の各会場で行われました。 鞍手町、小竹町それぞれの代表選手が、さまざまな競技で熱戦を繰り広げました。 7月31日には鞍手町立体育館で第49回鞍手町子ども会体育大会が行われました。 今年は21チーム241人の子どもたちが参加しました。
2011/8/21
福岡県立美術館が長年集めてきた美術品を見ることができる『きぬたの里ミュージアム移動美術館展』を水巻町図書館で9月21日(水)〜10月10日(月)午前10時〜午後6時まで開催します。 移動美術館展は、美術館や博物館がないところに、福岡県立美術館の1万点ある所蔵品の中から選ばれたものが展示されているのです。 水巻町図書館へ是非お越しください。
2011/8/21
『直方市内小学校で地元産野菜給食提供』7月6日にJA直鞍による地元野菜とお米を使った給食が、直方市と鞍手・若宮地域の小学校で、1日限定で一斉提供されました。 新入小学校では、地域農業をテーマに、直方市周辺で野菜を作っているJA直鞍青年部が5年生に農業をテーマに授業を行いました。 この日は、JA直鞍青年部のメンバーらと一緒に給食を食べました。
2011/8/20
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置転換、労働契約など双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは実務経験豊富な社会保険労務士です。 9月3日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2011/8/20
若宮コミュニティセンター「ハートフル」で7月17日にオープニング記念イベントを行いました。 宮若市の地区拠点として宮若市民の皆さんが交流できる場。 図書室や健康増進室を始め、行政窓口や多目的ホールを有しています。 今回オープニングイベントとして宮若市立若宮中学校吹奏楽部の皆さんも駆けつけてくれました。 また、ぴあのリレーマラソンを実施しました。
2011/8/19
『筑前芦屋だごびーなとわら馬まつり』芦屋町に300年にわたり伝わる「八朔の節句」は、国の選択無形民俗文化財に指定されています。 この伝統文化を継承するため、だごびーなとわら馬を地域の人みんなで作り、盛大に飾る祭りが9月24日に行われます。 来場者には「八朔の節句」にちなんだもので無料で配ります。 ぜひ、芦屋町が誇る伝統文化をご覧ください。
2011/8/18
地デジ移行に関する準備やお困りごとの相談を受け付ける『地デジ臨時相談会』が7月4日から8日に福智町役場本庁舎で、7月9日に福智町日王の湯で行われました。 アナログ放送終了が間近に迫り、不安を抱えて訪れた53人は地デジ化に関する心配ごとを相談。 テレビ受信者支援センターの職員3人は、不安解消に努め、地デジ放送への早期対応を呼びかけました。
2011/8/17
『筑豊フェア2011』筑豊地域の魅力を都市圏に発信するため、筑豊フェア2011が福岡市天神中央公園「ふくおか交流お祭りひろば」(アクロス福岡南側)で平成23年9月17日11時から17時に開かれます。 小竹町からは、農事組合法人南良津獅子クラブが出展を予定しています。 会場では、筑豊地域の各市町村の名物料理や特色ある特産品などが販売されます。
2011/8/16
『東日本大震災に係る飯塚市職員派遣報告会』飯塚市では、東日本大震災の被災地支援のため、5月22日から1か月間飯塚市職員9名を仙台市へ、6月5日から9日間保健師2名を石巻市へ派遣しました。 家屋調査などに従事し千件を超える罹災証明発行等を行いました。 被災地の現状を飯塚市職員に伝えるため、7月27日に職員による派遣報告会を実施しました。
2011/8/12
『福岡死亡災害撲滅緊急対策』の実施について7月末現在の労働死亡災害件数は25件となり、前年同期の7件増という極めて厳しい状況にあります。 このような状況に歯止めをかけるため『福岡県死亡災害撲滅緊急対策実施要綱』を策定するとともに、災害の増加傾向が顕著な建設業陸上貨物運送業の関係労働災害防止団体4団体に緊急対策要請を実施しました。
2011/8/11
岡垣町内の飲食店を活性化させようと、えびつかぐや灯篭まつりの前夜祭として「がんばれ岡垣はしご酒まつり」を7月29日に催しました。 参加者には岡垣町の特産品、焼酎『岡垣』を置いてもらい、焼酎『岡垣』の普及拡大も兼ねています。 2回目となるこのまつりには、岡垣町内外から約250人が参加し、店の雰囲気を味わったり、4軒の店を「はしご」しました。
2011/8/10
飯塚市・嘉麻市・桂川町の消防団員や各関係機関が一堂に大地震による災害を想定した土砂災害からの救出訓練や避難誘導訓練、消防車による火災防ぎょ訓練などを実施いたします。 8月28日の日曜日、9時半から正午です。 場所は飯塚市芳雄橋上流左岸「吉原町駐車広場」を予定しています。 リハーサルを行います、問い合わせは飯塚地区消防本部・警防課。
2011/8/9
幻想的な光に包まれた『岡垣の夜』7月30日に多くの人たちの手で作られたおよそ2500本の灯篭が、JR海老津駅前の商店街を彩り、訪れた人たちの目を楽しませていました。 岡垣町商工会イベント会場では、演奏や出店がまつりを盛り上げ、フリーマーケットも賑わっていました。 岡垣国際交流協会が企画した、マルチメディア体験などにも多くの人が訪れました。
2011/8/8
『筑豊の「食」「文化」が大集合、筑豊フェア2011』筑豊地域のグルメや特産品、観光情報などを発信するイベントを9月17日に福岡市天神で行います。 今年は、宮若市からは、トヨタ自動車九州鰍フレクサス展示や、日本で初めて世界記憶遺産に登録された山本作兵衛に関する図録などの販売もあります。 また、抽選で素敵な景品が当たるスタンプラリーもあります。
2011/8/5
堂山には五輪の塔や石仏が多数発掘され、芦屋町文化財として保存されています。 これは、壇之浦の戦いに出陣した山鹿水軍の遺族や平家一門を弔ったものと言われています。 堂山保存郷土史を語る会では500本の苗を堂山東側に植林しました。 現在1m以上に成長しています。 今年も芦屋・若松海岸クリーンを9月11日に行い、草取りを一緒に汗を流しませんか。
2011/8/4
「高年齢雇用継続給付」「育児休業給付」「介護休業給付」の受給者の支給限度額等が平成23年8月1日から変わる場合があります。 上限額は、毎月勤労統計の平均定期給付額の増減をもとに、毎月8月1日に変更されます。 「就業促進手当の上限額についても変更となります。 雇用保険の基本手当の算定基礎となる「賃金日額」について下限額等も引き上げとなります。
2011/8/3
航空自衛隊芦屋基地では、3月11日に発生した東日本大震災に伴い、7月7日までの約4ヶ月の間、芦屋基地から延べ433人の隊員を被災地へ派遣しました。 主な任務は、被災者の捜索救難、装備品の差出し、被災地の被害復旧や民生支援などです。救難隊では、捜索救助活動を懸命に行いました。 なお、今後芦屋基地は、形を変えて、活動を継続していきます。
2011/8/2
田川市では、東日本大震災の被災地支援のため、職員派遣要請のあった宮城県石巻市へ3班に分けて田川市職員を派遣しました。 田川市では、3月14日から募金箱を田川市役所や各公共施設などに設置し、田川市民のみなさんにご協力をお願いしてきました。 7月12日までに総額が36,684,259円となりました。 長期的な支援を行うため引き続きご協力を。
2011/8/1
『さわやかむなかたのもり』地域密着型介護施設が9月1日宗像市自由が丘地区にオープンする予定です。 この施設は、宗像市の高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画に基づき、宗像市が公募した結果、選定された株式会社さわやか倶楽部が運営します。 可能な限り住み慣れた自宅や地域で生活を継続できるように、身近な市町村で提供される介護サービスです。
2011/8/1
『遠賀川河川敷一斉清掃』6月4日、春の遠賀川一斉清掃の直方地区で開催されました。 当日は、NEXCO西日本、河川敷で野球の練習をしている硬式野球チームJボーイズ、日本語学校の留学生の皆さん、その他遠賀川を愛する人、計528人が清掃活動に汗を流しました。 この日は3ヶ所に分かれて清掃作業が行われ、ごみ680kgを回収!熱心にごみを集めていました。
2011/7/31
宗像地区消防本部で7月23日、救急救命講習を受講。 宗像市女性消防団員の皆さんが「救命リレー」という内容で、救急救命士から指導を受けました。 骨折の応急手当、食べ物が喉に詰まった時の処置。 続いて、心肺蘇生法の講習 命を救うためには、いざという時の備えが大切です。 宗像市民の皆さんも救急救命講習会などの機会を見つけてみてはいかがですか。
2011/7/30
「宗像大島七夕まつり」は鎌倉時代から続く歴史があり、有名な七夕伝説にちなんだ言い伝えも残っています。 宗像大社中津宮の境内横には「天の川」が流れ、川の両岸には「牽牛神社」「織女神社」が祭られ、旧暦の7月7日に近い8月7日に毎年「宗像大島七夕まつり」を開催しています。 今年も島民の手作りによる竹灯ろうで、中津宮周辺を鮮やかに彩ります。
2011/7/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   8月1日(月)から8月15日(月)の特集 『市民センターだより』 は、大原市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/7/29
火災を想定した火災避難訓練を6月29日芦屋町立山鹿小学校で行いました。 遠賀郡消防署芦屋分署から担当官指導の下、家庭科室からの出火を想定した避難でした。 昨年より時間がかかりましたが、児童全員の避難を無事終了しました。 訓練として、職員が消火器の使い方を習いました。 山鹿小では火災対応、不審者対応、地震対応と毎年3回の訓練を行っています。
2011/7/28
弥生時代に触れる 5月末から作業を行なっていた福智町立伊方小学校の遺跡発掘現場で、福智町立伊方小学校2年生が7月12日に発掘作業を見学しました。 初めて見る光景に興味津々。 現場近くまで踏み入ることが許され、土器や住居の跡地を実際に触れることで、2千年以上前の生活や文化を身近に感じ、遺跡発掘調査は、8月中旬ごろまで行われる予定です。
2011/7/28
安全運転と譲り合いの気持ち 交通安全啓発運動が行われ、7月10日から19日は、交通安全県民運動の実施期間でした。 この期間中の7月13日、サングリーン鞍手の前で直方地区交通安全協会、福岡県トラック協会、鞍手ライオンズクラブ直方警察署による交通安全啓発活動「セーフティステーション」が行われました。 ルールを守って交通事故を防ぎましょう。
2011/7/27
世界の羽ばたく“いとだっ子”「2011年度糸田町子ども大使派遣事業事前研修」夏本番を前に、糸田町子ども大使派遣事業の季節がやってきました。 今年は糸田町の9人の子どもたちが本研修に向けて、英語スピーチやパフォーマンスの練習に励んでいます。  7月2日におこなわれた第3回事前研修では、サイパンから日本にやって来た直方市の方が講義をしました。
2011/7/27
「図書館ボランティア顕彰式」6月10日、直方市立図書館で、図書館ボランティアの顕彰式が直方市副市長を迎えて行われました。 直方市立図書館では、平成13年の新図書館オープン以来、多くのボランティアが直方市民のための活動を行っています。 このボランティアによる活動は、外部でも高く評価され、先進的な活動として多くの図書館からの視察を受けています。
2011/7/26
宗像市では、障がい者の就労支援として、障がい者の収入の確保や社会参加の促進を目的に、宗像市役所内に福祉売店『ハートループ』を8月1日(月)設置します。  この売店の運営に関わるのは、宗像市内の障がい者福祉施設のうち、自主製品の製作・販売を実施している5つの施設です。  自主製品の他、切手や宗像市指定のごみ袋、飲料、文具なども販売します。
2011/7/26
老人クラブ連合会による芦屋町戦没者慰霊町民盆おどり大会を8月16日に中央公園で行います。 盆おどりのほかに芦屋町の伝統芸能「はねそ」も行います。 また、飲食・お楽しみコーナーなどの出店もありまので家族そろってのご参加をお待ちしています。 また、前日の15日には芦屋橋山鹿側たもとで環境に配慮した「あしや精霊流し」が午後4時30分から行います。
2011/7/25
楽しい夏休みを安全に過ごすために7月10日に“社会を明るくする運動”強調月間にあわせ子供たちを水の事故から守ろうという啓発パレードが糸田町各地で開催されました。 また、パレード終了後、糸田町内7箇所に不審者注意・水遊び禁止などの危険防止看板を設置してまわりました。 今年もお互いに声を掛け合い、水の事故をなくし、明るい糸田町を築きましょう。 
2011/7/24
心と心をつなぐ踊りの輪 7月9日、田川市民会館で、盆踊り講習会が開催されました。 今年で12年目になる講習会には田川の踊りを田川の人に踊ってほしいと「炭坑節」、「田川小唄」、「河内音頭」などの馴染み深い曲目のほかに、「人生夢太鼓」、「東京スカイツリー音頭」などが取り入れられ、講師のきめ細かな指導に、受講生たちは汗を流しながら練習に励んでいました。
2011/7/22
重度知的障害者又は精神障害者(以下、対象労働者といいます)の雇用を促進し職場定着を図るため、対象労働者をハローワーク等の職業紹介により、継続して雇用するため労働者として雇い入れ、職場支援従事者(職場支援パートナー)の配置を行う事業主に対して助成します。  雇い入れた労働者及び職場支援従事者の配置にかかわる計画書をご提出いただきます。
2011/7/21
紙芝居の読み聞かせをおこなっている「おはなしの泌泉」と糸田町教育委員会から、紙芝居「たぎり」の絵本が発行されました。 この絵本は、糸田町の歴史に触れ、豊かな心に育って欲しいとの願いから、今年糸田小学校に入学した全一年生に配布されています。糸田町図書館にも蔵書がありますので、あたたかいイラスト満載の絵本で糸田町の歴史をひもといてみましょう。
2011/7/20
平成23年度全国労働衛生週間実施要綱が発表されました。  本年度は『見逃すな 心と体のSOS みんなでつくる健康職場』をスローガンとして全国労働衛生週間を展開し、事業主における労働衛生意識の高揚を図るとともに、自主的な労働衛生管理活動の促進を図ることとし、期間は10月1日から10月7日までとする。  9月1日から9月30日を準備期間とします。
2011/7/19
宗像市では、市民団体の「唐津街道むなかた推進協議会」と協力して、赤間宿と南郷地区の原町に案内看板と灯ろうを設置しました。 赤間宿には出光佐三翁生家や節婦阿政の碑、原町にはお大師様や旧南郷村役場などを紹介した看板を設置。 宗像市を訪れた人が街並みを歩きながら、歴史を学べるようになりました。 詳しくは宗像市商工観光課へ問い合わせください。
2011/7/19
鞍手歴史ボランティアの活動は平成16年度から始まり、主に資料館事業のサポートを中心に行っています。 特に平成19年度より行っている「子ども学芸員」事業では、年間を通じて鞍手町立の各小学6年生が行う「古代人の生活体験」学習で、火起こし、勾玉づくり、土器づくりなどや鞍手町内の遺跡見学を行う際のボランティアスタッフとして活動を行っています。
2011/7/18
税制改正法が6月30日に公布され、雇用を増やす企業を減税するなど税制上の優遇制度(雇用促進税制)が創設・拡充されました。  1年間で10%以上かつ5人以上(中小企業は2人以上)従業員を増やす等を満たした事業主に対する税制優遇制度が創設されました。  この優遇措置を受けるために必要な「雇用促進計画」の受付は、ハローワークにおいて開始されました。
2011/7/18
『こちら、福智町役場です!』6月17日に金田小3年生が福智町役場を訪問しました。 役場見学ははじめてで、仕事内容など14の質問をしながら福智町役場内を見回った子どもたちは、自分たちの生活と行政の仕事がつながっていることを少し実感できた様子でした。 福智町は合併から5年を経て住民サービス向上のために定期的に機構の見直しなどが行われています。
2011/7/17
日ごろの練習成果を披露 『ごとうじDreamNightV』 が7月3日、田川青少年文化ホールで開催され、約400人の観客が子どもたちの歌や踊りに魅了されました。 会場の受付や司会などは田川ジュニアリーダークラブが担当。 田川市立後藤寺中学校軽音楽部によるバンド演奏など6団体によるパフォーマンスが繰り広げられ、田川青少年文化ホールを沸かせました。
2011/7/13
飯塚市歴史資料館からのお知らせ 飯塚市出身の山本作兵衛氏の作品が世界記憶遺産に内定したことを記念して、炭鉱関係資料の展示コーナーを設けました。 @山本作兵衛氏関係資料 記録画(原画、田川市など所蔵分が世界記憶遺産に登録内定) A炭鉱関係の写真 三菱鯰田炭鉱、日鉄鉱業株式会社二瀬事業所など関係写真を多数展示ぜひお越しください。
2011/7/12
福智町生涯学習講座 上野焼や西日本に点在する陶芸産地の歴史を学び、伝統と革新が融合する現代の「陶芸」について福智町主催の勉強会を7月17日に開催します。 場所は『福智町中央公民館』です。 総合美術展の「日展」をはじめ、数々の美術展で入選歴を誇る世良彰彦氏を講師に招き、陶芸家としてこれまで培ってきた経験と知識をお話する勉強会を開催。
2011/7/11
『厳しい経済情勢下での労務管理のポイント』『労働条件特別相談窓口の設置』について、企業を巡る環境も厳しさを増しています。  労働条件の引下げや希望退職の募集、解雇など雇用調整を行わざるを得ないとする企業もみられます。 雇用調整助成金等の助成金の活用の他「ワークシェアリング」という方法もあります。 詳しくは当事務所等にお尋ねください。
2011/7/11
東日本大震災の被災地復興を支援するためトークショーとフリーマーケットを8月21日(日)宮若市宮田文化センターで行います。 トークショーには東北出身でプロ野球の横浜ベイスターズや大リーグで活躍した佐々木主浩さんがこれまでの野球人生や被災地の今を語ります。 今回の収益は全額義援金として復興に役たてられます。 フリーマーケットは入場無料です。
2011/7/10
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。   八幡西区にはたくさんの川が流れており、それぞれ独自の文化があります。 『風は西から』では、八幡西区内の川を歩き、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介します。 7月16日(土)〜31日(日)は 『黒川その2』 をお送ります。  J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで
2011/7/10
宗像地区急患センター30周年記念式典が6月23日に行われました。 宗像地区急患センターは、宗像医師会の管理運営のもと、宗像地区の初期救急医療施設として昭和56年3月31日に診療を開始。 現在では約15万人の人口をかかえる宗像地区(宗像市・福津市)のみならず、近隣市町(宮若市・岡垣町)にもなくてはならない医療機関として広く認知されています。
2011/7/9
でっかく、でかにんにく 水巻でかにんにく収穫 6月上旬から中旬にかけて「みずまきでかにんにく」の収穫が行われました。 水巻町内の農家の皆さんの手で大切に育てられたでかにんにくですが、今年は天候不順のため、収穫量は昨年よりも少なく約1トンとなりました。 乾燥の工程を経て、にんにくは農産物直売所夢工房を始め水巻町内の商店の店頭で販売されます。
2011/7/8
東日本大震災で被災した子どもたちに役立ててもらおうと、遠賀中央幼稚園が送迎用のバス「なかよし号」を、宮城県仙台市のボランティア団体に6月3日に寄贈しました。 バスは、買い替えに伴って使わなくなったマイクロバス。 車内には園児の保護者や遠賀町内外の業者から寄せられた文房具などがいっぱい積み込まれ、ボランティアや支援物資を輸送して活躍中です。
2011/7/8
宗像高校電気物理部がロボカップ世界大会出場 トルコのイスタンブールで7月7日から開催される世界大会に出場する宗像高等学校の電気物理部が6月24日、宗像市長を表敬訪問しました。  『宗像校アマテラス』は福岡県大会と九州大会で優勝。  全国大会では4位の成績を残し世界大会への出場権を獲得しました。 宗像高電気物理部の世界制覇を期待しています。
2011/7/7
宗像市では、洪水など大規模災害の被害拡大を防止することを目的に6月28日、国土交通省九州地方整備局北九州国道事務所と「大規模災害時の応援に関する協定」を締結。 県内では初の協定締結です。  調印式には宗像市長をはじめ、北九州国道事務所長らが出席しました。  これにより地方整備局が所有するヘリコプターの出動を依頼することができます。
2011/7/7
泥まみれになって遠賀町の自然の豊かさを感じてもらおうと、遠賀町商工会青年部が主催して行われた『おんが泥リンピック2011』。 6月19日、遠賀町役場前の田んぼを舞台に、約180人の選手らが全身泥まみれになりながら、泥フラッグやバレー、障害物競走などで楽しみました。 泥フラッグでは、転ぶ選手や豪快に駆け抜ける泥しぶきが会場に舞い上がりました。
2011/7/6
『直鞍造園組合』直方市長のもとを5月17日に訪れ、会員で集めた被災地支援のための義援金直方市に寄託しました。 6月1日には『直方チューリップまちづくり協議会』の方が直方市長を訪れ、今年のチューリップフェア会場で募った被災地への義援金を直方市に寄託しました。  6月14日には新入和樂太鼓の代表者らが直方市を訪れ、義援金を寄託しました。
2011/7/6
『田川音楽協会』は、6月23日(木)から29日(水)男女共同参画週間「ゆめっせフェスタ2011」でオープニング演奏を行います。 音楽文化環境づくりのお手伝いをすることを目的に、平成12年4月に設立しました。 田川地区で活躍する音楽家(田川音楽協会会員)による生の演奏を直接体験し、また触れて頂くことによって音楽に親しんでもらう活動を行います。
2011/7/5
『東日本大震災復興支援フリーマーケット in こたけ』 被災地の復興は、まだまだ進んでいません。 皆さんの力をお貸しください。 小竹町から、宮城県石巻市小竹浜小竹への名前の「緑」を「絆」に変えて! 7月16日、7月17日11時から15時まで小竹町中央公民館前広場で被災者に義援金を送るためのイベントです。  小竹町民の心意気を行動で示したいと思います。
2011/7/4
旧アクシス玄海が、新たに郷土文化学習交流施設として平成24年春、リニューアルオープンします。  宗像市には、宗像大社、沖ノ島をはじめ、豊かな自然とその中で育まれた多彩な歴史文化遺産があります。  郷土文化学習交流施設は、宗像市全域に点在する自然や遺産を結んでいます。  宗像市では、施設に親しみを持って利用してもらうための愛称を募集します。
2011/7/4
力よ集え!キャッチ、ロー 5月21日、遠賀川漕艇場で開催された『第13回おんがレガッタ』。 毎年、九州朝日レガッタと同時開催されていて、遠賀川漕艇場には九州や中国・四国地方から約100クルー・300人以上の選手らが集まりました。 選手らはチームメイトの声援を受けながら、コックスの「キャッチ、ロー」のかけ声に合せて、オールを力強くこぎました。
2011/7/3
みんなの力で、岡垣の海岸をきれいに 6月19日「ラブアース・クリーンアップ2011」子どもから年配の人まで、1417人が参加しました。 およそ2時間の活動で、集まったごみの量は約12.8t。 ウミガメが帰ってくる時期を前に、多くの人の協力で岡垣の海岸をきれいにすることができました。 参加者からは、きれいな海岸を維持できるように頑張りたいと。
2011/7/3
小竹町商工会では、小竹町と福岡県の協力を得て、商工業の振興や元気なまちづくりのため、小竹町の事業所で使えるプレミアムが10パーセントついた商品券を販売します。 登録説明は、7月26日(火)19時から小竹町商工会館で小竹町内の店・事業所です、取扱店を募集します。個店の販売促進や、新規顧客獲得の一助として、ぜひ取り扱いされますように案内します。
2011/7/3
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  7月16日(土)から7月31日(日)の「川を歩いてみよう」の放送は、 八幡西区にはたくさんの川が流れており、独自の文化がある。 番組では、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介する。 『黒川その2』をお送りします。 J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/7/2
建設事業を営む事業主の皆様へ 「労務費率調査」のご協力の依頼。  労災保険料は、賃金総額に労災保険料率を掛けて計算します。  建設事業は数次の請負によって行われるのが常態ですので、賃金総額を算定することが困難な場合があるため、請負金額に労務費率を掛けた額を賃金総額とすることが認められています。  調査の目的からご協力お願いいたします。
2011/7/2
地震による津波被害の対応を想定して遠賀郡4町の住民や福岡県内の消防、警察、自衛隊、海上保安、医療機関、ボランティア団体、約1300人が参加して、防災訓練が芦屋港を主会場として6月5日福岡県総合防災訓練が行われました。 訓練は福岡県北西沖を震源とする地震が発生、遠賀郡などで震度6弱が記録されたと想定して実践さながらの訓練が行われました。
2011/7/1
宗像市を拠点に活躍しているラグビーチームの福岡サニックスブルースJR九州サンダースのメンバーが、ファンや宗像地域住民らと6月25日サニックス玄海グランドで『2011むなかたサンセットフェスタ』の楽しいひとときを過ごしました。  途中、雨に見舞われましたが、ラグビー体験ゲームに参加した子どもたちは『全部楽しかった』と選手との交流に満足したいました。
2011/7/1
安全安心な町づくりのために 6月3日、小竹町の体育館で直方市・鞍手町・小竹町から各種団体・行政機関が参加し『直方・鞍手地区暴力追放住民大会』が行われました。 この日は、暴追宣言「住民は勇気を出してがんばるぞ」が昭和され、体育館駐車場において、青色防犯パトロールカーの出発式が行われました。 町民一丸となって、この町を守っていきましょう。
2011/6/30
夏休みを迎え、中学・高校生をアルバイトとして使用することが多くなる時期となりました。 18歳未満の年少年をアルバイト等で雇用する際にも、労働基準法等の法律を守らなければなりません。 18歳未満の年少者は、原則として、1週40時間、1日 8 時間を越えて労働や、各種の変形労働時間制のもとで労働させることは出来ません。 詳しくは当事務所へお尋ねください。
2011/6/30
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは実務経験豊富な社会保険労務士です。 7月14日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2011/6/29
宮若市高齢社大学の開講式が 6月23日、マリーホール宮田で行われました。 宮若市に住んでいる60歳以上の皆さんが生きがいある生活を続けていくために行われている講座で、一年間をかけて取り組んでいきます。  百五十一人の応募がありました。  友人との出会いの場でもある宮若市高齢者大学。  それぞれ絵手紙、民謡などの講座に分かれて学んでいきます。
2011/6/29
車は急に止まれない 春の交通安全県民運動期間中の5月18日、直方市直方自動車学校で第25回親と子の交通安全教室が開催され、小竹町からは小竹北小学校、小竹西小学校の新一年生が参加しました。 急ブレーキ、横断歩道の渡り方について、直方自動車学校の教官が実演しました。 自転車がトラックに巻き込まれる様子やはねられる様子を肌で感じていました。
2011/6/28
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   7月1日(金)から7月15日(金)の特集 『市民センターだより』 は、折尾西市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/6/28
『あた〜らしい あ〜さが来た♪』7月21日、芦屋町総合運動公園中央グラウンドで夏季巡回ラジオ体操・みんなの体操会が行われ、朝6時30分からNHKラジオで全国に生放送されました。 ラジオ体操は芦屋町町制施行120周年を記念して行われたもので、子どもから年配の人まで、1000人以上参加しました。 健康のために、あなたもラジオ体操を始めてみませんか。
2011/6/27
水巻町内に地デジ臨時相談コーナーを開設します。  2011年7月24日までにアナログテレビ放送は終了し、地上デジタル放送(地デジ)に完全移行します。  今回、臨時の相談窓口を「水巻町役場1階ロビー」「水巻町図書館」に開設します。 デジサポ福岡では設置への疑問に、休日も電話で相談に応じています。 7月からの地上デジタル放送の受信に備えましょう。
2011/6/27
被災地の復興を願って 東日本大震災の被災地に対する支援のため、遠賀町内の公共施設に義援金箱を設置し、5月26日現在、遠賀町民の民さんからお寄せ頂いた総額は、4.486.583円となりました。個人だけでなく、団体など多くの方から復興への支援とあたたかい気持ちを頂いた義援金は、日本赤十字・共同募金会を通して、被災地の皆さんの支援に役立てられます。
2011/6/26
『心に響く音の世界』 若手音楽家の登竜門とされ、今年で30回目となる 『飯塚新人音楽コンクール』 が6月5日にイイヅカコスモスコモンで開催されました。 『おっきく育ちますように!!』 6月9日、飯塚市役所、福岡嘉穂農協、飯塚市食進会、飯塚市内代表直売所等で組織する 『飯塚市地産地消推進協議会』 の方々が、児童と一緒に田植えの体験実習を行いました。
2011/6/25
福岡県と遠賀郡4町が主催し、芦屋港(芦屋町)を主会場に、県内の消防や警察、遠賀郡内の消防団や住民など約1300人が参加して6月5日『福岡県総合防災訓練』が行われ、岡垣町内では、老人ホームからの避難訓練がありました。 岡垣町からも岡垣町消防団や岡垣町社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会などが参加し、それぞれの訓練に取り組みました。
2011/6/25
「交流で農業の未来を」 6月18日、小竹町保健センター横の農業体験ほ場で小竹町内3小学校4・5・6年生の子どもたちが農業体験を行いました。 農業体験は、生産者の指導を受けながら、作物を育てるところから食べるところまで一貫した「本物体験」の機会を提供する取組を行うことを目的に、南良津獅子クラブと今年度から小竹町が新たに取り組んでいる事業です。
2011/6/24
水難事故に備えて『田川地区消防署水難救助訓練』6月14日から17日、田川市奈良の中元寺川水辺公園で、田川地区消防署による水難救助訓練がありました。 4日間の訓練の初日は、14人の潜水隊員を含む約30人の田川地区の防災を担う隊員が参加しました。 水中を検索するバディー検索や誘導ロープに隊員を配置し水中を検索する直状検索訓練を行いました。
2011/6/24
『小竹町から職員を派遣』東日本大震災では、市役所などの公共機関も大きな被害を受けました。 被害を受けた市役所等の業務を支援するため、小竹町は5月15日から9日間、宮城県松島市に小竹町職員を派遣しました。 派遣先では、被災者に罹災証明書を発行し、がれきの撤去などの活動を行いました。 小竹町では、要請に応じて小竹町職員を派遣していきます。
2011/6/23
福岡県立大学で遠賀川の河川環境を考える『ILOVE遠賀川流域住民交流会in田川』が6月11日に開催されました。 約100人の参加者たちが、川の水質浄化策などに耳を傾けました。 交流会はNPO法人遠賀川流域住民の会と田川ふるさと川づくり交流会が主催し、住民間の交流を通してごみ問題や環境改善などに取り組むため、年1回流域の自治体で開催しています。
2011/6/22
田川市糒の彦山川で田川市内の小学生が参加して『タガッパ学校2011in田川』が6月4日、開催されました。 イベントは子どもたちに彦山川の河川環境を体で感じてもらうことを目的に、田川ふるさと川づくり交流会が主催し、毎年この時期に開催しています。 子どもたちは、網でエビやヤゴなどの水生生物を捕まえ、透視度や薬品を使って彦山川の汚染度を調査しました。
2011/6/21
岡垣町のおいしい水と水の大切さを知ってもらおうと、岡垣町浄水場で6月4日に催され、約700人が訪れました。 3種類の水(@岡垣町の地下水A北九州市の水道水のうち遠賀川水系の水B岡垣町の水道水)の飲み比べ、施設見学などがありました。 このほか、金魚すくいやヨーヨーつり、わた菓子、かき氷、バナナのたたき売りなども行われ、大いに盛り上がりました。
2011/6/19
遠賀町環境基本計画の策定を記念して「幸せの経済学」の上映会が、遠賀町中央公民館で5月22日に行われました。 遠賀町は、豊かな自然を次世代に引き継ぐため「遠賀町環境基本計画」を策定。 上映の前に遠賀町町長が挨拶。 遠賀町では環境基本計画に沿って、住民や団体、事業所、行政が一体となって取り組み、遠賀町らしい環境像の実現を図っていきます。
2011/6/18
『水巻町ボランティア連絡協議会10周年記念』が6月4日に水巻中央公民館でありました。  このイベントは10年間の活動の集大成として「いつでも・どこでも・だれとでも 楽しくささえ合う」をテーマに、式典やステージ、作品展示などの内容で行われました。  ステージの後には、カレーが会場を訪れた水巻町の皆さんにプレゼントされ、楽しいひとときとなりました。
2011/6/17
東日本大震災への継続的な支援が不可欠です。 芦屋町の取り組みを紹介します。 競艇の施行者である芦屋町から支援のため、5月10日から18日まで、職員を派遣しました。 芦屋町では、6月・7月と町村会などを通して随時、派遣し、東北地方の復興の支援を行う予定です。 芦屋町では、3月14日から義援金活動を行っていますが、5月末までに日本赤十字社に送金。
2011/6/16
賃金構造基本統計調査は、主要産業に雇用される労働者について、その賃金の実態を労働者の雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数及び経験年数別の明らかにすることを目的として、毎年6月(一部は前年1年間)の状況を調査している調査です。  労働政策研究・研修機構HPにデータが搭載されていま。  皆様の御協力宜しくお願い致します。
2011/6/15
『芦屋町制施行120周年記念あしや花火大会2011』7月23日(土)午後8時〜9時 雨天時は、翌24日(日)に順延します。 花火大会当日は、芦屋町内全域で一般車両の乗り入れ制限と一部交通規制を行います。 規制時間内は、交通規制道路以外でも、車での移動はできる限り行わないでください。 芦屋町外へ通勤している人は、規制時間前までに帰宅するように。
2011/6/14
遠賀郡消防署管内で6月5日に30年ぶりに『福岡県総合防災訓練』が実施され、住民・行政・自衛隊・警察・消防団・各種関係団体など150団体1300人が参加しました。  この『福岡県総合防災訓練』では、関係機関の連携強化、住民の防災意識の高揚、参加者の技術向上を目的としています。  津波被害を想定した訓練にも力を入れた大がかりなもとのとなりました。
2011/6/13
宗像市と福岡ソフトバンクホークスとの連携協定に基づく事業の一環として、5月31日と6月1日に実施された対中日ドラゴンズ戦に「キッズ招待」が実施されました。 宗像市では、学童保育、幼稚園や保育園を通じて、約5000枚の招待券を配布。 当日は、目の前で繰り広げられる試合に、興奮した様子でした。 今後もホークス主催の試合への優待などを予定しています。
2011/6/12
地域交流センター前広場にて、宮若市消防団が水防訓練を5月31日に行いました。  梅雨時期の水害に備え、土のうを準備することが目的です。  200人の団員は手際よく作業を行い、約2000袋の土のうを完成。 これらは宮若市消防団各分団の詰め所に配置し、水害被害に対応できるように配備しています。  6月 2 日には宮若市役所で組織動員訓練を実施しました。
2011/6/11
安全で安心な地域づくりを目指して6月3日、小竹町町民体育館で直方・鞍手地区暴力追放住民大会が行われました。  安全安心まちづくり推進協議会副会長の小竹町町長が大会決議書を読み上げ、直方地区地域安全推進隊生活安全指導員を宣言しました。  直方・鞍手地区で防犯活動にいる小竹町住民を含めた約300人が地区暴力追放住民大会に参加しました。
2011/6/10
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、6月14日火曜日に 『ハローワーク戸畑2階会議室』 で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。 助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/6/9
水巻町歴史資料館で6月11日から「中央四国八十八ヶ展」が開催されます。 遠賀郡周辺で明治時代以降から続く四国地方の八十八ヶ所を模した札所があり、お遍路さんが毎年4月と9月に町内の札所をめぐる「千人参り」という行事が行われています。  水巻町など遠賀郡各地の札所やその由来などを関連資料や写真で紹介します。 歴史資料館で29日まで開催します。
2011/6/8
最低賃金の引き上げに向けて、2種類の支援事業が開始されました。  平成23年度から最低賃金の引き上げにより最も影響を受ける中小事業主に対して@ワンストップ無料相談支援事業A事業場の最も低い時間給を計画的に800円に引き上げるため業務改善を実施した場合に、費用の2分の1の助成金を支給する業務改善助成金事業を厚生労働省が始めました。
2011/6/7
愛好家の力作60点が並ぶ 『春季さつき展示会』 が5月28日・29日の両日、田川市田川郡のさつき愛好家15人でつくる「田川さつき愛好会」田川市文化センターで開催され、2日間で約300人が訪れました。 会場には、会員らが丹精込めて育てたさつきの盆栽約60点が展示され、観賞に訪れた人たちは、白やピンクなど色とりどりのさつきに見入っていました。
2011/6/6
芦屋町を再発見! 「芦屋かるた」の読み札を6月30日まで募集します。 芦屋町では、芦屋町町制120周年を記念し、芦屋町の歴史・文化・自然をテーマにした「芦屋かるた」を制作します。 大人から子どもまで、かるた遊びの中で郷土の知識を深め、芦屋町を愛する心を育んでいけるような内容にしたいと考えます。 応募先は芦屋釜の里に郵送または持参してください。
2011/6/6
小竹町児童館では、平成23年4月から乳幼児室に「ままごとコーナー」や「絵本の読み聞かせコーナー」を新しく設け、親と子が一緒に遊び、ふれ合える空間に生まれ変わりました。 ほかにも遊戯集会室では、バランスボールや卓球、バトミントンなどの遊具も準備しています、遊びに来ませんか。 児童・生徒の皆さんが勉強できる場所があります、是非『小竹町児童館』
2011/6/5
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。   八幡西区にはたくさんの川が流れており、それぞれ独自の文化があります。 『風は西から』では、八幡西区内の川を歩き、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介します。 6月16日(木)〜30日(木)は 『黒川その1』 をお送ります。  J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで
2011/6/5
青空の下、岡垣町の特産品本格焼酎「岡垣」の原料となるサツマイモ「黄金千貫」の苗を西黒山区内の畑約0.8haへ5月21日に植え付けました。 この日の作業には、岡垣町認定・志向農業者連絡会を中心に、松ヶ台西区の子ども会やシルバー人材センター、こすもす園、特産品を育てる会などから約350人のボランティアが参加。 10月の下旬に収穫する予定です。
2011/6/4
安心・安全な水を途絶えることなく届けるために 6月1日〜7日は「水道週間」です。 飯塚市の水道の水は、飯塚市内14ヶ所の浄水場で、平均4万800?の水道水を作っています。 浄水場では、24時間体制で水質管理にあたっており、皆さんのお宅に送水した後も飯塚市内各地の蛇口で採取した水道水の水質検査を行っています。 飯塚市上下水道局 忠隈523番地
2011/6/4
芦屋町では芦屋町制施行120周年を記念し芦屋町の皆さんが持っている「古美術品」「記念品」を出品してもらい、「我が家のお宝展」を開催するため準備を進めています。 鑑賞する中で郷土の知識を深め、芦屋町を愛する心を育んでいけるような内容にしたいと考えています。 募集締切は6月30日まで「芦屋歴史の里」に申し込み下さい。 展示期間は8月9日から21日。
2011/6/3
東日本大震災で宗像市民の防災意識が高まる中、宗像地区消防本部で5月27日『安全・安心むなかた・ふくつパートナーシップ協定』が締結されました。 協定を結んだのは、宗像市と福津市、両市消防団、宗像警察署、宗像地区消防本部の6団体です。 実践活動として「防災合同パトロール」「交通安全県民運動期間」など情報を密に連携しながら活動を実施します。
2011/6/3
夏だ!あしやの海へ行こう!芦屋海水浴場を開設。 開設期間7月2日から8月14日 問い合わせは芦屋町観光協会まで レジャープール「アクアシアン」オープン!営業期間は7月9日から8月31日までです。 アクアシアンから芦屋海水浴場へ出入りできます。 海浜公園駐車場が夏の間、有料となります。 「夏だ!体を動かそう」総合運動公園で体を動かしませんか。
2011/6/2
平成21年度から、年度更新の手続は6月1日から7月10日までに行っていただくことに変更になりました。 平成23年度は6月1日から7月11日となっています。  労災保険料率として適用される料率は、平成21年4月1日改定の料率から変更ありません。 雇用保険料率は平成22年4月1日に改定され、一般拠出金は賃金総額に定率を乗じた額を納付してください。
2011/6/2
『みんなで一緒に海岸をきれいにしよう!!』 毎年6月に 「ラブアース・クリーンアップ」 として、岡垣町全体で海岸を清掃しています。 去年は約1700以上の人がこの催しに参加し、約11tのごみを回収することができました。 自然豊かな岡垣町。 もうすぐウミガメも帰ってくる季節です。 自然の恵みに感謝しながら、私たちの手で美しい岡垣町の海岸を守りましょう。
2011/6/1
道の駅むなかたで「宗像バーガーポケット」販売開始!! 販売元の「むなかた特産品でまちづくりの会」は、宗像ならではの新たな特産品を開発するため、(株)正助ふるさと村宗像市、(財)むなかた地域農業活性化機構などの協力でスタートした団体です。  宗像産の牛肉、宗像産の米粉などを使った、惣菜パンの開発に着手。  宗像産のおいしさを味わって下さい。
2011/5/31
水巻町の中学校で春季体育大会が 5月22日に開催されました。 雨が降り続き、 1 時間遅れの開催。 願いが通じ、開催とともに徐々に晴れ間が広がります。水巻南中学校でもグランドコンデションは良くありませんが、水巻南中学校魂。 熱い戦いが繰り広げられました。 大縄跳びやむかで競争では、みんなが楽しそうに競いあい、応援席から大きな声援を受けていました。
2011/5/31
岡垣町の自然や農業とのふれあい、その大切さを実感して農業への理解を深めてもらおうと、岡垣町認定・志向農業者連絡会が実施しています。 風が強く少し肌寒かった5月14日に岡垣町内外から参加したオーナーが、丁寧に苗を植えていきました。 田んぼの感触に、子どもたちは楽しそうに歓声を上げていました。 この日植えた稲は9月ごろに収穫される予定です。
2011/5/30
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   6月1日(水)から6月15日(水)の特集 『市民センターだより』 は、折尾東市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/5/30
遠賀郡内の区長など約100人が集まり、岡垣町総合グラウンドで5月14日に『遠賀郡区長会連合会グラウンドゴルフ大会』が催されました。 これは今年が初めての試み、日ごろ接することの少ない他町の区長同士が軽スポーツや懇親会を通して、親睦を深めてもらおうと、岡垣町自治区長会長の発案で行われたものです。 楽しいひとときを過ごし、親睦を深めていました。
2011/5/29
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、6月7日火曜日に 『ハローワーク戸畑2階会議室』 で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。 助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/5/29
太鼓と鉦、心地よいお囃子が鳴る、糸田町内各地で気勢があがる。 糸田町の誇り『糸田町祇園山笠』が5月14日、15日に盛大におこなわれました。 大小16基の山笠が今年も盛大に糸田町内を回った。 大山の重量は2トンを超えて「エンヤヤッサー、コーラーヤッサ」のかけ声とともに、7メートルにもおよぶ山笠が宙に上がり、糸田町中を二日間は山笠の虜になる。
2011/5/28
今年で22回を迎える八幡西区の『折尾まつり』は、昭和63年に行われた『折尾スプリングフェスティバル』がまつり発足の契機となり、今では八幡西区の折尾地域を代表するイベントとなりました。 「”まちじゅうがキャンパス・世界のトモダチ”学研都市ORIO」をキャッチフレーズに開催される八幡西区の「折尾まつり」国際色豊かでバラエティに富んだイベントが楽しめます。
2011/5/28
初夏の鞍手に快音を響かせ 澄み切った青空の中、鞍手町民グラウンドと鞍手町立野球場で5月8日に開催された鞍手町ソフトボール大会。 今年で36回を数えるこ大会には13チームが参加し、初夏の鞍手の空に快音を響かせていました。 絶好のソフトボール日和に選手たちは気持ちよく汗を流せたことでしょう。 優勝は新中山区、準優勝は城ヶ崎区、B立林区・新北区
2011/5/27
ゴーヤの植付け会(緑のカーテン)を実施しました。 地球温暖化の防止や省エネ対策を目的とする緑のカーテンエコプロジェクトが5月14日、飯塚市役所正面玄関駐車場で開催され、親子連れなど約100人が参加しゴーヤの植付けを行いました。 今回、植付けされたゴーヤは120株で、うち46株は飯塚市役所正面玄関入口両側に植樹されています。 是非ご覧ください
2011/5/27
まだまだ続く支援活動 東日本大震災の支援活動においては、各地域、団体でさまざまな支援が行われています。 5月6日のこの日は、鞍手駅において鞍手ライオンズクラブが街頭募金活動を行いました。 まだまだ支援が必要な被災地へ向け、さまざまな形で支援が行われています。 鞍手ライオンズクラブのみなさんは、今後もさまざまな形で支援を続けていきます。
2011/5/26
クリーンアップ田川 5月17日、東鷹高等学校3年生約230人が、石炭記念公園周辺、伊田駅周辺、田川市役所、田川警察署周辺、総合体育館周辺、東鷹高校周辺などで清掃活動を行いました。 これは、地域の清掃活動を通して、公共心や郷土愛を養い、地域に信頼される学校づくりを目指すため、同行で毎年実施しているものです。 参加した生徒たちは、満足そうでした。
2011/5/26
芦屋町図書館が、6月26日にリニューアルオープンして1周年を迎えます。 1階は森をイメージして、2階は海をイメージした落ち着いたスペースに作られています。 芦屋町内外からたくさんの人が利用しています。 芦屋町図書館は、だれでも気軽に立ち寄ることができ、明るい空間でゆったりした時間が過ごせるようにしています。 芦屋町図書館への要望をお寄せ下さい。
2011/5/25
旧直方駅舎の保存活用を求める市民団体「直方文化遺産研究会」の会員らが、5月12日に直方市長の元を訪れ、3月下旬以降に集めた署名8766人分を直方市長に旧直方駅舎の保存活用を求める追加署名を提出しました。 計画では、交通結節点改善事業のため旧直方駅舎は取り壊す予定。 会は「本格的な調査実施、旧直方駅舎保存と事業の両立を」と訴えました。
2011/5/25
『第7回遠賀ライオンズ旗争奪遠賀・中間剣道大会』に出場!芦屋町総合体育館で5月8日に大会が開催され、小中学生186人が参加する中、芦屋町正剣会からも21人が参加しました。 芦屋正剣会では会員を募集しています。 芦屋小学校の体育館で稽古をしていましたが、工事で使用できないため、10月中旬まで芦屋町総合体育館で午後6時から稽古をしています。
2011/5/24
東日本大震災で被災した宮城県東松島市の市職員の事務を手助けするため、福岡県と市町村の福智町を含む合同チーム15人が4月27日に出発し、5月5日まで支援を行ってきました。 今回のチームには、福智町職員が参加。 出発式で被災地復興の意気込みを語り、福智町町長から激励を受けました。 福智町では、今後も継続して被災地復興支援を続けて行きます。
2011/5/24
遠賀町の魅力や自慢の特産品を知ってもらおうと「春まつりおんがまるかじりフェスタ」が、今年は東日本大震災復興支援チャリティーとして4月29日、遠賀総合運動公園で開催されました。 地震発生後3ヶ月を過ぎた現在でも9万人を超える人たちが未だに避難生活を余儀なくされています。 義援金や販売などによる収益の一部は、日本赤十字・共同募金を通じて寄附します。
2011/5/23
労働保険年度更新について(お知らせ) 平成23年度の年度更新の手続きは『6月1日(水)〜7月11(月)日』までにお願いします。  平成21年度から申告・納付時期が変更になりました。  労働保険料の算定方法は変わりません。  年度更新申告書は、例年6月1日に発送されています。  平成23年度は、雇用保険料率及び労災保険料率の改正はありません。
2011/5/22
宗像警察署管内の交通死亡事故件数が4件となり、5月15日、東海大学付属第五高校で開かれた「宗像・福津交通安全大会」の中で、「交通死亡事故多発警戒宣言」を発令しました。 福岡県では過去に、県知事による宣言が発令されましたが、同管内では、今回初の発令となりました。 宗像市・福津市を代表して小山市長が「多発する交通死亡事故をの抑止」を宣言しました。
2011/5/21
交通事故を防止しよう。 5月11日、飯塚市文化会館イイヅカコスモスコモンで「春の交通安全県民運動・飯塚地区住民大会」が開催されました。 大会では、自転車の安全運転の推進や横断歩道を渡る際の安全確認など、集まった参加者たちに「子どもと高齢者の交通事故防止」を呼びかけ、福岡県警交通企画課の寸劇「かぐや姫」が披露され、会場を楽しませてくれました。
2011/5/21
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、人事、配置転換、労働契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは実務経験豊富な社会保険労務士です。 6月4日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2011/5/20
『車は急には止まれない』 春の交通安全県民運動期間中の5月18日、直方自動車学校で「第25回親と子の交通安全教室が開催されました。 小竹町からは小竹北小学校、小竹西小学校の新1年生が参加しました。 急ブレーキ、横断歩道の渡り方について、教官が実演しました。 自転車がトラックに巻き込まれる様子やなど子どもたちはその怖さを肌で感じていました。
2011/5/19
トヨタ自動車九州第2塗装課の皆さんが地域貢献 5月14日、宮若市の緑ヶ丘幼稚園でトヨタ自動車九州株塗装部第2塗装課の皆さん30人が園舎や遊具に塗装作業を行うボランティア活動を行いました。 この活動は宮若市とトヨタ自動車九州との地域連携活動の取り組みの1つでもあります。 ピカピカになった遊具や園舎を登園してきたときの園児の反応が楽しみです。
2011/5/18
平成22年は記録的な猛暑となり、夏期(7月〜9月)の熱中症による救急搬送人数は全国で53.843人にのぼりました(昨年同時期は12.971人、総務省消防庁)。 また、職場における熱中症による死亡者は33名にのぼり、きわめて高い発生状況となりました(平成22年9月1日厚生労働省速報値)中災防では、熱中症予防のためのセミナーを全国で開催する予定です。
2011/5/17
『飲酒運転撲滅を誓う』 宮若市のマリーホール宮田で春の交通安全運動住民総決起大会を5月12日に行いました。 宮若市関係機関の皆さんを始め、300人を超える参加者がありました。  宮若市を含む2市2町を管轄する直方警察署の署長は「自転車の安全利用とシートベルトの着用、飲酒運転撲滅に取り組んでいく」と話したのち、マナーアップ宣言を行いました。
2011/5/16
岡垣国際交流協会が岡垣サンリーアイで4月30日に催しました。 フェスティバルは3部構成で、第1部は岡垣国際交流協会の外国語講師やその受講生などの歌や踊り。 第2部は全国各地で演奏活動をしている中国大連市出身の中国琵琶の演奏を披露。 透き通る音色に岡垣サンリーアイを埋め尽くした人は耳を傾け、感動に浸っていました。 会場を沸かしてくれました。
2011/5/10
全国労働衛生週間のスローガンの募集を5月31日まで募集しています。  全国労働衛生週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱により、労働者の健康管理や職場環境の改善等の労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに労働者の健康確保等を図ることを目的として、本年で62回を迎えます。 10月1日から10月7日までを本週間として実施しています。
2011/5/8
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。   八幡西区にはたくさんの川が流れており、それぞれ独自の文化があります。 『風は西から』では、八幡西区内の川を歩き、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介します。 5月16日(月)〜31日(火)は 『金山川その2』 をお送ります。  J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで
2011/5/7
『2011飯塚国際車いすテニス大会』大会を通じて被災者へ希望と勇気のエールを送ります。 来る5月17日(火)から22日(日)の6日間、筑豊ハイツテニスコースをメイン会場に「飯塚国際車いすテニス大会」が開催されます。 会場で選手への声援をよろしくお願いします。 試合後に飯塚市内で開催されておりました「ウェルカムパーティ」は開催されません。しています。
2011/5/6
福智町立伊方小学校の児童が5月10日に福智町役場を訪れ、東日本大震災の被災地に送る義援金を届けました。 義援金は4月18日から28日に児童会の16人が各クラスなどを回って集約。 児童や保護者、教職員が協力して集めた92.164円に「被災地復興に少しでも力になれたら」と被災者へのメッセージを添えて、福智町町長と福智町教育長に手渡しました。
2011/5/4
東日本大震災の被災地復興を支援するため、チャリティーを目的とした物産店が4月16日に天神中央公園(福岡市天神)で開催されました。 福岡県内の市町村や各種団体、事業所など60以上の団体が地元の特産品などを出展。 遠賀町からは遠賀町商工会の協力のもと、米麹を使った「米米うどん」や焼酎「遠賀の赤芋」を販売しました。 収益金は被災地に寄附されます。
2011/5/2
『地域福祉活動計画住民報告会』誰もが安心して過ごせる地域を目指して 福智町社会福祉協議会と福智町が2年8カ月を要して策定した「地域福祉活動計画」について住民報告会が4月15日に福智町金田分館で開かれました。 報告会は、福智町住民アンケートなどを通して、住民が抱えている、進展する高齢化問題などを対処するための具体的な活動計画を説明
2011/5/1
小竹町の小竹町児童館では、平成23年4月から乳幼児室に「ままごとコーナー」や「絵本の読み聞かせコーナー」を新しく設け、親と子が一緒に遊び、ふれ合える空間に生まれ変わりました。 遊戯集会室ではいろいろな遊具も準備しています。 小竹町の皆さん、遊びに来ませんか。 小竹町児童館には児童・生徒の皆さんが勉強できる場所です、ぜひ、活用してください。
2011/4/30
葛熏юサ作所が小竹団地に進出します。 4月25日、小竹町の福祉センターで葛熏юサ作所との立地協定締結式を行いました。 これで小竹団地に進出決定した企業は11社となりました。 葛熏юサ作所は、愛知県に本社を置き、主に自動車生産設備製造、自動車金属プレス部品製造等を行っています。 小竹町の小竹団地での操業は平成24年2月を予定しています。
2011/4/29
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、5月10日火曜日に『ハローワーク戸畑2階会議室』で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。 助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/4/28
宗像市と福岡ソフトバンクホークスが4月19日、ヤフードームで「総合交流協定」を締結しました。 昨年、ホークスから宗像市民へのヤフードーム招待をきっかけに交流を開始。 宗像市民のホークスファン育成やホークスの社会貢献活動などで、お互いが元気になることを目的として、協定を締結することになりました。 今後は試合優待など活発な交流を進めていく予定です。
2011/4/28
田川ライオンズクラブから4月11日、糸田町「道の駅いとだ」に贈られたソーラー電波時計の寄贈記念式典が開かれました。 田川ライオンズクラブの結成50周年記念事業のひとつです。 電波で正確な時を刻み、ソーラー電池で動いていまので、環境にも配慮したつくりになっています。 これからは糸田町の「道の駅いとだ」で正確に時を刻んでいってくれることでしょう。
2011/4/27
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   5月1日(日)から5月15日(日)の特集 『市民センターだより』 は、香月市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/4/27
遠賀総合運動公園で3月20日に開催された「第8回ふるさと遠賀たこあげ大会」。 約50人が手作りだこを持ち大会に望みました。 雨の影響で、たこの形やデザインなどの審査を館内で行うことになりました。 手作りだこの中には、東日本大地震の被災者に対する応援メッセージがデザインされたものが数多く出品されました。 自慢のたこが青空のキャンパスを彩りました。
2011/4/26
飯塚市の木「メタセコイア」を贈呈 4月18日、飯塚ショッピング信販、飯塚信用金庫、飯塚アクションクラブが来年の飯塚市制80周年を記念して、今年4月に飯塚市の木に制定されたメタセコイア(通称「生きている化石」の苗木80本を齊藤飯塚市長に寄贈しました。 飯塚市内では、筑豊緑地公園、コスモスコモン広場、飯塚市内小中学校校庭などに植樹されています。
2011/4/25
「道の駅いとだ」4月5日にオープンしました。 糸田町は、豊前国と筑前国の国境の地として関所が設けられ、旧大宰府官道が古代から知られた地であり、現在も国道201号線バイパスが東西に横断する福岡県北東部の交通の要衝としての地域です。 物産館「おじゅごんち市場からすお」の名称は糸田町の観光も紹介できる糸口になればとの思いで名付けられました。
2011/4/24
東日本大震災被災地へ飯塚市職員派遣 3月28日福岡県を通じ、被災地である宮城県から飯塚市職員の要請を受け、飯塚市上下水道局下水道課の技術職職員3名が飯塚市を出発、9日間の派遣期間を終え、4月6日派遣実施について飯塚市長に報告しました。 活動内容については、下水道管のマンホールの一次調査と言うことで内部コンクリートのひび割れの点検。
2011/4/23
調理法講習会 直方焼スパづくりに挑戦 4月17日、直方市働く婦人の家で、直方市を代表するB級グルメ「直方焼スパ」の講習会が、直方市シルバー人材センターの主催で行われました。 当日は、子ども7人と大人10人が参加し、焼スパを作りました。 作り方を指導したのは、直方焼スパ広め隊のメンバー4人です。 子ども達も「また作ってみたい」と満足していました。
2011/4/22
新しい直方駅舎が、4月29日に開業します。新直方駅舎は、JR九州が現在の駅舎の南に建築中の2階建てで、1階に店舗などが入居し、2階に改札口や駅舎機能が設けられます。 直方駅舎のデザインは、城下町直方をイメージし、重厚なデザインとして直方駅前の通路を覆う柿渋色の大きな屋根が特徴。直方駅設置から約120年、駅舎も築101年と長い歴史を持ちます。
2011/4/21
八幡西区則松金山川花のボランティア公園周辺は、NPO法人則松金山川コスモス会等のボランティアの方々が四季を通じて花を育ててており、北九州市八幡西区市民の憩いの場となっています。  春は川沿いに300本の桜や10万本のチューリップの花が咲きます。  手づくりバザーや抽選会、北九州市消防音楽隊の演奏などのステージイベントが行われます。
2011/4/20
労災保険給付等の振込通知書が変わります。 労災保険の支払を受ける皆様への保険給付等の口座振込に当たっては、現在、管轄の労働基準監督署において手続きを行なっておりますが、行政事務の効率化のためシステム更改を行い、今後は、厚生労働本省において手続を行うことを予定しております。 「支払振込通知書」と「支給決定通知書」を別々に送付されます。
2011/4/19
校庭の桜が見ごろを迎えた4月8日には宮若市内中学校で、12日には宮若市内小学校でそれぞれ入学式が行われました。 本年度は小学校238人、中学校271人が新1年生として学校生活をスタートさせました。 宮田東小学校では、3月11日に発生した東日本大震災の影響で福島県から新一年生を受け入れることになりました。  楽しい学校生活をすごしましょう。  
2011/4/19
遠賀町がんばる地域まちづくり事業『親子でサバイバルin遠賀』が3月27日に遠賀総合運動公園キャンプ場で行われ、災害時に役立つアウトドア技術を学ぼうと、親子ら40人以上が参加しました。 福岡レスキューサポート・バイクネットワークの指導のもと、災害時を想定した応急手当などを体験。 ロープワークでは、ロープの適切な使用方法を身につけていました。
2011/4/18
東日本大震災への支援 3月38日、水巻中学校の生徒会のメンバーがルミエール水巻店の前で東日本大震災支援のための募金活動を行いました。 『募金にご協力をお願いします。』と大きな声をあげる水巻中学校生徒たち。 行き交う人たちから善意のお金が水巻中学生に託されていました。 4月15日に水巻町では日本赤十字社に義援金として500万円を寄付しました。
2011/4/17
小竹町教育委員会では、小竹町の歴史を多くの人に知っていただくことを願い、小竹町指定文化財第1号「合屋古墳」の整備事業を推進してきました。  合屋古墳は、複室構造の横穴式石室を有する古墳です。  石室は、前室と後室の二室からなり、いずれも平面形は横長の長方形ですが、石の積み方は上方に向かうにつれて次第に内側に迫り出す持ち送り構造です。
2011/4/16
宗像警察署で4月11日に「クライム『ゼロ』2011」の車両部隊出陣式が開かれました。 宗像警察署では「クライム『ゼロ』」をスローガンに地域、行政、警察が一体となって、犯罪の起こりにくいまちづくりを推進しています。 昨年は、宗像警察署管内の刑法犯認知件数が過去10年で最低の1487件、凶悪犯罪は「ゼロ」という結果でした。 あらためて感謝申し上げます。
2011/4/15
宗像市の大島海洋施設「うみんぐ大島」の竣工式が4月3日、同施設で開かれ、国や県、宗像市の関係者、釣り関連企業、宗像市地元関係者ら約2000人が参加して施設の完成を祝いました。 日本釣振興会の協力で、宗像市立大島小学校の児童らがアラカブの稚魚5000匹を放流し、魚の保護・増殖を願いました。 「うみんぐ大島」のグランドオープンは4月29日です。
2011/4/14
八幡西区吉祥寺は、浄土宗第二祖鎮西上人の生誕の地であり、創建は建保から元和の頃と伝えられています。  平成10年に開園した隣接の吉祥寺公園には芝生広場や展望台などがあります。  4月下旬には、藤の花が寺の境内を天蓋のように覆い、白紫に染め上げます。  20数年前に始まり地域の郷土芸能として八幡西区区民に「吉祥太鼓」も披露されます。
2011/4/14
ウォーキングで鞍手町の景観を見下ろす最高のロケーション 鞍手町教育委員会と鞍手町体育指導委員の主催でウォーキングが3月27日に行われました。 今回は、長谷寺から六ヶ岳の山頂までの行程を参加者で、鞍手町体育指導員の指導のもと山頂を目指しました。 絶好のウォーキング日和、頂上についたころには少し汗ばむ程度に汗を流した参加者たちでした。
2011/4/13
田川市民サービスの向上を目的として3月24日、行政情報や生活情報を一冊にまとめた「田川市暮らしの便利帳」を発行するための調印式を、田川市役所で行いました。 田川市と潟Tイネックスが協働で発行するもので、田川市内の各種事業者の広告費によって制作費をまかなうものです。 完成した冊子は9月をめどに田川市内全戸に無料配布する予定となっています。
2011/4/12
子どもたちにさまざまな体験を3月27日、田川市民会館で「ワクワク体験こどもまつり」が開催され、田川市内小学生以上約250人が参加しました。 これはNPO法人こどもネットワークCOCO田川が、大人と子どもの交流を通して地元で信頼できる大人の存在を知ってもらう事を目的に開催し、今年で6回目。 子どもたちはそれぞれの教室で真剣な表情で取り組みました。
2011/4/11
福智町内3中学義援金募金活動報告 3月24日、福智町内3中学校の生徒会役員が嶋野勝福智町教育長を訪れ、義援金の報告を行いました。 東日本大震災の後、3校生徒がそれぞれ福智町内外で行った募金活動で集められたものです。 わずかな期間で約115万円を集めた生徒に、嶋野福智町教育長は「人のために何かをやろうという気持ちが大切と願いを込めました。
2011/4/10
麻生渡前福岡県知事が3月29日、田川市内4カ所を視察し、地元で活躍する人たちと交流を待ちました。 JAたがわ花き部会からは今後の活動など、石炭・歴史博物館では田川地域観光推進会議や田川商工会議所青年部、田川ホルモン喰楽歩と懇談し、日ごろの活動状況や今後の取り組みなどの報告を受けた後、田川のソウルフード『ホルモン鍋』に下鼓を打っていました。
2011/4/9
豊前小倉藩の歴史と故郷のつながりをまなぶ 福智町文化連盟の『ふるさと学習会』が3月23日に行われました。 福智町の40人の会員が参加し、北九州市立の「いのちのたび博物館」を見学しました。 博物館職員の解説を受け、かつて福智町を領内としていた豊前小倉藩の歴史を学習しました。 展示品を鑑賞しながら北九州と福智町の歴史のつながりに理解を深めました。
2011/4/9
『福岡県社会保険労務士会』では毎週火曜日・毎週木曜日・毎月第1土曜日に総合労働相談室・年金相談センターを開設しています。 解雇問題、賃金、人事、配置転換、契約など労使双方からご相談に無料でお答えします。 対面相談は予約制となっております。 相談を受けるのは経験豊富な社会保険労務士です。 4月26日はさかい労務管理事務所が担当致します。
2011/4/8
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、4月12日火曜日に『ハローワーク戸畑2階会議室』で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。 助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/4/8
春の陽射しをいっぱいに糸田町民歩け歩け大会 絶好の陽気に中、糸田町町民会館から、旧烏尾峠を通って、筑豊緑地までの4キロを歩く糸田町民歩け歩け大会が3月27日に開催されました。 小さなお子さんから74歳の人まで幅広い層から27人の参加があり、普段から歩く人もそうでない人も楽しく山道を歩きました。 各自で準備したお弁当に大満足の一日でした。
2011/4/7
宗像市では、福津市と宗像タクシー協会で3月30日、「道路損傷等による危険箇所情報提供の協力に関する協定書」を締結しました。  宗像地区では、昨年度から鋼製の側溝ふたの盗難などが多発していました。  宗像タクシー協会に加盟しているタクシーの乗務員から随時情報提供を受け、補修などを迅速に実施することで事故を未然に防ぐことを狙いとしています。
2011/4/7
『産学官金連携の協力推進に関する覚書締結式』3月28日、飯塚市、九工大学、近畿大学及び日本政策金融公庫福岡支店は、地域中小企業支援や大学発の起業促進と連携強化を目的とする覚書を締結しました。 3月16日、福岡県市町村職員年金者連盟嘉飯支部が飯塚市役所を訪れ、齊藤飯塚市長に現金30万円を寄贈され、公園等の苗木の植え付けなどに活用。
2011/4/6
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組 『風は西から』 を放送しています。   八幡西区にはたくさんの川が流れており、それぞれ独自の文化があります。 『風は西から』では、八幡西区内の川を歩き、川に関わる人や祭り、史跡などを紹介します。 4月16日(土)〜30日(土)は 『金山川その1』 をお送ります。  J:COMで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで
2011/4/5
田川市三井鎮西区で地震を想定した防災訓練が3月20日行われ、11日に東北地方太平洋沖地震が発生したばかりとあって関心は高く、子供からお年寄りまで約170人が参加しました。 訓練は震度5の地震で団地から火災が発生したと想定。 田川市消防団の防災無線から避難指示が出されグラウンドへ集合。 田川地区消防本部から地震のアドバイスを受けました。
2011/4/4
飯塚市では「東北地方太平洋沖地震」で被災された方々への支援を行うため3月18日に対策本部を設置して、飯塚市の技術職員等の災害派遣要請に備えるとともに、次の支援策を行うことにいたしました。 飯塚市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。 本庁および各支所、飯塚市内地区公民館に義援金箱を設置し受付けています。 日本赤十字社から配布されます。
2011/4/3
障害年金加算改善法は、公的年金制度に基づく障害年金の受給権者について、結婚や子の出産等による生活状況の変化に応じたきめ細やかな対応を図る目的から、障害年金に係る配偶者及び子の加算時点を拡大し、障害者の所得保障の充実を図るため、平成22年4月28日に公布され、平成23年4月1日より施行されました。 詳しくはさかい労務管理事務所まで。
2011/4/2
高年齢者雇用安定法関連のお知らせ  『継続雇用制度』 の対象者の基準を、労使協定を締結せずに就業規則で定めている事業主の皆様へ  雇用している高年齢者を定年後も引き続き雇用する 『継続雇用制度』 の対象者基準を、労使協定を締結せずに 就業規則 で定めることができる中小企業の事業主に対する特例措置が、平成23年3月31日で終了しました。
2011/4/1
『福智町文化連盟5周年記念誌創刊』 5年の節目に綴った「あゆみ」福智町文化連盟の発足5周年を節目として記念誌が3月末に発行されました。 10人の編集委員が構成を考え、9か月前から10回の会議を経て完成した記念誌「あゆみ」。 「展示」「音楽」「芸能」「歌謡・詩吟」「一般教養」の5部門の活動など福智町文化連盟の思いが詰まった一冊に仕上がりました。
2011/3/31
『電話お願い手帳』を贈呈 3月3日、飯塚市のNTT西日本筑豊営業支店から「耳や言葉の不自由な方の生活に役立ててください」と、『電話お願い手帳』と「ふれあい速達便(FAX送信用紙)」各200冊が飯塚市齊藤市長へ贈呈されました。 『電話お願い手帳』は飯塚市役所社会・障がい者福祉課と飯塚市各支所の窓口に設置させて頂き、必要な方へ配布しています。
2011/3/30
歴史を感じながら歩きました 3月27日、小竹町総合福祉センターを出発点に健康ウォーキングを行いました。  「歩くことは健康につながるし、小竹町のいろいろな場所を探訪しながら歩くのは楽しいです。」  今回は、小竹町内に3つあるウォーキングコースの中から、小竹区の町筋を通り、新多区の絹干神社までのAコース(約7Km)を約3時間かけて歩きました。
2011/3/30
全国火災予防週間に合わせて、遠賀郡消防本部で3月6日に行われた『遠賀町消防団総合訓練』。 訓練は、遠賀町消防団と遠賀郡消防本部の連携体制強化と遠賀町消防団員の技術向上を目的として開催されました。 訓練内容は、火災現場における消化活動などの講義と放水を安全・迅速に行うための演習を実施。 消防団員たちは、きびきびとした動作で取り組みました。
2011/3/29
東北地方太平洋沖地震を受け、直方市内でも多くの支援活動が行われています。  14日には、直方市消防職員5人を宮城県へ福岡県の緊急消防援助隊として派遣しました。 派遣隊隊長の田畑警防課長は「一人でも多くの命を救う活動をしたい」と決意を述べ、被災地へ向けて出発しました。  15日は直方市の米菓製造会社「もち吉」も被災地に被災物資を派遣しました。
2011/3/28
糸田町に春を呼び込む豊作祈願のお祭り「田植祭」『おじゅごんち(3月15日)』の日に、糸田町の金村神社で行われました。 この日は少し肌寒くはありましたが、多くの糸田町民の観覧客で会場は大変なにぎわいでした。 名物のムクデ(主人)とオカツ(妻)が登場しての軽快なかけあいは笑いを呼び、牛の登場に子どもたちからひときわ大きな歓声があがりました。
2011/3/27
「太陽の丘を作る会」の後援で、中元寺川糸田橋付近の3月19日に河川敷で、サケの放流を小学校の児童25人が参加しておこないました。 皆添橋から糸田橋までの河川敷きの清掃をおこない、サケの稚魚二千匹を「帰っておいで」と願いを込めて放流しました。 みんなの願いが届き、数年後に大きく成長して無事にふるさとの糸田町の川に帰ってきてくれるといいですね。
2011/3/27
鞍手公園で「第6回環境美化ボランティア鞍手公園クリーン大作戦」が3月6日にありました。 年々参加者が増えて、定着している活動です。 今年も、鞍手地域住民のほかにも大和ハウス、鞍手町商工会、ライオンズクラブ、鞍手町役場などの鞍手町内企業や団体のみなさん約200人が参加。 年々、ゴミの量が減少して、鞍手公園の桜の開花もすぐそこまできています。
2011/3/26
3月11日に発生し、未曾有の被害をもたらした東北地方太平洋沖地震。 東北関東地方にまたがる広い範囲で大きな被害がでています。 被災地の人たちに、役に立ちたいと、岡垣町でも3月13日から義援金の募金箱を設置しているほか、岡垣町の商業施設などでも募金活動をしました。 岡垣町内の小中学生からも自主的に集めた義援金を岡垣町町長に手渡しました。
2011/3/25
八幡西区の皆様からの募金は、福岡県共同募金会八幡西区支会から配分され、八幡西区内の福祉の増進に活かされています。  一部は県内広域を対象とした社会福祉施設等の充実にも役立てられています。  八幡西区社会福祉協議会では、一般募金と歳末募金より配分を受け、八幡西区社会福祉協議会の福祉事業や住民による貴重な財源として活用しています。
2011/3/25
遠賀町中央公民館が3月1日にリニューアルオープンしました。 リニューアルオープンを記念して2月27日、コンフォート・ウインドアサンプルによるコンサートが遠賀町中央公民館大ホールで行われました。 会場には、昼の部と夜の部合わせて約500人が来場し、演奏を満喫しました。 オープンに先立ち、遠賀町中央公民館内の会議室など各部屋の見学会を開催
2011/3/24
宮若市、宗像市及びトヨタ自動車九州の連携協定に基づく支援 地域全体の活性化を図るために宮若市、宗像市及びトヨタ自動車九州株式会社の3者で結んだ連携協力のもと3月17日、飲料水などの救援物資を福島県田村市の災害対策本部に送りました。  など宮若市と宗像市の備蓄品をトヨタ自動車九州の協力に手配した10トントラックに積み込み搬送しました。
2011/3/23
『田川市・嘉麻市・川崎町合同訓練実施』 2月27日、田川市役所駐車場で「田川市・嘉麻市・川崎町の消防相互応援協定」に基づく合同訓練が行われ、田川地区消防署、田川市・嘉麻市・川崎町の消防団員など約90人とはしご車やポンプ車など13車両が参加しました。 他地区消防団と連携を図ることを目的に、消火活動、交通規制、広報などの訓練が行われました。
2011/3/22
私たちの暮らしを守ります。 3月1日から7日までの春の全国火災予防週間に合わせて、岡垣町消防団が消防車両7台を連ねて2月27日に岡垣町内を回り、火災予防を呼び掛けました。 終了後は水源から離れた火災現場を想定した中継放水訓練もしました。 岡垣町消防団は日ごろから消火栓や防火水槽の点検など、大切な命や財産を守る活動を続けています。
2011/3/21
ひな人形のお出迎え 2月19日から3月3日まで、田川市後藤寺商店街で店頭や空き店舗をひな人形やさげもんで華やかなに飾る「ごとうじひなめぐり」が開催されました。 3月3日のひなまつりは、後藤寺商店街によるぜんざいやドーナツ、田川商工会議所女性会によるひなあられ・甘酒が振舞われ、多くの人が舌鼓を打ちました。 田川科学技術高校によるミニSLも登場。
2011/3/20
西日本初、全車種も通行できる『ETC専用宮田スマートインターチェンジ』が宮若市内に開通します。 この宮田スマートインターチェンジは宮田団地に隣接していることから物流の効率が上がり、新たな工場立地や地域の活性化を期待することができます。 利用開始は3月26日土曜日午後3時開通です。 北九州方面に限定したハーフICです。 福岡方面には行けません。 ご注意ください。
2011/3/20
『元気な姿で戻ってきてね』遠賀町青少年育成町民会議が主催する「サケの放流会」が遠賀川水系西川河川敷で2月27日に行われました。 放流する稚魚は、遠賀町各家庭や事業所などで卵から孵化させたサケの稚魚およそ4.400匹。 子どもたちは、3か月で3cmから4cmほどに育った稚魚を大切に「元気な姿で戻ってきてね」と、願いを込めて放流していました。
2011/3/19
きれいな川になりますように 3月12日『NPO法人小竹に住みたいまちづくりの会』の皆さんが、四反田川に竹炭を沈める作業を行いました。 沈めた竹炭は、会員が伐採し、炭窯で作ったものです。 「遠賀川の水を飲み水として利用しています。 遠賀川の水を飲み水をきれいにするために、四反田川の水質改善に取り組み、活動を広げていきたい。」と会長は話されました。
2011/3/18
被災地を救援する緊急消防援助隊の福岡県隊として、宗像地区消防本部から7人の隊員が3月14日、被災地の宮城県亘理郡山元町へ出発しました。  今回、宗像地区消防本部から被災地へ派遣されたのは、消火隊員4人と救急隊員3人の計7人。福岡県消防防災課からの要請で福岡県内各地から参集した福岡県隊(51部隊168人)が陸路で山元町へ向かいました。
2011/3/17
『小竹町歩こう会』は、活動を始めて33年になります。  現在、日本ウォーキング協会に所属し、全国公認の歩こう会です。会員数は45人で、月に一度定例会としてウォーキングを行なっています。  小竹町はウォーキングコースが整備されているので、福岡県内各地の歩こう会の皆さんが訪れていますし「小竹町のコースを歩いてみたい」と言う声も届いています。
2011/3/16
星空を忠実に再現 プラネタリウムがリニューアルオープン、昭和63年にオープンした宗像ユリックスのプラネタが、機材の老朽化のため設備を更新。 約2ヶ月半の工事を終え、3月19日(土)にリニューアルオープンします。 新しいプラネタリウムは、星の色や大きさなど、実際の星空をできる限り忠実に再現。  問合せは宗像ユリックス・プラネタリウム(37)2394です。
2011/3/15
水巻町内一斉清掃 『環境美化の日』 3月13日、に水巻町内一斉清掃が行われました。  白い軍手をはめ、ボランティアの文字が書かれたごみ袋を持ってごみを拾う人。  道路沿いの樹木のしたにはえる草を刈り取る人、ほうきで歩道を掃く人。 たくさんの水巻町民の皆さんが水巻町をきれいにするために頑張りました。  この日、回収されたごみの量は約11トンです。
2011/3/14
お菓子のまちでスイーツバイキング 2月27日、飯塚市文化会館で嘉飯都市圏活性化推進会議による「嘉飯デザートラボ」が開催され、和・洋菓子店11店が参加した「プレミアムスイーツバイキング」に、飯塚市民などの客が舌鼓を打ちました。 石炭の「黒」をテーマにした高級感のある「KUROSELECTION」は飯塚市民の目を引き付けました。内一斉清掃が行われました。
2011/3/13
経済産業大臣表彰を受賞 鞍手町商工会青年部が優良青年部として表彰されました。 鞍手町商工会青年部は「くらて星空シアター(2年に一度)」や「六ヶ岳統一登山」「クリーンキャンペーン」など精力的に鞍手町などと連携し活動を行っている成果や商工会への組織運営に貢献されたことから、今回表彰されました。 地域をPRする地域貢献活動を積極的に行っていきます。
2011/3/12
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区の出来事や話題、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。  3月16日(水)から3月31日(木)の特集 『元気情報!八幡西』 八幡中央高等学校ウェイトリフティング部を紹介します。  J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/3/12
遠賀町ふれあいの里で2月19日から20日に行われた『日朝・日韓子どもサミット』。 毎年、遠賀町内の各小学校と北九州朝鮮初級学校の子どもたちが、宿泊や共同作業を通して、交流を深める民族舞踏の披露で、文化への理解を深めていました。 複雑な問題を抱える日・朝・韓。 子どもたちの笑顔は、たくさんの人が平和について考えるきっかけをつくってくれました。
2011/3/11
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、3月15日火曜日に『ハローワーク戸畑2階会議室』で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。  助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/3/10
八幡西区黒畑市民センターで平成23年3月5日今宿校区社会福祉協議会と八幡西区の黒畑校区社会福祉協議会が自地域での取り組みを紹介し、情報交換をはかりました。 今宿校区社協の活動者からは資質や活動基盤の充実した八幡西区黒畑校区社協活動・組織運営が大変参考になったとの感謝のお言葉を頂きました。 今後もこのような交流を支援していきます。
2011/3/9
中央公民館前駐車場で宮若市婦人防火クラブの皆さんを対象に訓練を3月5日行いました。  直鞍広域消防本部や宮若市消防団、宮若市地元自治会の皆さんの協力のもと、負傷者の応急手当や避難誘導訓練、消火器やバケツリレーによる消火訓練、AEDの使い方などを行いました。  訓練と平行して炊き出しも行い、大規模災害発生に備えた実践的な訓練を行いました。
2011/3/8
北九州・遠賀消防合同訓練 冷たい雨の降る2月28日、水巻町の大規模商業施設グランモールで遠賀郡消防本部と北九州市消防局の消防合同訓練が行われました。  酸素マスクを着用して、施設の奥に要救助者がいないかを探す遠賀郡消防本部と北九州市消防局の消防士たち。 聴こえてくる消防無線の音。 いざというときのために、地道な消火救助訓練は続きます。
2011/3/7
厚生労働省は、平成23年度の雇用保険料率を告示しました。 平成23年度の雇用保険料率は、平成22年度と同様、一般の事業で15.5/1000、農林水産及び清酒製造の事業で17.5/1000となります。 雇用保険料率は、労使折半で負担する失業等給付の料率に事業主が負担する雇用保険二事業の料率を加えたものです。 平成22年度の雇用保険料率を据え置きます。
2011/3/5
田川市後藤寺商店街と料亭あをぎりで、「雛祭り人力車アートキャラバンin田川の宿」が2月15日〜23日まで開催されました。  これは、飯塚市・田川市・直方市の商店街などを会場に、空き店舗やアーケードで展示を行う「愛あれ筑豊雛祭り人力車アートキャラバン」の一環として行われたイベントです。  2月25日には、人力車が直方市に向けて元気に出発しました。
2011/3/4
福智町商工会青年部による初企画イベントが3月20日(日)に方城グラウンドで 『風翔軍バルーン係留飛行』 熱気球「むつごろう」がやってくる。  熱気球独特の浮遊感を体験し、高さ30mから福智町を見下ろしてみませんか。  ステージイベント「遊んで・笑って福智町」 さまざまな催しで彩られる特設ステージ。  詳しい内容は 『福智町商工会青年部』 28−5055
2011/3/3
田川交通安全協会が田川署管内の小学校に交通安全旗を寄贈するために、2月24日に糸田町役場教育長室に訪問してくれました。 小学生を交通事故から守ってほしいと願いを込めて交通安全協会糸田支部長から教育長に直接手渡されました。 この旗は糸田町小学生が多く集まる『田植祭』の交通整理で最初に利用され、糸田町から交通事故がなくなることを願います。
2011/3/2
春のイベントに参加しませんか!! 糸田町民『歩け歩け大会』3月27日。 糸田町民会館から約4Kmの歩く大会です。 4月2日には『第16回糸田町ペットボトルロケット大会』が糸田町民グラウンドで開催します。 この大会に先立ち、3月26日には糸田文化会館で 『ペットボトルロケット製作教室』 を行います。 詳しくは糸田町ペットボトルロケット大会実行委員会。
2011/3/1
自殺対策強化月間 最近の自殺をめぐる厳しい情勢を踏まえ、様々な悩みや問題を抱えた人々に届く 『当事者本位』 の施策の展開ができるよう、政府全体の意識を改革し、一丸となって自殺対策の緊急的な強化を図るため、自殺総合対策会議において、「いのちを守る自殺対策緊急プラン」 を決定し、月別自殺者数の最も多い3月を 「自殺対策強化月間」 と定めました。
2011/3/1
鞍手インターチェンジの利用が2月19日に開始されました。 この日、午前10時より鞍手インターチェンジにおいて開通式が行われました。 鞍手北中学校の吹奏楽部による「明日に架ける橋」の演奏が行われ開通式に花を添えました。 そして午後3時よりいよいよ鞍手インターの利用が開始されました。 地域の交通機関として鞍手インターチャンジをぜひご利用ください。
2011/2/28
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   3月1日(火)から3月15日(火)の特集 『市民センターだより』 は、楠橋市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/2/27
3月は、平成23年度に適用される時間外労働・休日労働に関する36協定を締結する事業場が多いことから、新たに『労使協定適正化推進期間』に位置づけ、福岡県内の企業・働く方々へ、労使で協議する場を設け、長時間労働の抑制、年次有給休暇の取得促進に努めましょう。 年次有給休暇の計画的付与制度を導入することで長期休暇を実現することが可能となります。
2011/2/27
遠賀町青少年育成町民会議が主催する「たこづくり教室」が、2月12日・13日に小学校や地区公民館で開催されました。 教室には、多くの児童が参加し、遠賀町青少年育成町民会議や遠賀レクリエーションの会の皆さんから指導を受けながら、約2時間の作業で「たこ作り教室」に挑戦しました。 完成したたこは、3月20日に行われるたこあげ大会で揚げる予定です。
2011/2/26
中間市民一人ひとりの防災意識を高め、火災などの災害を防ぐため、3月1日から1週間、春季全国火災予防運動が行われます。 標語『「消したかな」あなたを守る合言葉』 3月6日に中間市消防署、中間市消防団合同による火災防御訓練を「福岡県住宅供給公社星ヶ丘団地」で行います。 午前10時30分からサイレンを鳴らして消防車が走行します、ご協力お願いします。
2011/2/25
『第11回筑前いいづか雛のまつり』が飯塚市で2月10日開催されました。 旧伊藤邸を主会場に、飯塚市内の7商店街や嘉穂劇場などで1万体を超えるひな人形が飾られ、初日から大勢の見物客でにぎわいました。 長崎街道内野宿では参勤交代の様子を人形を使い再現、旧伊藤邸、飯塚市歴史資料館等ほかの施設では、最大4月4日まで延長して開催しています。
2011/2/24
遠賀町中央公民館は、3月1日にリニューアルオープン。 これに先立ち2月28日 『記念コンサート』 を開催します。 工事を終え、遠賀町中央公民館大ホールは、照明・音響設備や広くてゆったりとした座席が整備され、くつろぎの空間に生まれ変わりました。 この機会にリニューアルされた遠賀町中央公民館をご覧いただくとともに、美しく心地よい音色をお楽しみください。
2011/2/23
八幡西区では長崎街道をテーマにしたまちづくり推進事業の一環として、毎年、講演会を開催しており、本年は2月23日 『記録に見る長崎街道の仕組み、江戸時代の庶民の暮らしと文化』 と3月10日 『龍馬もかけた長崎街道』 の2本立てで実施いたします。 八幡西区を語るうえで欠かせない長崎街道の果たした役割や文化について当時に思いを馳せてみませんか?
2011/2/22
北九州市内で第29回福岡県中学校新人バレーボール大会が1月29日・30日に行われ、遠賀中学校男子バレー部が見事、福岡県大会準優勝を果たしました。 夏の全国大会後に3年生が引退し、メンバーのほとんどが入れ替わって挑んだ今年の新人戦は、都市大会、筑豊大会ともに1位で通過して福岡県大会出場を手にしました。 次に向けて決意を新たにしていました。
2011/2/21
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、2月22日火曜日に『ハローワーク戸畑2階会議室』で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。  助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/2/20
直方市北九州市、ソニーは、2月15日に循環型社会実現への取り組みとして小型電子機器等回収に関する協定を結びました。  近年「都市鉱山」と呼ばれ着目されていますが、回収するのは難しい。 昨年参加した福岡市に次いで国内3市目として参加するものです。 この日協定に臨んだ北九州市の環境局長は「直方市の対面回収に期待しています」と話されました。
2011/2/19
環境問題講演会を岡垣町中央公民館で2月24日 午後7時〜9時に開かれます。  江戸時代から植えられ、1956(昭和31)年に国定公園に指定された三里松原。 福岡県内随一の規模を誇るクロマツ主体の松林で、岡垣町の象徴的な風景になっています。  海から運ばれる砂や風、塩分から私たちの生活を守ってくれています。  環境問題講演会は参加無料です。
2011/2/18
九州自動車道鞍手ICが平成23年2月19日午後3時からオープンします。  直方市鞍手町などの筑豊地域から高速道路へのアクセスが向上し、地域間の交流が活発となることから、さらなる産業の立地などが可能となり、地域の活性化に寄与することが期待されます。  鞍手市街地からの九州自動車道のICが八幡ICから鞍手ICとなり、所要時間が約15分短縮されます。
2011/2/17
宗像市では、日の里団地と宗像市周辺地域で、超小型モビリティ実証実験を2月10日から実施しました。  実験では、16世帯の協力で車両の走行性や既存車両との機能分担、駐車空間、具体的な利活用などを検証しました。  宗像市内で走行する「環境にやさしい小型電気自動車コムス」は注目を集め、宗像市地域住民にも非常に高い関心を持ってもらえました。
2011/2/16
納税収納率が高いことが認められ2月1日『納税優良団体として福岡県知事から表彰』を受け一人ひとりの納税意識が高まったことで、岡垣町が平成21年度の町県民税の納税優良団体として福岡県知事から表彰を受けました。 3年間の納税収納率が高いことなど県下の2市町が評価されたものです。 皆さんの思いを大切にして、岡垣町の大切な財源としていきます。  
2011/2/13
平成20年4月にオープンした宗像市の 『道の駅むなかた』は、平成21年度の入場者が151万人、売上額が15億4000万円となり、九州内の道の駅では1番、全国でも4番目となりました。 運営団体の 『鰍ワちづくり宗像』 では、地域の皆さんに貢献したいと言うことで、宗像市内で頑張っている地域活性化の団体にその活動の手助けとなるものを寄付することを決めました。
2011/2/12
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区の出来事や話題、まちづくりなど、情報を市民リポーターがお届けします。  2月15日(火)から2月28日(木)の特集 『元気情報!八幡西』 で福岡県中学総合体育大会で第3位となった千代中学バレー部を紹介します。 J:COM北九州で放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/2/10
短時間労働者均衡待遇推進等助成金の一部は、今年度で廃止予定。  助成金制度の見直しを行い、助成対象の「パートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度」を平成22年度限りで廃止予定です。 「パートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度」への助成金申請を予定されている場合は、3月31日までに支給要件を満たした事業主のみの申請が可能です。
2011/2/7
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、2月8日火曜日に『ハローワーク戸畑2階会議室』で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。  助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/2/6
「五色百人一首飯塚大会」が1月22日、サンシャインかいたで行われました。  この大会が、飯塚市小中学校の教職員が子どもたちに日本の伝統文化を知ってもらおうと主催。  小学校低学年でも簡単に覚えられるように札の数を少なくしています。 1月30日、雪が吹雪く中、飯塚市文化会館前広場で 「第10回筑前飯塚・地産大豆de節分まつり」が行われました。
2011/2/4
全国健康保険協会(協会けんぽ)福岡支部の平成23年度健康保険料率は『9.58%』に引き上げられる見通しとなりました。 1月20日(木)に開催されました福岡支部評議会において、現在の保険料率9.40%から9.58%へ引き上げられることについて議論されました。  今後、協会本部運営委員会の議を経て厚生労働大臣の認可を受けて確定することになります。
2011/2/3
『火災から鞍手町の宝を守る』1月26日は、文化財防火デー。 貴重な文化財を火災から守るため、防災訓練が一斉に行われています。 鞍手町でも、鞍手町教育委員会職員や伊藤家の人たちが見守る中、福岡県指定史跡の伊藤常足旧宅で行いました。 119番を合図に直鞍広域消防本部と鞍手出張所の消防隊員が消火活動を開始。 火の取り扱いには気をつけましょう。
2011/2/1
飯塚市地域福祉推進協議会は、飯塚市の地域福祉充実に向けた施策等について協議し、その推進に資するために設置されています。 飯塚市地域福祉推進協議会委員は飯塚市地域福祉計画について、進捗状況の管理などを行っていただきます。 飯塚市内在住で地域福祉に関心のある人を2名を平成25年3月末までの任期で公募。 問合せは『障がい者福祉係』です。
2011/1/31
うっすらと雪化粧の中、1月16日に田川市後藤寺中学校で田川市消防団員など約200人が参加して『田川市消防出初式』が行われました。 田川市消防団員による分列行進、永年勤続功労者、優良団員などの表彰が行われました。 式典後は、中学校裏にある中元寺川水辺公園で田川市消防団員による祝賀放水が華々しく行われ、新春の出初式を締めくくりました。
2011/1/30
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   1月1日(祝)から1月15日(土)の特集 『市民センターだより』 は、熊西市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/1/29
田川ライオンズ会館で1月20日、田川レオクラブが、街頭募金で寄せられた浄財10万円を、九州盲導犬協会総合訓練センターに贈呈しました。 田川レオクラブは田川市郡の小学4年生から23歳までの24人で構成。 田川地域の清掃活動や募金活動、他地域のレオクラブとの交流などを行っています。 今回の寄付は、昨年12月に会員10人で街頭募金を行ったものです。
2011/1/28
わたしたちが暮らす地域を災害等から守ってくれる糸田町消防団が、1月9日に下田川二ケ町連合消防出初式を寒風吹きすさぶ中、規律正しくおこないました。 糸田町・福智町の消防団が赤池グラウンドに集合し、入場・整列から足並みをそろえました。 軽快ですばらしい動きをみせてくれました。 今年も糸田町全域をさまざまな災害から守っていってくれることでしょう。
2011/1/27
福智町の新成人を祝う式典が「成人の日」の1月10日に地域交流センターで開催されました。 各自この日のために用意した晴れ着に身を包み、福智町内外から対象者の73%にあたる229人が出席しました。 浦田福智町町長が新成人を激励。 新成人と恩師が会話する場面もあり、雰囲気が和らぎました。 式典終了後も友人や恩師との再会を喜び会う声が響きました。
2011/1/26
飯塚オート選手会西日本支部長が、1月14日、飯塚オート所属の選手からの「ふるさと納税」(183万円)の目録を、齋藤飯塚市長に贈呈されました。  「飯塚市のために、また車いすテニス等に使って魅力のある街にしてください」と選手のみなさんからの要望が飯塚市長に伝えられました。 1月9日に嘉麻市:碓井グラウンドで飯塚市・嘉麻市・桂川町消防連合出初式
2011/1/25
『アースマラソンで世界中を元気に』 平成20年12月17日からマラソンとヨットで世界一周のアースマラソンに挑戦した間寛平さん。 750日目となる1月5日、福岡市唐人町から鞍手町古門までの44.4kmを9時間7分で走破。 この日となった鞍手町では足湯につかって疲れを癒されました。 翌日はゴール地点となった場所から大阪市に向けて元気に出発しました。
2011/1/24
『ボランティアフェスタin八幡西』の開催が決定しました。  2月27日(日)九州共立大学〔自由が丘会館〕  現在希薄になっている地域で暮らす人々の”つながり”の必要性や”しがらみ”の持つ様々なメリットについて基調講演をはじめ、ボランティア団体による活動発表を行います。  また、八幡西区を中心に活動している団体をPRする展示ブースを設けます。
2011/1/23
『鞍手町消防団、!!』1月16日、鞍手町消防出初式が午前7時40分から、宮若市へ移動し宮若市鞍手郡連合消防出初式が宮田文化センターでありました。 今年は、宮若市鞍手町小竹町と直鞍広域消防本部から421人が参加しました。 前日から荒れ模様の天気と予想されたため、宮若市鞍手郡連合出初式は室内で各表彰やアトラクションが行われました。
2011/1/22
飯塚公民館では、平成19年9月から毎週土曜日の午前中に飯塚地区公民館、片島自治公民館・飯塚第2体育館等を会場に『子どもマナビ塾』事業を開催しています。 子どもの健やかな成長を願う飯塚、片島地区の地域の方々でそれぞれ『放課後子ども教室運営委員会』が組織され、学習プログラム、『子どもマナビ塾』など指導まで協働頂き運営実現できています。
2011/1/21
飯塚市文化会館(イイヅカコスモスコモン)で平成23年1月10日(月・祝)成人の日に 『飯塚市成人式』 を行いました。 成人式には、華やかな振袖やスーツ姿の新成人が集まり、旧友との再会で賑わいました。  飯塚市の今年の新成人は、男性730人、女性708人の合計1438人。  約1000人が参加しました。  飯塚高校吹奏楽部 による第二部も盛況でした。
2011/1/20
健康保険施則及び船員保険法施則の一部改正に伴い、協会けんぽが発行する被保険者証の記載事項を変更することになりました。 平成23年4月1日以降に発行する被保険者証から記載事項が変更となります。  なお、すでに発行している被保険者証の更新(差換え)はありません。  協会けんぽで発行する被保険者証は、事業所名称をそのまま残すことにしています。
2011/1/19
宮若市宮田文化センターで1月16日に 『平成23年宮若市鞍手郡連合消防出初式』 が行われました。  小竹町をはじめ、宮若市、鞍手町の消防団員、直方鞍手広域市町村圏事務組合消防本部の消防士合わせて約400人が参加しました。  式典では、昨年、消防操法大会に出場した小竹町消防団の選手が優良団員、小竹町消防団が地域活動団体として表彰されました。
2011/1/18
『新春防災を誓う』 宮田文化センターで 宮若市消防出初式 宮若市鞍手郡連合消防出初式 が1月16日に行われました。   前日からの降雪の影響により屋内での開催となりましたが、会場には今年1年の防災への思いを新たにする宮若市消防団員の郷土愛で熱気に包まれていました。  勤続功労や優良団員などの表彰がおこなわれ、防災力の向上を誓いました。
2011/1/17
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が、1月18日火曜日に『ハローワーク戸畑2階会議室』で開催されます。  急激な経済状況の悪化に伴い、雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成の制度概要並びに申請書類等に関する説明会です。  助成金センター北九州臨時窓口へお申し込みください。
2011/1/16
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。  1月16日(日)から1月31日(月)の特集 『元気情報!八幡西』 で折尾愛真高等学校新体操部を紹介します。 J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2011/1/15
遠賀町成人式が、1月10日に遠賀コミニュティーセンターで行なわれました。  遠賀町の今年の新成人は、平成2年4月2日から平成3年4月1日までに生まれた195人。 遠賀コミニュティーセンター会場では、艶やかな晴れ着に包まれた新成人が友人たちとの久々の再開に手を取り合って喜んでいました。  恩師を交えて二十歳になった喜びを分かち合いました。
2011/1/14
平成23年『宗像地区消防出初式』が1月10日、宗像ユリックス・多目的広場で開かれ、宗像地区(宗像市、福津市)消防団地や宗像地区消防本部の署員ら関係者約550人が参加しました。  救命救助のアトラクションや合同の一斉放水展示など。
宗像地区消防団、宗像地区消防本部は、約15万人の市民の生命や財産を火災や災害から守るため、日夜活動しています。
2011/1/11
『遠賀郡消防合同出初式』 が1月9日芦屋町総合運動公園グランドで執り行われました。 遠賀郡4町の消防団員をはじめ、遠賀郡消防署員が参加して、ポンプ車操法や小隊訓練などを披露しました。  遠賀町消防団は、遠賀町内に在住・在勤している人たちで構成されています。  遠賀町消防団員では、男女を問わず団員を募集しています。 あなたの力を貸してください。
2011/1/10
中間市消防出初式が1月9日に体育文化センター前広場で行われました。   中間市消防団員は JR 中間駅 から会場までをパレード。  日ごろから取り組んでいる小隊訓練やポンプ車操法訓練の成果を披露しました。  今年から纏披露の演目もありました。  さかい労務管理事務所の当職も小隊訓練に元気に参加しました。  火災が多くなる季節です充分注意しましょう。
2011/1/7
テレワークにはワーク・ライフ・バランス改善、生産性向上などの多くの効果があることから、政府はテレワークの効果、テレワークを導入・実施する際の労務管理上の留意点、企業での実践事例について 『テレワーク・セミナーin福岡』を厚生労働省主催、福岡県共催で 『福岡ガーデンパレス3F宝満』1月14日金曜日に行います。  『テレワーク・セミナー事務局』まで
2011/1/5
『国際ソロプチミスト田川』 が12月21日に社会奉仕事業の一環として、障害者支援施設「寺子屋作業所ほのぼのの家」、「田川市伊加利人形芝居保存会」、田川市立図書館の3団体に11月、12月に開いたチャリティーバザーの益金の一部を寄付しました。  田川市役所で行われた寄贈式には、それぞれ各団体の代表者たちが一人ずつ受け取り、感謝の意を述べました。
2011/1/4
厚生労働省では、動力プレス機械に関する技術の進展への対応や国際的な規格との整合を図るため、関連する労働安全衛生規則を改正するとともに、『動力プレス機械構造規格』と『プレス機械又はシャーの安全装置構造規格』を改正することとなりました。 平成23年1月には公布(施行は7月を予定)される運びとなっています。 改正の要点は中災防へ問合わせ下さい。
2010/12/31
水巻中学校のバレー部と卓球部の生徒たちが明神ヶ辻山で12月27日に清掃活動を行いました。  日ごろから清掃ボランティアをしている皆さんと寒風吹きすさぶ中、登山道にたまった枯葉を竹ぼうきで掃いていきました。  水巻町の明神ヶ辻山自然公園、多賀山自然公園、豊前坊山自然公園には山にある身近な自然をゆっくりと散策できる遊歩道が整備されています。
2010/12/30
水巻町総合運動公園グランドと水巻町民体育館で、12月27日、28日に福岡ソフトバンクホークスの柴原洋選手の少年野球教室が開催されました。 走塁やスライディングとお手本を見せて柴原選手は熱心に指導します。 また、総合グラウンの脇に、木製バットの材料として使えるようには50年かかるそうです。 子どもたちの歓声を聞きながら木も成長してくれるでしょう。
2010/12/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   1月1日(祝)から1月15日(土)の特集 『市民センターだより』 は、黒畑市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/12/28
旧庁舎の思い出話に花を添えて 12月27日 若宮総合支所 で庁舎お別れ会を行いました。   市議会議員や地元自治会の皆さんなど40人の皆さんが出席しました。   宮若市誕生後は総合支所として利用し、55年間にわたってまちづくりの拠点として機能してきましたこの庁舎は現在解体中で、跡地は 若宮コミニュティセンター の駐車場として利用することになります。
2010/12/27
田川地区消防本部で、11月29日「4階建て建物で火災が発生、救助者1名」を想定した、救出、消火、救急搬送訓練が実施されました。 昨年4月に田川市が導入された30m級水路付先端屈折式はしご車のほか、タンク車、救助工作車、が参加し、日ごろの訓練の成果を披露しました。 無事に救出、消火、救急搬送されると、見守っていた見学者から拍手が送られました。
2010/12/26
「第一回福智町暴力等追放町民大会」が12月12日に地域交流センターで開催されました。 今回が初めてとなる福智町民あげての暴力追放大会に住民など約300人が参加。 暴力団との関係を断ち切り、暴力に屈しない明るい福智町づくりを進めていくことを誓い、田川署副署長と理解と協力を呼びかけました。 最後は参加者全員でシュプレヒコールを上げました。
2010/12/25
学生の皆さん”いのち”について考えてみませんか? 『学生ボランティア福祉講座』を12月5日午前8時に飯塚市社会福祉協議会本所集合、午後2時頃解散予定です。 『NPO法人 子どもの村』で、高校生以上の学生を対象とした「福祉講座」を毎年開催しております。 児童虐待などの言葉を聞かない日がない今日、命そして生きることについて、考えてみませんか。
2010/12/20
平成20年9月から始まった『芦屋町ふるさと応援寄付金』。  21年度中には385万7千円(33件)の寄付をいただきました。 多くの寄付に心より感謝申し上げます。 芦屋町は、芦屋釜に代表される歴史や文化だけでなく、芦屋町の中央に流れる遠賀川や白砂青松の海岸線などすばらしい自然環境に恵まれています。 活力ある協働のまちづくりを目指しています。 
2010/12/19
勤務先の労働保険加入状況をインターネットで確認できるようになりました。   厚労省では、「勤務先や就職先の事業主が労働保険に加入しているかどうか」を、労働者や休職中の人など、どなたでも簡単に確認できるよう、厚労省HPに「労働保険の適用事業場検索」のページを12月開始しました。   事業主は(「労働者災害補償保険」と「雇用保険」)に加入義務があります。
2010/12/18
水巻町商工会が水巻町の活性化の一つになればと企画した新たなお祭り。 その名も「見ちゃれ!よっちゃれ!買っちゃれ!元気なみずまき農商工祭」。 12月12日、水巻中央公民館前の駐車場をメイン会場に行なわれたこの祭り。  無料で1000人に配布された豚汁や新鮮な野菜の軽トラック市など、晴れわたった暖かい天気も手伝い、大勢の人でにぎわいました。
2010/12/17
なかまハーモニーホールで12月10 『第20回中間市防犯大会』 が開催されました。 この大会は、中間市民と自治体との協働により、防犯意識の向上と自主防犯体制を強化し、各種の防犯活動を促進することが目的。 大会では、中間市防犯協会の仰木節夫副会長が「住民一体となり、関係機関と協力して犯罪の芽を摘む防犯活動を推進します」と力強く宣言しました。
2010/12/16
今回で20回目を迎える 「合唱フェスティバルinいとだ」 が12月5日に糸田町文化会館で開催されました。  糸田町内外から9つの団体が集まり、それぞれのすばらしい歌声を披露してくれました。  「コールさざんか糸田」 を始めとする清涼感ある透き通った歌声とハーモニーに、立ち見がでるほど盛況となった会場は聞き入りました。  歌声が響き続ける糸田町でした。
2010/12/15
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。  12月16日(水)から31日(金)の特集 『元気情報!八幡西』 で沖田中学校男子バスケットボール部を紹介します。  J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/12/14
今一度 慣れた心に喝入れて 災害防げ年末年始』働く人たちがあわただしく、安全や健康面で特に注意を要するこの時期を、無事故で過ごし、明るい年始を迎えることができるようにとの趣旨で、昭和46年から厚生労働省の後援のもと中央労働災害防止協会が主唱する運動で、40回目を迎えます。 一年の締めくくりを笑顔で送り、災害のない明るい新年を迎えましょう。
2010/12/13
プロ野球選手である福岡ソフトバンクホークスの柴原洋選手が糸田町に「アオダモ」の記念植樹のため、糸田町役場と糸田中学校に12月1日、訪れました。 柴原選手が将来プロ野球選手を目指す子どもたちのためにアオダモを植樹する「夢のプロジェクト」を始めました。 糸田町は、プロジェクトを進める関係者の出身地で、糸田町役場前庭と糸田中学校に5本ずつ植樹。
2010/12/10
『第5回福智町ふれあいマラソン大会』福智町子育連主催の「ふれあいマラソン大会」が11月14日に彦山川・中元寺川合流点河川敷で開催されました。 例年にない汗ばむ陽気に恵まれた中、福智町内の小学生80人が参加。 男女別の6部門で健脚を競いました。 沿道の声援を背に、全力で河川敷を駆け抜けた子どもたち。 ゴールする姿に大きな拍手が送られました。
2010/12/9
【飯塚市食育推進計画(案)】に対するパブリックコメント(市民意見募集)を実施します。 飯塚市民と飯塚市行政の協働により取り組む食育の充実に向け、飯塚市の基本的指針となる「飯塚市食育推進計画」の策定において、充実及び飯塚市民参画の拡大のために市民意見募集(縦覧)を実施します。 「意見提出用紙」を使用し、飯塚市保険センターに提出してください。
2010/12/8
福岡県特定(産業別)最低賃金が平成22年12月10日より改定されます。 各種商品小売業最低賃金は、平成15年〜平成22年の間金額が改定されていません。 これらの特定(産業別)最低賃金に該当しない産業は、平成22年10月22日から改定されています福岡県最低賃金(1時間692円)適用されます。  派遣労働者には、派遣先の最低賃金が適用されます。
2010/12/7
宮若市のドリームホープ若宮前で12月5日、日本一の大門松祭が行われました。  宮若市観光協会が主催して行っている大門松祭は今年で14回目。 宮若市の冬の風物詩として定着しています。 1月16日の正午からは、大門松を燃やしてどんど焼きが行われ、七草がゆも振る舞われます。 今年の無病息災を祈りませんか。  問い合わせは宮若市観光協会Tel 55-9090
2010/12/6
タスキをつないだ39.5Km 11月28日、直鞍一周駅伝競走大会が行われ、鞍手町からは鞍手北中陸上部OB(A)チームと(B)チームが出場しました。  昨年好タイムを出し2位でゴールしたもののオープン参加のため無念の記録に終わった。  気合とチーム全員でつないだタスキはしっかりとゴールを目指しみごとな快進撃で4つの区間賞と優勝を手にしました。
2010/12/5
水巻町民体育館で11月23日に『水巻ビーチボールバレー福岡県大会』が開催されました。  今回で20回目を迎えたこの大会。  福岡県内の51チームが参加しました。  最後まであきらめず、コートの端まで選手たちは必死にボールを追いかけます。 「よっしゃー」とチームメイトどうしでガッツポーズを見せ合う姿。 各パートで頑張った水巻町の各チームの皆さんでした。
2010/12/4
冬の風物詩、着々と準備進行中 日本一の大門松、順調に製作中 毎年多くの皆さんが来場する、宮若市の冬の風物詩。 今年も主役である大門松の製作が始まりました。 11月20日は宮若市の職員が中心となって、竹の切り出しなどを行いました。祭の本番は12月5日、午前11時からドリームホープ若宮前の広場で行います。 宮若市外からも是非お越しください。
2010/12/3
総務省九州管区行政評価局では『くらし・行政相談コーナー』を毎週金曜日 午前10時〜午後4時まで小倉井筒屋 新館8階 お客様相談室で開設しています。   第一金曜日に福岡県社労士会から年金・社会保険・雇用・労災保険・労働条件・労務管理・個別労働紛争・法的保護講習等の相談を承ります。  今月はさかい労務管理事務所の堺秀夫が担当致します。
2010/12/2
小竹町役場遠賀川河川敷で11月28日に 『NPO法人小竹に巣みたいまちづくりの会』 が清掃活動を行いました。 この清掃活動は年に2回開催され、遠賀川河川敷の草刈り、ごみ拾い、草の焼却などを行っています。  「こうやって活動することで、さらに小竹町を知る機会になっています。 竹炭を使った川の浄化を目指した活動を考えています。」と話されていました。
2010/12/1
直方市の水辺館前の遠賀川で、12月1日、体長70センチメートルのメスが泳いでいるのが見つかりました。 は弱っていたため、遠賀川水辺館のスタッフにより捕獲されました。 遠賀川で鮭の遡上が確認されたのは2年ぶりで、生きている鮭の捕獲は、平成14年以来8年ぶりです。  遠賀川は、鮭をまつる鮭神社が上流にあり、遡上する南限に位置すると言われています。
2010/11/30
12月1日から実施される 『歳末たすけあい運動』 は、八幡西区民の皆様からの募金により、多くの方々に温かい新年を迎えていただく運動として始まり、現在では地域福祉活動を通じ、一人暮らし年長者行事など様々な福祉事業の実施にも役立てられています。  福岡県共同募金会八幡西区支会が中心となって取り組まれ募金の一部が社会福祉協議会に配分されます。
2010/11/30
芦屋町長杯争奪チャリティーゴルフ大会 天候に恵まれた11月23日、チサンカントリークラブ遠賀で開催されました。 ゴルフ大会は、芦屋町民の健康づくり事業の一環として芦屋観光協会、芦屋町商工会の後援により行われ、芦屋町民67人の参加。 チャリティー募金の協賛寄付も大会終了後の表彰式で波多野町長から鈴木芦屋町社会福祉協議会長へ贈呈されました。
2010/11/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、さまざまな情報を市民リポーターたちがお届けします。  12月1日(水)から12月15日(水)の特集『市民センターだより』は、黒崎市民センターを紹介します。  J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/11/28
芦屋基地航空祭が午前8時から、オープニングフライトを合図に開始されます。   JR遠賀川駅、臨時駐車場よりシャトルバスが有料で運行いたします。   例年、航空祭当日は大渋滞となり、基地周辺の皆様及び来場者の皆様には、大変ご迷惑をお掛けしています。  公共交通機関のご利用をお願い致します。  飛行展示の他に地上展示など多数ございます。
2010/11/27
宮若市環境クリーン作戦 「ミッション・まちを大掃除せよ!」11月15日、宮若市内5ヶ所で同時開催となった。 約600人の皆さんが参加して地域のごみを集めました。  きれいに見える場所でも粗大ごみが草に隠れて捨られています。  参加者からはごみを捨て難い環境づくりへの提案がありました。  今回の清掃でトラック10台分の成果を上げることができました。
2010/11/26
むなかた 「水と緑の会」 は、宗像市民と行政が力を合わせ、自然を守り、宗像住民一人ひとりにとっては住みよく、親しみのある故郷にすることを目的に平成3年設立されました。 釣川クリーン作戦は、各コミニュティ運営協議会の協力を得て 「宗像市の環境イベント」 として定着し、創立20周年を迎え11月23日「むなかた環境フェスタ2010」で記念式典が行われました。
2010/11/25
直方市内の見どころを周るモニターツアーを11月28日に開催します。  昼食に直方の新しいB級グルメ『直方焼スパ』を味わい、成金饅頭や名物シュークリームなど直方の食を堪能します。  紅葉の大内花庭園、SLを展示した汽車倶楽部、洋風建築が軒を連ねる通りなどを地元ボランティアガイドの開設を聞きながら巡ります。  申込は直方市商工会議所へ問合せください。
2010/11/24
『遠賀と中間の魅力がいっぱい』 11月21日 『遠賀・中間地区農業祭』 が芦屋町「ボートレース芦屋」 で開催されました。 会場には、中間市や遠賀郡地域でとれた新鮮な野菜や農産物を生かして作った加工品などが販売され、多くの人たちでにぎわいました。 また、米の消費拡大コーナーでは、遠賀米麺を使って作った「おんが焼き米麺」の試食も用意されました。
2010/11/23
岡垣サンリーアイ・ウェーブアリーナ開館10周年記念行事として、岡垣サンリーアイと記念事業実行委員会が協働で11月21日 『元気!アリーナ10周年〜500人コンサート』 催しました。  出演は岡垣町内の合唱団など15の団体と一般参加で結成した 「500人アリーナ合唱団」。  約半年に及ぶ練習の成果を1300人を超える来場者に披露しました。
2010/11/22
新卒者の就職環境は、大変厳しい状況になっています。  意欲・能力があるにもかかわらず、厳しい就職環境の時期に当ったため、在学中に就職が決まらず就職浪人する既卒者が数多い中 『青少年の雇用機会の確保等に関して事業主が適切に対処するための指針』 に新卒採用に当たって、少なくとも卒業後3年間 は、応募できるようにすることなどが追加されました。
2010/11/21
第19回釣川クリーン作戦 本年度で19回目を迎えた 『釣川クリーン作戦』 が宗像市と「水と緑の会」、宗像市各地区コミュニティ運営協議会の主催で10月中旬から11月上旬に全地区で実施されました。  清掃活動の結果、たくさんのごみが集められ、よりきれいな釣川になりました。 これからも宗像の素晴らしい自然を守り、ごみのない環境づくりへの協力をお願いします。
2010/11/20
ちくてつ電車まつり八幡西区筑鉄黒崎車輌工場で11月20日21日に開催。  子供も大人も楽しめる!家族みんなで元気にあそぼう!! 「2000形、3000形の電車を展示します。  運転台に入り、運転士気分を味わえます。  ちくてつ電車の安全を守るモーターカーの展示を行い、こどもミニ電車が会場内を走ります。  会場には屋台などもたくさん出展します。
2010/11/19
ふるさとの大切な財産である遠賀川水系で、花の植栽活動を通じた川のにぎわいづくりを進めています。  この取り組みを進めるには、 『遠賀川』 でまちづくり、体験学習、清掃や水質改善運動など、遠賀川に関わる活動をされている皆さんのお力が必要です。  ご理解を深めていただくために飯塚市穂波福祉綜合センターで11月20日 『遠賀川交流会』 を開催します。
2010/11/18
火の用心!!小竹町役場前駐車場で小竹幼稚園の子どもたちが11月15日に防火パレードを行いました。  「火の用心」と書かれた法被を着た子どもたちは、寒さに負けず元気に踊りました。  その後、「火の用心!」の掛け声とともに庁舎内を歩きながら防火を呼びかけました。  これから空気が乾燥し火災が起こりやすい季節になりますので、十分注意しましょう
2010/11/18
JR遠賀川駅は11月15日開業120周年を迎えました。  一日あたりの乗降者数は約6000人。  通勤や通学など遠賀町の玄関として、たくさんの人を出迎え見送ってきた遠賀川駅長に話をお聞きしました。  平成24年度末には、遠賀川駅南地区の開発で、南北自由通路が開通する予定です。  通勤や通学など、さらに利用しやすい遠賀川駅を目指していきます。
2010/11/17
八幡西区黒崎駅前ペデストリアンデッキ、ふれあい通り、黒崎商店街、黒崎中央公園等をイルミネーションで飾りつけ、北九州市八幡西区副都心黒崎の魅力をアピールし、賑わいを創出する「くろさき光のマジカルランド」を22年11月19日から平成23年1月10日まで行われます。  期間中にはクリスマスコンサートや、恐竜スタンプラリーなどたくさんの催しが行われます。
2010/11/17
糸田町が音楽の町に 『第20回合唱フェスティバル』 子どもたちの明日への夢を育み、明るく夢を語れる生き生きとしたふるさとの町 『いとだ』。  糸田町をふるさととする誰でも誇れる、活気あふれ、心豊かで文化の花ひらく、「いとだ町」 心に太陽を、くちびるに歌を美しい『いとだ町』になるために‥会場を糸田町文化会館で12月5日に糸田町文化連盟主催で行われます。
2010/11/16
友遊フェスタ2010実行委員会が11月21日(日)、宗像ユリックスで 「第10回むなかた友遊フェスタ」 を開催します。 注目イベント「むなかた三女神記」 は、オーディションで一般市民が作り上げた市民参加型のミュージカル。 宗像の歴史をわかりやすく表現し、「沖ノ島を世界遺産登録に」 とPRを兼ねて上演されます。 問合わせは宗像商工会内実行委員会事務局へ。
2010/11/16
糸田町スポーツ少年団野球部「糸田ジュニアクラブ」が、平成22年田川連盟金鷲旗争奪少年野球大会(10月23日・11月3日に開催)で見事栄冠に輝きました。 今年の5月に田川予選を勝ち抜き、筑豊大会に出場しましたが、惜しくも決勝戦で敗れ、それ以後なかなか上位進出を果たすことが出来ませんでしたが、部員も徐々に増え協力の結果、初優勝を掴み取りました。
2010/11/15
パドドゥ・ル・コトブキ(旧ことぶき会館)で、10月30日『穂波ライオンズクラブ35周年記念式典』に穂波支所の福祉活動に役立てていただきたいと車両(ライオン号)の贈呈を飯塚市社会福祉協議会が受けました。 当日は、関係者など200人を越える盛大に開催される中、穂波ライオンズクラブ会長から寄贈車両の目録が飯塚市社会福祉協議会会長に手渡されました。
2010/11/15
急激な経済状況の悪化に伴い、休業等の雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に対して福岡労働局では、雇用調整助成金中小企業緊急雇用安定助成金の説明会を適時行っています。   平成22年11月16日火曜日に行われます。
『ハローワーク戸畑2階会議室』  午後2時から。 
さかい労務管理事務所』 でもお気軽に問合せ受けたまわります。
2010/11/14
宮若ライオンズクラブ 桜吹雪が舞う「なびきホール」へ、11月7日、宮若ライオンズクラブが、笠松研修センター(なびきホール)に桜の木を植樹しました。  5年前から植樹を続けている宮若ライオンズクラブの皆さん。  早朝からの作業にもかかわらず、16人の皆さんが集まりました。  今年は八本植えることができ、思いの実現へ向け着実に取り組んでいます。 
2010/11/14
芦屋町地域振興券 『にこにこ商品券』 (10%お得)を7月に引き続き11月14日に芦屋町役場1階ロビーで発売を開始します。  芦屋町商工会員以外の事業所で 『にこにこ商品券』 の取扱店を希望される方は、『芦屋町役場:地域づくり課』又は、『芦屋町商工会рQ22-2111』にお申し込みください。  取扱店ステッカーは役場地域づくり課、商工会で配布します。
2010/11/13
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。  八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、さまざまな情報を市民リポーターたちがお届けします。  11月16日(火)から11月30日(火)は『元気情報!八幡西』で東筑高校囲碁・将棋部を紹介します。  J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/11/13
田川商工会議所女性会が10月26日、チャリティーパーティの収益を寄付するため田川市役所を訪れ、田川市長に手渡しました。 田川商工会議所女性会からの寄付は昭和63年から始まり今年21回目。 田川商工会議所女性会寄付によって購入した本は「田川商工会議所女性会文庫」として図書館に設置し、今回の寄贈で文庫の冊数が1000冊を越えるまでになりました。
2010/11/12
九州場所前の11月7日、秋の直方市の恒例行事 『直方産業まつり』 に魁皇関を応援しようと過去最多の人出でにぎわいました。  激励会時には2500人が詰め掛け、魁皇関の母校である直方東小や直方二中の生徒代表らが魁皇関に激励のことばを贈りました。  同時期開催として 『第42回直方市民文化祭』 が行われ多数の直方市民の皆様で賑わいました。
2010/11/11
岡垣町西黒山区にある畑で、岡垣町の特産品本格焼酎 『岡垣』 の原料になるサツマイモ 「黄金千貫」 の収穫作業をしました。 作業には栽培管理をしてきた岡垣町認定・志向農業者連絡会を中心にシルバー人材センターや小中学生などボランティア約280人が参加して、約18tを収穫しました。 収穫した黄金千貫は、来年の6月においしい焼酎になって帰ってくる予定です。
2010/11/11
田川科学技術高等学校と平成筑豊鉄道が下田川駅のネーミングライツについて契約を行い、10月29日下伊田駅で駅名標の寄贈式がありました。 「田川科学技術高校前下伊田駅」で、来年4月から設置される予定です。 田川科学技術高等学校では、月1回の清掃活動や塗り替えなどを行っており、利用者の約6割が田川科学技術校生徒と言うことで契約に至りました。
2010/11/10
秋季全国火災予防運動が11月9日から15日まで行われます。  運動期間中14日には消防署、中間市消防団及び地域住民合同による火災防御訓練が 『須賀神社(岩瀬西町)』 で行われます。  13日にはショッパーズモールなかま・カラー広場で遠賀・中間地区防災協会主催及び 中間市消防本部 協賛による消防フェアを開催いたします。
2010/11/10
九州場所前の11月7日、秋の直方市の恒例行事 『直方産業まつり』 に魁皇関を応援しようと過去最多の人出でにぎわいました。  激励会時には2500人が詰め掛け、魁皇関の母校である直方東小や直方二中の生徒代表らが魁皇関に激励のことばを贈りました。  同時に 『第42回直方市民文化祭』 が 直方谷尾美術館 ほかで行われ直方市民の皆様で賑わいました。
2010/11/9
小竹町公民館まつり201011月6日、11月7日、中央公民館前駐車場、小竹町体育館で多くの来場者でにぎわいました。   昨年は、新型インフルエンザの感染予防のため残念ながら中止となりましたが、今年はさわやかな秋晴れの下、文化祭とお祭りが融合した小竹町公民館まつり。  出店で販売された食べ物に舌鼓を打ちながら秋の一日を過ごしました。
2010/11/9
遠賀総合運動公園相撲場で11月5日に行われた『ちびっこ相撲教室』。  教室には、佐渡ヶ嶽部屋の琴奨菊関や遠賀町出身の琴大龍、琴大村が参加して子どもたちにけいこをつけました。  元気いっぱいしこを踏むと、大きな体に全力でぶつかっていきました。  琴奨菊関は土俵に上がった子どもたちに笑顔で胸を貸し会場から大きな拍手や歓声が起きていました。
2010/11/8
11月は仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)推進期間です。   福岡県内の企業・働く皆様へ『育児の日』『11月19日(金曜日)ノー残業デーにしませんか』 福岡労働局では、福岡県内の企業・団体に一斉ノー残業デーの実施を呼びかけています。  効率的に働くためには、「毎日残業」ではなく、働き方にメリハリをつけることも大変重要です。
2010/11/8
「みんなの健康・福祉のつどい2010」を、イイヅカコスモスコモン(飯塚市文化会館)、イイヅカコミュニティセンターの各会場で10月24日に開催し、『音訳いいづか』さんにご尽力いただいたチャリティバザーの売上は、福岡県共同募金会飯塚支会へ募金と、飯塚市社会福祉協議会へ寄付を頂きました。 飯塚市民の皆様、商品提供とお買い上げありがとうございます。
2010/11/7
『ねんきん』 相談 社会保険労務士が「ねんきん定期便」などの見方や記録照会票の記入方法を説明します。 必要に応じて八幡年金事務所に連絡を取り、窓口で具体的な年金加入記録を確認します。 期日は11月16日と12月21日。 場所は遠賀漁業協同組合本所です。 定期便、ねんきん特別便、厚生年金加入記録のお知らせなど資料や委任状を持参してください。
2010/11/6
消防防火パレード 11月9日から15日は、全国一斉の秋季火災予防週間。  宮若市・鞍手町・小竹町の消防本部が合同で火の用心を呼びかけました。  宮若市の広域消防本部をスタートし、鞍手町、小竹町を「カーンカーン、カンカーン」と警鐘を鳴らしながら駆け抜ける消防車の行列。  空気が乾燥し、火災が起こりやすい季節です。  しっかりと火の元を確認してください。
2010/11/5
総務省九州管区行政評価局では『くらし・行政相談コーナー』を毎週金曜日 午前10時〜午後4時まで小倉井筒屋 新館8階 お客様相談室で開設しています。  第一金曜日に福岡県社労士会から年金・社会保険・雇用・労災保険・労働条件・労務管理・個別労働紛争・法的保護講習等の相談を承ります。 今月はさかい労務管理事務所の堺秀夫が担当致します。
2010/11/5
田川市美術館は、平成3年11月3日・文化の日に福岡県内4番目の公立美術館としてオープンし、11月3日の今回の展覧会では、20周年を記念して「田川の美術」「大切な風景」「人を描く」など6つのコーナーに分けられた会場で、心に響く作品を見つけていただきたいと思います。  この展覧会が、田川市民の財産である作品を再認識する場となることを願っています。
2010/11/4
宮若市の地区拠点として整備が進んでいる若宮コミュニティセンターは、本体工事を終え開館に向けて準備を進めている状況です。  11月1日から夜間や土日曜日、祝日の戸籍の届出が宮若市役所本庁のみとなりました。  本体工事はほぼ終わり、宮若総合支所の解体が終わり次第、外溝工事を行います。  平成23年4月以降にグランドオープンとなります。
2010/11/3
東海大学福岡短期大学で10月30日、サイエンスショー『世界一行きたい科学広場in宗像』が開かれ、子どもから大人までの科学ファン約1250人が楽しみました。  主催は、宗像市、SAFnet、東海大学関係で構成する実行委員会。  宗像市のみなさんに広く科学に興味を持ってもらおうと企画されました。  実験広場など楽しい実験に子どもたちが目を輝かせていました。
2010/11/2
飯塚市花いっぱい推進協議会会員、自衛隊飯塚駐屯地、一般参加の飯塚市民のボランティアの皆様のおかげで立派なコスモスの花を咲かせることができました。 飯塚市花いっぱい推進協議会は中の島が飯塚市民の皆様の憩いの場になるように願い、中の島花壇美化活動を11月1日から11月21日まで行っておりますので、コスモスの種をご自由にお持ち帰りください。
2010/11/1
北斗七星が、北極星と水平線との間を西から東にくぐっていく動きが 「ひしゃくで水をくんでいる」 ように見えることから 「北斗の水くみ」 と呼ばれています。  「北斗の水くみ写真展」 実行委員会では、「宗像の自然の特色を体験しよう」 を目的に11月6日鑑賞会を開催。  北に海を持つ宗像ならではの世界的にも珍しい現象を一緒に見ませんか。  誰でも参加できます。
2010/10/31
厚生労働省では、長時間労働や、これに伴う問題の解消を図るため、11月を「労働時間適正化キャンペーン」期間とし、全国一斉の電話相談の開催(11月6日土曜日)をはじめ、使用者団体・労働組合への協力要請、リーフレットの配布などによる周知啓発などによる周知啓発などの取り組みを集中的に実施します。  労働時間管理などお気軽にお電話して下さい。 
2010/10/30
マリーホール宮田で10月26日 『宮若市戦没者追悼式』 を行いました。 戦後65年目となる今年。 宮若市戦没遺族会の皆さん107人と関係者を加え175人が、先の大戦で犠牲となった方へ黙祷をささげました。 宮若市遺族会会長は、「日本の繁栄と平和は戦没者の犠牲があってこそ。忘れるわけにはいきません」次世代に語り継いでいく決意を慰霊碑の前で誓いました。
2010/10/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   11月1日(月)から11月15日(月)の特集 『市民センターだより』 は、上津役市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/10/28
イケメン留学生による 『男茶会』 が10月23・24日の2日間、NPO法人学研都市留学生支援ネットワーク(FORSNET)主催による茶会が 『芦屋釜の里』 で開かれ、約300人が訪れました。  この茶会で、お点前を披露したのは、若松区の北九州学術研究都市で学ぶイケメン男子留学生ばかり。  見事なお点前に訪れた人たちは、大変感激していました。
2010/10/28
田川市役所で『デジタル防災行政無線開局式』が10月6日に行われました。 田川市では、アナログ式防災行政無線を使用していましたが、デジタル式へ切り替え工事を昨年12月から進めていました。 災害情報や行政情報をより多くの田川市民に聞き取りやすく伝達するため、屋外放送施設を49ケ所から88ケ所に増設し、可聴地域の拡大と難聴地域の解消を図りました。
2010/10/27
新しい芦屋橋の完成記念式典が10月31日に開催されます。  平成14年度、工事に着手した芦屋橋は、橋長が242メートルのコンクリート橋で、車道の幅員が7・5メートル、歩道が両側にそれぞれ4・25メートルと従来の芦屋橋と比べてかなり広くなっています。  式典は芦屋橋架け替えに尽力した皆さんを招待し、芦屋基地自衛隊機による祝賀飛行があります。
2010/10/26
平成11年度から、11月を乳幼児突然死症候群SIDS)の対策強化月間と定め、SIDSに対する社会的関心を喚起するとともに、重点的な普及啓発活動を実施しています。  平成22年度も同様に、11月の対策強化月間を中心に、関係行政機関、関係団体等においてさまざまな普及啓発活動を行うなど、SIDSの予防に関する取組の推進を図ります。
2010/10/25
岡垣町の魅力を多くの人に知ってもらおうと、福岡女学院大学、岡垣町観光協会、遠賀漁業協同組合、岡垣町が協力して、福岡女学院大学(福岡市南区)で10月22日23日に産学官連携事業として学園祭に合わせて催しました。  訪れた人たちに、野菜やウニの瓶詰めなど岡垣町の特産品販売や、研究発表で岡垣町をPRしました。  多くの皆さんに岡垣町をPRしました。
2010/10/24
岡看護専門学校水巻校で10月22日に戴帽式が行われました。  照明が抑えられた会場の正面には、ナイチンゲール像が置かれ、1本のろうそくが灯されています。  暗やみに浮かぶナイチンゲール。  この暗やみは病や不安を抱える患者の心を、そしてろうそくの光はそこを訪れる患者の希望の光を表しているそうです。 看護師を目指す決意を新たにしていました。
2010/10/23
元気をありがとう!『平成22年度田川市公民館まつり』秋晴れのもと、田川市公民館まつりが10月10日、盛大に行われました。 田川市青少年文化ホール、田川市文化センターでは、市民会館のこがねが丘大学・公民館講座・人材バンクの受講生や、地区公民館、校区活性化協議会による作品展示や舞台発表、模擬店の出展やアトラクションも披露され楽しい一日でした。
2010/10/23
遠賀町女性防火・防災クラブが、遠賀町北部のフィールドワークを行いました。  遠賀町女性防火・防災クラブが行うフィールドワークは、遠賀町内を歩きながら、防災設備や避難場所などを確認し、災害時にあわてず迅速な救援ができるようにするものです。  遠賀町内に大雨が降り、各地区公民館から遠賀中学校や第1町民体育館に避難することを想定して行われました。
2010/10/22
登山シーズンを前に直方市消防本部と北九州市消防航空隊と合同の訓練が10月19日に直方市内で行われました。   訓練は、直方市内の鷹取山での滑落事故を想定し、ヘリが要援護者を救助後、河川敷での直方市の救急隊に引き渡す想定で行われました。   直方市内では平成15年以降18件の山岳実績があり、相互応援協定に基づいて応援要請をしています。
2010/10/21
ウェルとばたにて、10月17日(日)『市民ふれあいフェスティバル』 が開催されました。 毎年、多くのボランティア団体が参加するこのイベントの中で、八幡西区ボランティア連絡協議会は、イベント広場でのバザー出店や八幡西区ボラ連会員によるステージ演奏など、会場を大いに盛り上げました。 多くの方が 『環境』 や 『ボランティア』 に興味を持ってくださればと思います。
2010/10/20
西鞍の丘総合運動公園芝生フィールドで10月17日に 『第5回宮若スポーツフェスタ』 が行われました。 昨年と大きく異なるのはグランドが芝生化されたことです。 出場者の皆さんは手で芝の感覚を確かめている姿が印象的でした。  昨年に比べ競技種目も増えた宮若市スポーツフェスタ。  総合型スポーツクラブとして「宮若いきいきスポーツクラブ」が活動しています。
2010/10/19
晴れ渡った青空の下、岡垣サンリーアイで岡垣町最大のまつり 『まつり岡垣』 が催されました。  午前9時にJR海老津を出発したパレードには、岡垣中学校の吹奏楽部を先頭に各小学校区のこどもみこしなど約1600人が参加。  訪れた約2万人がまつりを楽しみました。  岡垣国際交流協会は今年もワールドレストランストリートを出店。 明るい笑顔で交流を深めました。
2010/10/18
労災年金受給者の皆様へ、スライド率の低下により、平成22年10月支給分から、殆どの方について、年金額が減少しています。  スライド率とは、被災当時の一般労働者の賃金の水準と直近(前年度)の水準とを比べて、年金の額を上げ下げして調整する仕組みのことです。  平成22年10月支払分から23年8月支払分のスライド率は前年に比べて低下しています。
2010/10/17
飯塚市では子育てにやさしいまちづくりを進めるため、地域と企業、飯塚市行政等が協働し子育て支援を社会全体で進めており、その一環として『赤ちゃんの駅』の設置を推進しています。 11月から『赤ちゃんの駅』に登録していただける飯塚市内の施設を募集いたします。 企業やお店の登録をお願いします。 問い合わせ先は、飯塚市役所児童育成課児童育成係となります。
2010/10/16
スポーツの秋を満喫、練習の成果を発揮!!10月10日鞍手町町民グランド『鞍手町町民体育祭』 が行われました。 37の区が参加し、今年も各地区の代表選手たちが輪投げや玉入れ、二人三脚リレーなど5種目の競技で競い合いました。 子供たちから高齢者まで、練習の成果を発揮し、競技が終った後は、晴れ晴れときっと満足のいく結果だったことでしょう。
2010/10/15
最近急増している『残業代未払いトラブル』について、その予防及び解決策を社会保険労務士が伝授します!  福岡県社会保険労務士会では「小倉リーセントホテル」で10月19日に開催します。  セミナー終了後に会場では個別相談会を実施します。  事業主の皆さまの多くのご参加を福岡県社会保険労務士会の社労士がお待ちしております。
2010/10/14
11回目となる 『アジアバトミントンジュニアクラブ選手権in岡垣』 が岡垣サンリーアイと宗像市のグローバルアリーナで催され、九州地区を始め愛知県や香港などから108チームが参加し、クラブの技を競いました。   11日の決勝では、低学年で岡垣ジュニアバトミントンクラブ、中学女子の部で海老津ジュニアバトミントンが優勝するほか、高学年の部と中学男子でも岡垣町のクラブが3位に入賞しました。
2010/10/13
10月11日の体育の日に、水巻町総合運動公園でスポーツイベント『水巻町スポーツフェスタ』が行われました。  イベントは、来年発足する総合型地域スポーツクラブに繋がるものです。 クラブは会費で運営。  やったことがないスポーツに挑戦してもらう機会や、スポーツを通して水巻町地域を活性化させるためのものです。 クラブ立ち上げの準備が進められています。
2010/10/12
福岡県最低賃金が平成22年10月22日から時間額692円に改定されます。   福岡県内の事業場の使用者は、この最低賃金以上の賃金を労働者(臨時・パート・アルバイトを含むすべての労働者)に支払わなければなりません。  派遣労働者には派遣先の事業場に適用される最低賃金が適用されます。  『必ずチェック、最低賃金! 使用者も、労働者も。』
2010/10/11
遠賀総合運動公園で10月11日行われた『スポレクおんが2010』。  遠賀総合運動公園会場には、ストラックアウトやグランドゴルフなど、子どもから大人まで、だれでも気軽に楽しめる種目が用意されています。  参加者は、設定された記録を目指して、自分の限界に挑戦していました。  また、同時開催された三輪車4時間耐久レースは、優勝チームは、約46Kmを走破しました。
2010/10/10
田川市と福岡県立大学は10月5日にお互いの特性を生かした地域社会づくりや人材の育成などで協力するために、包括的連携協定を締結しました。  田川市伊藤市長と福岡県立大学学長は、今後の官学連携強化の決意を胸に固い握手を交わしました。  お互いの協力体制をより強いものとし、保健医療や地域振興、教育文化などの広い分野で共同事業を行う予定です。
2010/10/9
第22回 筑前黒崎宿場まつり』は、長崎街道、筑前六宿の一つである黒崎宿を振り返り、祭りで地域興しをと平成元年から始まった祭りです。  八幡西区黒崎中央公園をメイン会場として、「宿場まつり」の由来でもある藩主黒田長政と重臣の「筑前黒崎黒田二十四騎」勇壮・華麗な演舞、地域芸能を中心としたステージイベントが行われました。
2010/10/8
福智町社会福祉協議会では、赤い羽根共同募金配分金事業として福智町に住む外国人の方が、家庭や地域で孤立することを防ぐとともに、日本語を習得することによって自立した生活を送れることを目的とした『子育てサロン日本語教室』を金田社会福祉センターで金曜日に月3回行っています。 子どもたちに母国の文化について紹介しました。 子どもたちはびっくり!
2010/10/7
飯塚東地区社協と飯塚市社会福祉協議会で子育てサロン「おやっとこっと」を平成22年度開催することになりました。 今までに7月15日に第1回を「おひさまとかぜ」さんに作っていただいたおもちゃで遊びました。 9月16日にはハンドマッサージを開催しました。 次回のサロンは11月18日に『リトミック』を行います、音感・リズム感を育てていく音楽教育です。
2010/10/6
国際交流を推進するため、『飯塚国際交流市民のつどい2010』を10月31日に開催します。 お国自慢料理コーナーやスピーチコンテストで様々な国の人と交流し、飯塚市の皆さんも世界を広げてみませんか? たくさんの飯塚市民のご来場をお待ちしています。 主催は飯塚国際交流推進協議会となります。 また詳しい問い合わせは飯塚市総合政策課にお願い致します。
2010/10/5
福岡県社会保険労務士会は10月9日(土)に北九州会場は『小倉駅JAM広場』 筑豊会場では『イオンモール直方』 その他県下5ヶ所で無料相談会を開催します。  労働者の方、事業主の方、年金が気になる方等どなたでもお気軽にご相談下さい。守秘義務厳守致します。  当日は国家資格を持つ社労士が、無料でご相談承ります。  広報委員として参加します。
2010/10/4
田川市の軟式野球チーム「オールスラッカーズ」の選手・スタッフ12人が9月24日が田川市役所を訪れ、「高松宮賜杯54回全日本軟式野球大会2部」の出場を田川市長に報告しました。 全国大会出場が決まると、ユニホームの右袖に新しく「田川」の刺繍を施しました。 田川市郡の20人で構成され「1試合でも多く勝ち進み全国で田川をPRしたい」と抱負を語りました。
2010/10/3
赤間宿と老舗酒蔵を訪ね自然と歴史の薫る町『宗像』へJR九州ウォーキングを10月31日に開催します。  江戸時代の風情を残す町を散策し、老舗酒蔵を巡ります。  正助ふるさと村、宗像地方指折りの古社や古寺を訪ねます。  コース後半は秋の風を感じ、川沿いや宗像路を歩く快適なコースです。   特典として宗像市などから「ちょっぴりプレゼント」などを進呈します。
2010/10/2
糸田町のスポーツ大会を勝ち抜いた大熊育成会、北区育成会が8月22日に糸田町民グラウンドでおこなわれた田川郡子ども会親善スポーツ大会のグラウンドゴルフに出場しました。 9月23日に糸田町民体育館でおこなわれた下田川子ども会親善スポーツ大会には糸田町育成選抜チームで参加し、9月19日には糸田町民グラウンドでキックベースボールに参加しました。
2010/10/1
総務省九州管区行政評価局では『くらし・行政相談コーナー』を毎週金曜日 午前10時〜午後4時まで小倉井筒屋 新館8階 お客様相談室で開設しています。  第一金曜日に福岡県社労士会から年金・社会保険・雇用・労災保険・労働条件・労務管理・個別労働紛争・法的保護講習等の相談を承ります。  今月はさかい労務管理事務所の堺秀夫が担当致します。
2010/9/30
宗像市農業委員会では、宗像地域の農業の現状を理解してもらおうと9月27日、宗像市役所で宗像市議会議員との交流会を開催。 県の北筑前普及指導センター長から、国内や宗像地域の農業・農村の現状と課題などの基調講演の後、『イノシシ対策』『耕作放棄地問題』などについて活発な意見交換を実施しました。 休憩時には宗像の特産品の試食が非常に好評でした。
2010/9/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   10月1日(金)から10月15日(金)の特集 『市民センターだより』 は、木屋瀬市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/9/28
糸田町町民グラウンド駐車場で第7回糸田町消防団消防操法大会が9月19日午前9時30分から実施されました。 日夜訓練にのぞんでいる糸田町消防団員が訓練の成果を十二分に発揮して、きびきびとしたすばやく正確な動きをみせてくれました。 大会は、猛練習を重ねた糸田町消防団第1分団が優勝する結果となりました。 糸田町消防団では団員を募集しています。
2010/9/27
厚生労働省は、10月1日より労働基準監督署内の課名を業務内容に沿った名称に変更します。  利用者から問い合わせが分かりにくいといったご意見があるためで、名称変更により、国民サービスの向上に努めます。  第1課から監督及び庶務業務担当する監督課。 安全衛生業務を担当する第2課から安全衛生課となり労災全般を担当する労災課に変更します。
2010/9/26
福智町消防団統一訓練 地域の安全安心は地域で守る。  福智町消防団統一訓練が9月26日に行われ、福智町消防団15分団280人と15台の消防車両が集まりました。  彦山川と中元寺川の合流点で行われた今回の訓練は、火災現場の近くに消火栓がない場合などを想定した訓練で、5分団づつ3班に分かれて実施。  500m間を迅速にできるように訓練しました。
2010/9/25
自由が丘産能短期大学校友会』開催の学習会が天神ビル11階会議室で行われました。 今回の学習会は、福岡学生会との共同開催となり在校生も多数参加されました。 産業能率大学でも講師をされる山田敏世先生です。  テーマは『コミュニケーション』。 在学中のスクーリングを思い出される学習会でした。 通信制に興味のある方はお気軽にお問合せください。
2010/9/24
飯塚市の玄関口にポール時計を設置しました。 まだ猛暑が残る9月13日にJR九州新飯塚駅前西口に『ポール時計』が設置され除幕式が行われました。 これは飯塚商工会議所女性会が毎年行う観月会のチャリティー40周年を記念して飯塚市に寄贈されたものです。 新飯塚駅西口にはモニュメントなどがないため、新飯塚駅を利用する通勤客らが便利にと設置されました。
2010/9/24
事故や災害は予期していないときにおこるもの。 そんなときに落ち着いて対処できるようにと9月9日に糸田町の文化会館救急の日の集いが行われました。 アトラクションでは糸田町立保育所の園児が元気に和太鼓演奏を披露してくれ、訪れた人たちを楽しませてくれました。 『災害現場でのトリアージ』と題された講演に糸田町内外からも多くの参加者がありました。
2010/9/23
いこいの里で日韓友好囲碁大会を9月18日に開催しました。 第8回目となる大会には岡垣国際交流協会と草の根交流をしている韓国と岡垣町の囲碁愛好者30人が参加。 大会は熱戦が繰り広げられ大いに盛り上がりました。 参加者は囲碁を通して交流したり、対局後に一緒に食事をしたりしながら日本と韓国の交流を深めました。 和やかな雰囲気に包まれ終了しました。
2010/9/22
追い出し猫、福岡でも人気、筑豊の「」と「文化」が大集合、9月19日、天神中央公園で 『筑豊フェア2010』 が行われました。 宮若市も特産品である追い出し猫を中心にお菓子などを販売。 予想以上に追い出し猫の知名度は高く、ブースの前に多くの皆さんが足を運んでくれました。 今後も宮若市外で行われるイベントを活用して宮若市の観光スポットをPRしていきます。
2010/9/21
芦屋町に300年にわたり伝わる「八朔の節句」は、国の「選択無形民俗文化財」に指定されています。  この伝統文化を継承するため、わら馬だごびーなをみんなで作り、盛大に飾る「筑前芦屋だごびーなとわら馬まつり」が9月25日、26日に開催されます。  祭りの最後は、わら馬とだごびーなを来場者に無料で配ります。  芦屋町が誇る伝統文化をぜひご覧ください。
2010/9/20
平成22年9月分から厚生年金保険の保険料率が改定されます。  平成16年の法律改正により、厚生年金保険の保険料率は、平成29年9月まで、毎年、改定されることになっています。  今回、改定された厚生年金保険の保険料率は「平成22年9月分(同年10月納付分)から平成23年8月分(同年9月納付分)まで」の保険料を計算する際の基礎となります。
2010/9/19
大正期に建てられた、貴重な建物の一つである讃井医院。   この建物が、9月17日に私設の向野堅一記念館として開館しました。   向野堅一は、明治維新直後の慶応4年(明治元年)に新入村(現直方市)に生まれ、『商業こそ国を豊にする。』と 中国へ渡りました。  その生涯は、激動の時代にもまれつつ、中国との真の友好関係構築に尽力しました。
2010/9/18
社会保険労務士による「ねんきん」相談が芦屋町で「ねんきん定期便」の見方や記録照会票の方法を説明します。 ねんきん定期便、厚生年金加入記録のお知らせ、年金証書、年金手帳を持参してください。 必要に応じて八幡年金事務所に連絡を取り、具体的な年金加入記録を確認します。 9月21日、10月19日の両日、芦屋町西浜町の遠賀漁業協同組合で行います。
2010/9/17
新たな歴史のスタート!!ブルガリア共和国カザンラック市と宗像市両市で「パートナーシップ協定」の締結式が9月16日、宗像市役所で開かれ、谷井市長とダミヤノフ市長が、さらなる交流を約束しました。  世界遺産のカザンラック市。  世界遺産登録を進めている沖ノ島や古墳群がある宗像市。  両市のきずながより深まるようにと、パートナーシップ協定を締結しました。
2010/9/16
岡垣中学校の1年生約190人が畑で大豆の草取りを9月13日に体験しました。 岡垣中PTA会長で畑の管理者でもある農業委員から、草の取りかたなどを聞いて作業を開始。  食材としての大豆は知っていても畑で大豆を見るのは初めて。  この取り組みは、岡垣中学校が今年から始めたもので 『食』 に関する知識を学ぶ 『食育』 に一環として行っているんものです。
2010/9/15
福智町憩いの夕べ 猛暑の夜のビアガーデン大盛況 福智町商工会主催による『福智町憩いの夕べ』 が8月28日、福智町商工会館前広場で開催され、提灯が揺らめく下、約500人がビアガーデンを楽しみました。 赤池スタンプ会の「サマー抽選会」。 商品券が当たり、歓声が響きました。 花火も打ち上げられ、それぞれの心に残る夏の思い出の一つとなったようです。
2010/9/14
「小中一貫教育全国サミットinむなかた」が8月21日、宗像ユリックスで開催されました。 このサミットは、小中一貫教育を推進する全国22自治体で組織する「小中一貫教育全国連絡協議会」が主催したものです。 宗像市では、平成18年度から日の里中学校区と大島中学校区で調査研究に取り組んできました。 宗像市の関係者が、成果を発表、熱気に包まれました。
2010/9/13
宗像市教育委員会では、宗像市内全中学校の2年生890人が、市内事業所で「働く」ことを体験する中学生職場体験事業『ワクワクWORK』を9月13日(月)から実施します、生徒を受け入れる事業所は約250か所です。  期間中、宗像市内事業所で頑張る子どもに温かい声かけをお願いします。  主体的に日々の学習活動に取り組むようになることを目的としています。
2010/9/12
福智町社会福祉協議会では7月23日〜8月28日まで福智町中央公民館にてサマースクール『かえるの学校』を開設しました。 1年生から3年生までの参加児童は「自分のことは自分でする」「友達同士なかよくたすけあう」を目標に、毎日元気に工作をしたり、プールに入ったり、ゴミひろいや障がい者の擬似体験をしたり絞り染め挑戦と有意義な夏休みを過ごしました。
2010/9/11
竪坑櫓から田川市を全国へ発信するため8月26日、NHKのお昼の生中継番組「生中継ふるさと一番」の中継が二本煙突と竪坑櫓がある田川市石炭記念公園内であり、全国に生放送されました。 参加した田川創作炭鉱節CDR21や金川小学校6年生たちは思い思いの創作炭鉱節を披露。 最後は一緒に炭坑節を皆で踊り「炭坑節発祥の地」田川市を全国に発信しました。
2010/9/10
9月10日の世界自殺予防デー』に因んで、毎年一週間を自殺予防週間として設定し、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進することとされました。  この予防週間に合わせて『ウェルとばた』で9月11日にトークセッションが行われます。  参加は無料なので詳しくは北九市立精神保健福祉センターにFax等でお申し込み下さい。
2010/9/9
筑豊のお菓子が一堂に9月4日、5日の二日間、のがみプレジデントホテルで「スィーツフェスティバルIN筑豊」が行われました。 宮若市から瀬川菓子舗心の中の家アーデリンおかしの国デセールの3店舗が出店。 宮若市ブースの前には追い出し猫のお菓子を試食しようと常にたくさんの人が並んでおり、大盛況でした。 主催者は次のイベントに意欲を燃やしていました。
2010/9/8
クロネコ宅急便のお兄さんから学びました。  9月6日、小竹町幼稚園運動場で交通安全教室は、ヤマト運輸鰍ェ社会貢献活動の一環として小竹町など各地で実施しているもので、実際に配達で使用しているトラックを使って、子どもたちに車の周りに潜んでいる危険や横断歩道の渡り方や交通ルールをわかりやすく教えてもらいました。  安全運転で安心安全(^。^)
2010/9/7
福岡県消防学校で行われた第21回福岡県消防操法大会に小竹町消防団が出場しました。  大会では、緊張感に包まれた中、円陣を組み、心を一つにした選手が登場すると団員からは大きな声援が送られました。  この声援を背に今までの訓練の集大成となる最高の操法を披露しました。  上位入賞は逃しましたが、団員の表情は達成感に満ち溢れてました。
2010/9/6
消防団がポンプ操作の技術を競う『第21回福岡県消防操法大会』9月5日に福津市の福岡県消防学校において開催されました。  福岡県内の予選を勝ち抜いた各地区の代表チームが技術を競いました。  中間市消防団も2ヶ月の訓練を重ねて参加しました。  須惠町消防団がW優勝され『第22回全国消防操法大会』に福岡県代表として11月12日に参加します。
2010/9/5
筑豊フェア2010 筑豊の「食」と「文化」が大集合! 筑豊地域(直方市・鞍手町・小竹町・宮若市・飯塚市・嘉麻市・田川市)の魅力(グルメ、特産物、観光情報など)を発信するPRイベントを福岡市天神のど真ん中天神中央公園「ふくおか交流お祭りひろば」で9月19日に開催します。 天神中央公園会場に炭都のソウルフード「田川ホルモン鍋」など自慢の味が大集合します。
2010/9/4
心の健康維持・増進全員参加でメンタルヘルス』 全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善等の労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康の確保等を図ることを目的に行われており、昭和25年の実施以来、本年で61回目です。 今年は、『心の健康維持・増進 全員参加でメンタルヘルス
2010/9/3
飯塚市の魅力を広く世界に発信しようと「いいづかインターネット放送局」を開局しました。 これは動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)を利用して、各家庭のインターネット回線に接続したパソコンで動画を見ることができます。 まだまだコンテンツは少ないですが、順次増やしていく予定です。 飯塚市を離れているご家族や知人に紹介して”旬の飯塚”をお楽しみください。
2010/9/2
後継者育成や地域農産物の消費拡大を目指して宗像市、福津市、JAむなかたの共同出資で9月1日『むなかた地域活性化機構」が発足式を開催しました。 宗像市では、共同で「むなかた地域農業振興センター」を設立し農家の経営改善支援を進めてきました。 同センターを法人化し、新たに農地の集約や後継者の育成、地域農産物の消費拡大などに取り組んでいきます。
2010/9/1
宗像市商工会が、市内経済の活性化と市民生活の安定と向上を目的に、市内取扱加盟店で使える期間限定のプレミアム付き商品券 宗像きらり商品券』 を9月1日から宗像ユリックス・イベントホールで販売します。   「宗像市内取扱加盟店」 は、のぼりやシールが目印。  商品券を購入して買い物をすると、さらに豪華商品が当るWチャンスも実施します。
2010/8/31
命を守る訓練 8月29日、大雨による被害を想定した 『芦屋町内一斉防災訓練』 が航空自衛隊芦屋基地、遠賀郡消防署芦屋分署、芦屋町消防団など関係機関や町内各自治区から計411人が参加して猛暑の中行われました。  芦屋基地隊員による救護用品の説明や、レスキュー隊による水難救助訓練の展示が行われ、災害本部から一斉に避難勧告が出されました。
2010/8/30
全国1795ヵ所の商工会が8月26日、ボランティアで一斉に各地域の清掃活動を行いました。  これは、商工会ができて50年を迎え、地域に感謝の気持ちを伝えたいと実施されたものです。  水巻町でも、水巻町商工会の皆さんが夕方にJR水巻町駅から遠賀川までの国道3号線沿いでごみ拾いを行いました。  遠賀川からの西日で汗を流しながら丁寧に拾いました。
2010/8/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   9月1日(水)から9月15日(水)の特集 『市民センターだより』 は、陣原市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/8/28
忘れられない、8月18日から20日の3日間、宮若市議会の一部の議員で構成する「新生会」が主催し、韓国普州市(チンジュシ)にある普州東中学と日韓中学国際交流を行いました。 昨年は宮若市に普州東中学校の生徒を招いて行ったことから、今年は韓国で交流することに。 歓迎の中、生徒はたくさんの韓国文化に触れるなど、忘れられない3日間になったようでした。 
2010/8/27
産卵が7月7日に確認されたアカウミガメの卵。  8月25日午後7時20分ごろ、岡垣町三里松原海岸で子ガメたちが次から次へとその姿を現しました。 ふ化は、昨年に続き2年連続。 産卵からふ化までの日数は50日、ふ化率は80%、平成4年に調査を開始してから一番短いものでした。  岡垣ウミガメ倶楽部をはじめたくさんの人たちが見守る中、大海原に旅立ちました。
2010/8/26
青少年文化ホールで8月10日『田川地区暴力団等追放総決起大会』が行われました。 これは田川地区1市6町1村でつくる「田川地区暴力団等総合対策推進協議会」が主催したもので、各種関係団体・官公庁などから約450人が参加し、暴力団追放の決意を新たにしました。 「田川地区の実現に邁進します」と力強く暴力団追放宣言を行い、安心なまちづくりを誓いました。
2010/8/25
『福智町商工会』となって初めて行われる「ILOVEフクチフェスタ」が猛暑となった8月6日に福智町新町通り商店街で開催されました。  昭和51年から「夜市」として、平成3年からは「カナダフエスタ」と親しまれたイベントを福智町「フクチフェスタ」と変更したのは昨年ですが、昨年は惜しくも大雨で中止となり、今回の開催に期待が寄せられていました。
2010/8/24
子ども手当の申請は9月30日までに! 児童手当を受給していない方で、中学生以下の子どもを養育している方。  児童手当を受給していた方で、新たに子ども手当の対象となる(中学2年生、中学3年生)を養育している方。  9月30日までに申請しない場合は、申請の翌月分からの支給となり、4月分からの手当は受け取れません。  早めに手続きを済ませてください。
2010/8/23
屋上の避難者を救助 11階建て高層マンション 『サンパーク赤間』 で8月21日、マンション居住者による自主防災組織と宗像市赤間区との共催で大規模な防火避難訓練が実施されました。   宗像消防署からは、はしご車、水槽付消防ポンプ車、救助工作車、救急車などが到着。   14階まで届くはしご車がはしごを伸ばし、屋上から手を振る二人を次々と救助しました。
2010/8/22
平成22年第42回社会保険労務士試験が、福岡地区では九州産業大学キャンパス、北九州地区では九州国際大学キャンパスで行われます。  午前中は選択式試験です。  午前10時30分から80分間の試験です。  午後からは択一式試験となり、午後1時10分から3時間30分の午後4時40分までの長時間です。  体調に充分気をつけて受験に臨んで下さい
2010/8/21
北九州市消防航空隊と直鞍広域消防本部との訓練が8月20日に行われました。  宮若市力丸ダム周辺で負傷した人を地上から救出できないため、ヘリコプターで救助し犬鳴川河川敷に着陸。  地上の救急隊が搬送するというもの。  空と地上の連携が求められます。  訓練は今後予想される大規模災害も想定したもので、救急隊員にとって貴重な経験となりました。
2010/8/20
音楽で暑さを吹き飛ばせ 8月1日、真夏の太陽が照りつける中、田川市を象徴する二本煙突がある田川市石炭記念公園野外ステージで、音楽の野外イベント「TAGAWAエントツライブ2010」が開催されました。 福岡県内外からレゲエやダンスグループなど総勢10組が参加し、各グループが熱いパフォーマンスを披露しました。 観客たちは野外ライブを満喫しました。
2010/8/19
田川市中元寺川河川敷に遊歩道やカヌー乗り場などを備えた「中元寺川水辺公園」が完成し8月1日に落成式がありました。 「子どもたちにもっと川に親しんでもらいたい」と平成13年に田川市後藤寺・弓削田校区の住民による「中元寺・川づくりの会」が発足。 式展後、田川市地元の子どもたち約20人がカヌーに乗り込み、さっそく整備された田川市の川を楽しみました。
2010/8/18
『世代交流型交通安全講習会』飯塚市伊川の郷福祉センターにおいて、飯塚警察署・交通事故撲滅の試みとして交通安全講習会が7月8日に開催されました。 交流のある「伊川の郷ディサービスセンター」の利用者さんと潤野保育園の年長児が作成した「キラめきレター」と反射材の贈呈と飯塚警察署総務課長のお話を聞きました。 この様子はRKB毎日で放送されました。
2010/8/17
急激な経済状況の悪化に伴い、休業等の雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に対して福岡労働局では、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会を適時行っています。  北九州地区の開催です。 平成22年8月17日火曜日に行われます。  ハローワーク戸畑 2階会議室 となります。  詳しくは「福岡助成金センター」北九州臨時窓口まで。
2010/8/15
平成22年『筑前中間川まつり』のお知らせ 祖先に感謝をし、川をきれいにし、水質汚染、ダイオキシンの発生防止のため、筑前なかま”川まつり”を行います。   ご先祖様への感謝を忘れずに懐かしい人々を偲んで灯籠流しを行うと共に、盆踊り大会と花火大会を行い、川面に映る夏の風情をお楽しみください。   花火大会の火災警戒に中間市消防団も参加します。
2010/8/13
木屋瀬盆踊』は、江戸時代の道中姿を思わせる踊り手が、宿場町の面影を色濃く残した八幡西区木屋瀬の街で、初盆を迎える家を中心に踊ります。  きわめて洗練されていて優雅な風格のあること、その扮装がまことに特異なことが特色です。 昔の伝統・文化を脈々と伝え、引き継いできた宿場の人たちの心意気がみえます。  木屋瀬宿記念館広場で開催されます。
2010/8/10
後期高齢者医療制度は廃止し、1期4年の中で新たな制度に移行します。   後期高齢者制度の廃止に当っては、現行制度の様々な問題点の解消を図り、現政権の1期4年の中で、国民の皆様の納得と信頼が得られる新たな制度に移行するという2段階の手順で進めてまいります。   併せて高齢者の方々の安心の確保のために最大限努力してまいります。
2010/8/5
1万円が1万1千円に!!8月5日(木)販売開始。  直方商工会議所では、昨年に引き続き、福岡県と直方市の支援を受けて、プレミア付きの商品券を発行することとなりました。   『平成22年度のおがた元気いっぱい笑顔いっぱい商品券』 この商品券は、直方市の経済活性化と消費の促進を後押しするため発行するものです。 
2010/8/4
長野県上田市の児童23人が岡垣町に7月29日から8月3日にかけてやってきました。  気候や文化、風習の異なる地域で生活することで、人とのふれあいや思いやりの心を学ぼうと、平成3年から相互交流を続けているものです。  岡垣町の史跡や名所の見学など海と接することが少ない上田市の児童たち。   来年は岡垣町の児童たちが冬の上田市を訪れる予定です。
2010/8/3
福智町の温泉の魅力を歌った「福智温泉」 合併を機に制作された『福智音頭』から4年、今回、その第2弾である「福智温泉」が完成しました。 曲は3番まであり、福智町の温泉施設「白糸の湯」「ふじ湯の里」「日玉の湯」の魅力が歌詞に盛り込まれています。 前作と違い、一曲すべてが藤かおりさんの美声で歌われ、8月28日の福智町「水と灯火の夕べ」で初披露されます。
2010/8/2
異文化交流にドキドキ アジア太平洋こども会議in糸田町招聘事業が7月17日から27日までの10日間、ロシアから6人の子どもたちと引率の先生が糸田町の7家族のもとへホームスティにやってきました。 滞在中は、学童クラブで児童一緒に学び、苅田町の自動車工場の見学をし、糸田町立東保育所では園児と一緒に遊び、あっと言う間の10日間が過ぎていきました。
2010/8/1
国民健康保険に加入している皆さんは「限度額適用・標準負担額減額認定」の更新が8月から始まります。 現在交付済みの認定証の有効期限は今年7月31日までです。  更新が必要です。   認定証を医療機関へ提示すると、「限度額適用認定」では入院時の医療費負担が一定の限度までとなり、「標準負担額減額認定」では入院時の食事代が減額されます。 
2010/7/31
海老津駅前周辺の商店街で7月30日から31日で3つのイベントが催されました。  地域の皆さんが主体になって企画・立案されたもので、毎年恒例となった「えびつかぐや灯篭まつり」前夜祭として催された「がんばれ岡垣はしご酒まつり」情報プラザ人の駅で催された「マルチメディアイベント」岡垣町の元気を存分に体験できるものでした。 人、人、人で埋め尽くされました。
2010/7/30
遠賀川流域に住んでいる子どもたちが遠賀川について学習しながら交流するのを目的に『流イキキッズ交流会』が7月24・25日に開催されました。 この交流会は、遠賀・中間広域連携プロジェクトの一環として、ひびき青年会議所が行ったもので、ほかにも芦屋町花火大会の見学や砂像づくり体験など満喫しました。 参加者は49人で、遠賀町からは9人が参加しました。
2010/7/29
女性の活躍推進協議会』 は、7月1日(木)に平成22年度第1回女性の活躍推進協議会を開催し、「ポジティブ・アクション宣言」を発表しました。   協議会が先頭にたって、モデル事例を提示し、参考として頂くこと、事業主をはじめ一般市民にもポジティブ・アクションについて理解が深まり、より多くの企業が具体的なアクションを起こすことを促しています。 
2010/7/28
岡垣町波津海岸で7月17日から催されている「サマーフェスティバル『太陽と風と共に』IN波津海岸」。 24日には、浜辺で映画祭が催されました。 岡垣町波津海水浴場組合が地域を活気付けたいと町に提案し、行政と協力して実施する提案公募型事業の一環で実施です。 海水浴場では8月末まで、夜間のイルミネーションや8月20日には北斗七星の鑑賞会も催されます。
2010/7/27
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   8月1日(日)から8月15日(日)の特集 『市民センターだより』 は、陣山市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/7/27
豪雨災害再び! 7月14日未明に一度は解除された洪水警報が再度発令され飯塚市は午後1時50分に災害警戒本部を設置。 4時19分災害対策本部へと格上げし災害への応急対策に備えました。 昨年に引き続いての災害でしたが、昨年度の教訓を生かして、飯塚市消防団、飯塚市消防署など関係機関と連携を図り、被災者の被害の拡大防止について対応しました。
2010/7/26
飯塚市内の障がい児35名が参加して7月21日から4日間「第24回ふれあいサマースクーリング」を開催しました。 23日は「飯塚アイスパレス」のご協力を得て、みんなで真夏のスケートを楽しく体験することができました。 期間中は近畿大学九州短期大学、麻生医療福祉専門学校、飯塚高校、嘉穂東高校の学生・生徒約70名がボランティアで参加して頂きました。
2010/7/25
『観ちゃってん 来ちゃってん!!』 あしや花火大会 2010 芦屋の花火大会は、大正時代に始まったとされ、一時期中断しましたが、戦後昭和25年ごろ再開し、現在にいたっています。   県下でも3本の指に入るほど歴史、伝統と実績のある花火大会で、芦屋町の観光事業の最大のイベントとなっています。   空に舞い上がった花火が川面に美しさを倍増させます。 
2010/7/24
犬鳴川河川公園一帯で納涼花火大会が7月23日に行われました。  今年で41回目となる花火大会。 宮若市の夏の風物詩の一つでもあります。  筑豊地区の中でも早い時期に行われる花火大会であり、打上げ花火との距離も近いことから、多くの皆さんが来場する『宮若納涼花火大会』。 約3000発を打上げる花火大会は、宮若市に盛夏の到来を知らせるものです。
2010/7/23
飯塚市役所で7月8日「飯塚市が暴力団措置を講ずるための連携に関する協定」が飯塚市と飯塚警察署との間に締結されました。 協定に基づき、飯塚市が行う入札への参加者または飯塚市との契約取引者が暴力団員であるかどうか、飯塚市は飯塚警察署へ照会し暴力団を排除し資金の流れを絶つために、飯塚市と飯塚警察署との間に新たな支援、協力体制が整いました。
2010/7/22
パトを先頭に小竹町内を巡回 7月20日小竹町内の小学校では終業式が行われました。  夏休みに入るのに合わせて地域安全推進隊直方警察署生活安全課の皆さんが町内を巡回し、地域の防犯啓発活動を行いました。  夏休み期間中は、子どもたちが外で活発に活動することがたいへん多くなります。  各地域の皆さんの見守りなど一層の注意が必要です。
2010/7/21
骨髄バンクで末梢血幹細胞移植が始まります。   これまでの骨髄移植に加えて、新たに非血縁者間の末梢血幹細胞移植の導入を検討しています。   導入は、今年10月頃からを予定しており、最初は対象とするドナーさんと採取を実施する医療機関を、ごく小規模に限って開始させていただき、その後徐々に拡大していく予定です。  骨隋バンク登録してます♪♪
2010/7/20
『味わってみてください』7月17日に遠賀町商工会と遠賀町青年部活性協議会が、『遠賀の赤芋遠賀の雫新酒発表会』を遠賀川公民館で行いました。  「今年の純米大吟醸『遠賀の雫』は、控え目の辛口、遠賀町の特産品としてアピールしてください」と、素晴らしい出来栄えを披露。  また、遠賀の赤芋と遠賀の雫がセットになった遠賀物語も合わせて紹介されました。
2010/7/19
水面からの景色は最高 福岡県と遠賀郡・中間市が連携し、広域的な地域づくりを目指すことを目的に行われる「遠賀・中間連携プロジェクト」。  その一環として、遠賀総合運動公園水辺の広場で、「カヌー親子体験教室」が行われました。 カヌーの乗り方や漕ぎ方などの基礎講習を受けた後、ライフジャケットを装着し、いざ水面へ。  水面から見える景色を楽しんでいました。
2010/7/18
7月は社会を明るくする強調月間です。  7月12日、鞍手町の保護司会のメンバーによる啓発活動が行われました。  この日はサングリーン鞍手や川食で街頭啓発、13日は町内を広報車で一周し啓発活動を行いました。 私たち鞍手町に住む一人ひとりが、自らの問題として、大人も子どもも夢や希望を持って支えあって明るい地域づくりを目指しましょう。
2010/7/17
臓器の移植に関する法律の一部が改正され、平成22年7月17日からは、本人の臓器提供の意思が不明な場合も、御家族の承諾あれば臓器提供できるようになります。   また、これにより15歳未満の方からも脳死下での臓器提供も可能になります。  本人が18歳未満の場合は、提供病院の委員会で虐待の疑いが確認され、疑いがあれば提供することはできません。
2010/7/16
長崎街道の宿場町として重な史跡や街並みが残る八幡西区木屋瀬地区において「筑前木屋瀬祇園祭」が開催されました。  須賀神社で古くから行われている祇園祭で、豪華絢爛な山笠人形が披露されました。   初日は「奉納」、二日目は「宮入り」といい、この祭りの最大の見せ場です。  2台の山笠が駆け抜ける「追山」も圧倒する勢いがあります。
2010/7/15
飯塚市では、2009年度から本会が飯塚市の委託事業として「認知症サポーター養成講座」を開催し、合同で講座を自主開催した鎮西地区・上穂波校区・大分校区・内野校区ネットワーク委員会の参加者33人を加え、地区地域福祉ネットワーク委員会のメンバーを中心に506人の認知症サポーターが誕生しました。 2010年度は、1500人養成を目標にしています。
2010/7/13
夏の始まりを告げる、伝統の東黒山祇園山笠。   岡垣町東黒山区内のある厳島神社を出発点と終着点にして、男衆が約1t の神輿を担ぎ、区内約2kmを約3時間で回りました。  江戸時代、この地に病が流行したときにその厄除けとして始められたとされる山笠。  天災や戦時中も中断することなく続けられ、岡垣町の無形文化財に指定されています。
2010/7/12
急激な経済状況の悪化に伴い、休業等の雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に対して福岡労働局では、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会を適時行っています。  北九州地区の開催です。 平成22年7月13日火曜日に行われます。  ハローワーク戸畑 2階会議室 となります。  詳しくは「福岡助成金センター」北九州臨時窓口まで。
2010/7/11
今年もやります! 子育て生活応援商品券『得トク商品券』プレミアム付(10%お得)1万円が1万1千円に!   7月12日(月)発売開始。  遠賀町の商工振興を図り消費の促進を後押し、町を元気にしようと取り組む経済対策の一つです。  遠賀町内の商品券取り扱い店で利用できますが、10枚(専用券・緑色)については大型店では使用できません。
2010/7/9
厚生労働省では「平成22年賃金構造基本統計調査」を全国一斉に月に実施します。  毎年実施されているこの調査は、国の実施する最も重要な統計のひとつとして、法律により「基幹統計」に指定されています。  労務管理の資料として広く使用され、労災保険法による年金給付基礎日額等の算定等、各種政策決定など極めて重要な役割を果たしています。
2010/7/5
遠賀町の自然を肌で感じてもらおうと、遠賀町商工会青年部が主催して7月4日『おんが沼リンピック』が行われました。 役場近くの田んぼを利用して100人以上の選手たちが、『泥んこバレー』や『綱引き』、『○×クイズ』、『泥フラッグ』などで楽しみました。  会場からは泥まみれになりながらも一生懸命な選手たちの姿に、笑いと声援が送られていました。
2010/7/4
遠賀川水辺館の入場者数が、7月1日に20万人を超え、当日記念式典が行われました。  記念すべき20万人目となったのは、小竹西小学校2年生15人でした。  式典では、水辺館を中心に活動する川づくり交流会直方市長のほか、遠賀川河川事務所長が挨拶を行いました。  このような他の模範となる活動が続くように共に知恵を絞りましょうと話されました。
2010/7/3
昭和2年に開設された岡垣町波津海水浴場。  町が運営する休憩所で関係者約30人が参加して、海開きの式典が行われました。  『快水浴場百選』に選ばれているほか、福岡県が実施した調査でも最高位『AA』に分類されるなど、水質もお墨つきです。  海水浴は8月12日までとなります。  期間中はイベント盛りだくさんの岡垣町波津海水浴場へ是非お越しください。
2010/7/3
世界遺産地域活性化シンポジウムin水巻 筑豊炭田〜堀川〜八幡製鐵 筑豊近代遺産研究会、北九州地域研究会が主催しています。 「筑豊炭田の近代化産業遺産群」「九州の遺産群と世界遺産登録に向けた課題」などの基調講演に続き、パネルディスカッションがありました。  新日本製鐵八幡製鉄所資料アドバイザーなど5人のパネリストが参加しました。
2010/7/2
遠賀川水辺館』の入場者数が、7月1日に20万人を超え、当日は直方市で記念式典が行われました。  その日、記念すべき20万人目となったのは、小竹町立西小学校2年生15人でした。  記念式典では、遠賀川水辺館を中心に活躍する『川づくり交流会』や直方市長のほか、国土交通省遠賀川河川事務所の所長が挨拶を行いました。
2010/7/1
今日から中間市地域振興券 元気な風 商品券」 プレミアム10%付きが発売されます。   中間市内で使えるお得な商品券を、是非この機会にお求め下さい。  中間市内の事業者の皆様は、商品券取扱店にご協力下さい。  今回の商品券事業は、市内での「元気な」活気ある消費活動を目指しています。  詳しい問合せ先は、中間市産業振興課 246−6235まで。
2010/7/1
昨年に引き続き発売する 『にこにこ商品券』 は、芦屋町を元気にしようと取り組む経済対策に一つです。  7月4日(日)芦屋町役場1階で発売を開始します。   趣旨をご理解いただき、皆さんのお店や事業所で商品券を利用できるよう『取り組みへの参加のお願い』 と 『取次店の募集』 をしております。   『芦屋町役場』 又は、『芦屋町商工会』 に申込ください。
2010/6/30
九州風景街道 『唐津街道むなかた推進協議会』 が、赤間宿の街並みを紹介した案内板を宗像市赤間上町交差点に設置しました。  原町にも灯ろう型の街路灯を設置し、ロマンチックな雰囲気を醸し出しています。  赤間宿や原宿を広く情報発信し、建築物の街並み調和に対する住民の意識向上や、来訪者増加による宗像市の活性化などが期待されています。
2010/6/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   7月1日(木)から7月15日(木)の特集 『市民センターだより』 は、竹末市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/6/28
ハローワーク福岡西に「マザースコーナー」を6月28日に新設!  福岡労働局は、子育て中の方の就職支援を充実します。
福岡県内には、福岡市に「
マザースハローワーク天神」、北九州市に「マザースハローワーク北九州」を設置。  各地のこれらの施設では、ベビーチェア等を併設し、子ども連れでも安心して職業相談ができるような支援を行っています。
2010/6/27
芦屋町図書館は、6月26日にリニューアルオープンしました。  新しい図書館の特徴は次のとおりです。  約1万6千の新しい書籍を追加購入し、ゆとりのある快適な読書空間を設けました。  目の不自由な人や高齢者のため、エレベータ、読書拡大器を設置するとともに、大活字本の充実を図り、郷土の知識を深めるため、「芦屋學」コーナーを設けました。
2010/6/26
脈々と受け継がれる伝統文化 田植舞起源の早良区へ視察 糸田町の田植祭でおこなわれて「田植舞」は昭和3年の大嘗祭で新穀を奉納するための「主基斎田」に福岡市早良区脇山が指定され、そこで奉納された舞いが糸田町の「田植舞」の起源です。  6月12日に脇山で「田植舞」が奉納されることから糸田町の関係者で80年前から始まった交流の結果に感動しました。
2010/6/25
外国人技能実習制度が、平成22年7月1日より改正されます。   出入国管理及び難民認定法の改正により、入国1年目から、研修生ではなく技能実習生となります。  これに伴い、入国1年目から、労働基準法上の労働者として、労働基準関係法令の適用を受けます。  弊事務所では法的保護情報講師養成セミナーを受講しています。  お気軽にお尋ねください。
2010/6/24
カヌーで遠賀川水系彦山川を川下り 6月12日、田川市内の小学2〜6年生20人が、田川市主催のカヌー教室に参加しました。 番田橋から直方市市庁舎前まで彦山川をカヌーで下って行きました。 指導を行った田川市体育指導委員会長は、「自然の大切さや協調性を学ぶいい機会。 来年も実施するので、たくさんの田川の子どもたちに体験してほしい」話していました。
2010/6/21
急激な経済状況の悪化に伴い、休業等の雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に対して福岡労働局では、雇用調整助成金中小企業緊急雇用安定助成金の説明会を適時行っています。   平成22年6月22日火曜日に行われます。
ハローワーク戸畑2階会議室   午後2時からです。  
さかい労務管理事務所でもお気軽に問合せ受けたまわります。
2010/6/18
飯塚山笠振興会40周年実行委員会は、飯塚山笠復活40周年を記念して「走る飾り山」を作製しました。  6月6日に「えいらく広場」で行われた「ご神入れ」には飯塚市関係者らが多数集まり、飾り山の完成を祝いました。  表に「川中島の戦い」を見送り(裏)には「神功皇后伝説」を題材とした人形を配した約7mの飾り山は見る人を圧倒します。 追い山7月15日です。
2010/6/17
貸金業法が大きく変わります!』 貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者の業務等について定めている法律です。  この法律は、平成18年12月に国会で全会一致で可決・成立し、平成22年6月18日から、全面的に施行されることとなっています。 利用者の皆さんが安心して借りられるように、新しいルールがスタートします!  詳しくは金融庁にお尋ねください。
2010/6/16
田川市総合体育館で6月3日4日に『全日本愛瓢会福岡県田川市大会が開催され、全国の愛好家による蒔絵などの技巧を凝らした作品約470点が展示されました。  全日本愛瓢会の名誉総裁を務める秋篠宮殿下が、3日に田川市民など約300人が出迎え会場を訪れました。  竪坑櫓では田川炭坑節保存会・郷土民謡「田川小唄」保存会等の炭坑節をご覧になりました。
2010/6/11
全国健康保険協会では、船員保険のシンボルマークを募集します。  船員保険は、船員とそのご家族と福祉を支える制度として1940年(昭和15年)にスタートし、2010年(平成22年)で70周年を迎えます。   また。今年の1月から全国健康保険協会は事業運営を引き継ぎました。   これを機会に新たな船員保険にふさわしいシンボルマークを募集いたします。
2010/6/10
宮若市の特産品「追い出し猫」グッズを製造販売する宮若追い出し猫振興会の2009年度の売り上げが、1996年の売り出し以来過去最高の約1358万円を記録しました。   最高記録だった08年度の約1・7倍を記録しました。  追い出し猫は、約400年前、寺の大ネズミを数百匹の猫が命懸けで追い払ったと言う地元民話にちなんだキャラクターです。
2010/6/9
田川市総合体育館で5月27日「アビスパ福岡サッカークリニックinたがわ」が行われ、田川市郡の4保育園から約120人の園児が参加しました。  クリニックは、サッカーを通じて幼年期から体力増強を図ることを目的にキッズ委員会が行っています。  田川市体育協会理事長は「今日のクリニックが、スポーツに取り組むきっかけになってくれれば」と話しました。
2010/6/8
平成22年度糸田中学校体育会は5月24日に開催を予定されていましたが、朝から激しく降った雨のため残念ながら、26日に延期されて行われました。  中でも糸田中学校の一番の見せ場となる3年生女子による「糸中ソーラン」では優雅にソーラン節を披露しました。  「糸中魂」とよばれる組体操、伝統の「エッサッサ」では会場から大きな拍手が巻き起こりました。
2010/6/7
全国広報コンクール(日本広報協会主催)の結果が5月19日に発表されました。 福岡県の代表として推薦されていた福智町『広報ふくちNo48(2009年12月号)』が、広報紙町村部門で入選3席に選ばれました。 住民の目線を生かした編集が優れていると判断された作品に贈られる「読売新聞社賞」も受賞しました。 福智町の広報紙は全国で高い評価を受けています。
2010/6/6
ラブアース・クリーンアップ2010』 今年で19回目となるこの活動は「美しい海岸線を守る」という思いで実施されている清掃活動です。  晴天に恵まれたこの日、岡垣町の海岸線一帯を子どもからお年寄りまで1722人が清掃。  1時間半ほどの活動で約12tのゴミを集めました。  皆さんも自然の大切さを日ごろから意識し、美しい海岸線を守っていきましょう。
2010/6/5
2010むなかたサンセットフェスタ」 が、6月5日、サニックス玄海グラウンドで開催されました。  晴天に恵まれ、汗ばむ陽気の中、宗像市を拠点に活躍している 『福岡サニックスブルース』 と、『JR九州サンダース』 のメンバーが地域住民らと楽しいひとときを過ごしました。  フェスタの最後には盛大な花火が上がり、夕暮れのグラウンドに華を添えました。
2010/6/4
全国安全週間 は、昭和3年に初めて実施されて以来、「人命井尊重」という崇高な基本理念の下、「産業界における自主的な労働災害防止活動を推進するとともに、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」 を目的に、一度も中断することなく続けられ、本年で83回目を迎えます。  今年は平成22年7月1日から7月7日までとしています。
2010/6/3
今年で21回を迎える八幡西区の「折尾まつり」は、昭和63年に行われた『折尾スプリングフェスティバル』がまつり発足の契機となり、今では折尾地域を代表するイベントとなりました。  『世界の音楽と踊り』や『沖縄エイサー』等のステージショーをはじめ、『国際屋台村』 『ダンス&オリタン(創作ダンス)コンテスト』等を開催します。  5日6日開催です
2010/6/2
鞍手町消防団による消防訓練が浮洲公園で5月30日に行われました。  この日は鞍手町消防団の夏季訓練。 訓練の前には「土のう」づくりを行いました。 団員たちは11トンの土で約500個の土のうを作りました。 この「土のう」は、昨年の大雨により少なくなったものを補充するためのものです。 団員たちは鞍手町民の安全安心を守る大切な訓練に汗を流していました。
2010/6/1
連携協力に関する協定」を結んでいるトヨタ自動車九州鰍ゥら宗像市へ5月28日、車いすが寄贈されました。  この車いすは、平成20年1月から、従業員でちょっとしたボランティア「ちょボラ」に取り組む同社が、社内で空き缶のプルタブを回収し、車いすに交換したものです。  寄贈された車いすは今後、宗像市社会福祉協議会の「車いす貸与事業」に活用されます。
2010/5/31
父子家庭のみなさまにも児童扶養手当が支給されます!  ひとり親家庭に対する自立を支援するため、平成22年8月1日から父子家庭の父にも児童扶養手当が支給されます。  児童扶養手当を受給するためには市町村へ申請(認定請求)が必要です。  お住まいの市町村に早めにお問合せの上、平成22年11月30日までに忘れずに手続きをして下さい。
2010/5/30
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   6月1日(火)から6月15日(火)の特集 『市民センターだより』 は、千代市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/5/29
宮若市・宗像市・トヨタ自動車九州の連携協力活動として、これからの大雨に備えて『ごみゼロキャンペーン』へ参加しました。 トヨタ自動車九州須藤誠一社長をはじめ、従業員の皆さんとそのご家族約30名が、いこいの里”千石”で、ごみゼロキャンペーンに参加しました。  ごみゼロキャンペーンは、「春の遠賀川一斉清掃月間」の一環として行われました。
2010/5/28
第12回おんがレガッタ』が、遠賀川漕艇場で開催されました。  今年度は、遠賀町議会議員からの呼びかけにより、郡内4町より各町の議会チーム、各町の町長会チームが参加しました。  競技終了後は4町の町長、議員による懇親会で情報交換をし、相互の親睦を深め、実りある大会でした。  遠賀町最大のイベント、郡内を流れる「川まつり」として定着を目指しています。
2010/5/27
宮崎県で発生した口蹄疫による被害に対する社会保険料関係の対策が講じられています。  厚生年金保険料等の納付の猶予、申請に基づき、その納付の全部又は一部を1年以内の期間猶予します。  国民年金の被保険者等が、その財産に相当な損失を受けたときは、申請に基づき、その保険料を免除します。  他の対策等は厚生労働省HPをご覧ください。
2010/5/26
あいにくの空模様に中、5月22日、23日の二日間、田川市春日神社神幸祭が行われました。 約四百年の歴史を持ち福岡県指定無形民族文化財の岩戸神楽が奉納された後、神輿、女神輿を先頭に色鮮やかな馬簾やのぼりをたてた田川市各地区の山笠がまちを練り歩きました。 山笠の装飾や操作を競う山笠コンクールや踊りが行われ、訪れた人たちを楽しませていました。
2010/5/25
田川の街が最高に盛り上がる祭の季節 筑豊が誇る伝統の祭り「川渡り神幸祭」450年以上続く田川の伝統の祭りが5月15日、16日の2日間にわたり、約15万人の田川地区を中心とした観客が川筋気質の男たちのパフォーマンスに酔いしれました。 今回は貴乃花親方が山笠で、指揮棒を振るい観客を沸かせました。 「田川の人の熱気と人情を肌で感じた。」と語りました。
2010/5/24
『2010飯塚国際車いすテニス大会』が、5月12日から16日にかけて、飯塚市筑豊ハイツテニスコートをメイン会場に開催されました。 1985年に第1回を開催して以来、今では車いすテニスのスーパーシリーズの一つとして、毎年ハイレベルな戦いが繰り広げられています。 北京パラリンピック金メダリストの国枝慎吾選手が、男子シングルスメインで大会5連覇を達成。
2010/5/23
直方市出身西大関 魁皇は、大相撲夏場所23日、東京・両国国技館で千秋楽を迎え大関 琴欧州を寄り切り、初土俵以来、通産1000勝目を挙げました。 1000勝到達は、1045勝の歴代最多記録を持つ元横綱・千代の富士に次いで2人目です。 魁皇は自己の持つ幕内勝利数の歴代最多記録も832勝に更新しました。  直方市民の皆さんおめでとうございます。
2010/5/22
平成22年度年度更新の手続きは、6月1日から7月12日までにお願いします。  昨年より6月に変更となりました、一昨年までは、この時期は既に労働局よりグリーンの封筒で各事業所へ郵送されていましたが、昨年より6月1日以降に届くように一斉に郵送されます。  暫らくお待ちください。  3月4月5月の各従業員の給与関係資料をまとめて準備しましょう。
2010/5/21
五月の節句展が、4月22日〜5月10日にかけ、飯塚市歴史資料館と旧伊藤伝右衛門邸で「五月の節句展」が開催されました。  飯塚市歴史資料館には、鎧兜(よろいかぶと)のほか、鷹取城と黒崎城の模型を展示しました。  また、旧伊藤伝右衛門邸の大広間には、豊臣秀吉が嘉麻市に築いたとされる「一夜城」を再現しました。  見学者の目を楽しませていました。 
2010/5/20
芦屋町の山鹿小学校は16日、100年を越す歴史がある「浜運動会」を芦屋町山鹿の柏原漁港横の砂浜で開きました。  浜運動会は、日露戦争の戦勝祈念などで1904年に始まったとされ、同校では秋に校庭での運動会もあり、廃止が検討されたこともありましたが、伝統の1年生による相撲「山鹿場所」が今年も開催され、約470人の1年生児童がはだしで躍動しました。  
2010/5/19
19年前、旧金田町が『飯塚国際車いすテニス大会』の「カナダ」の選手を招待して始まった『飯塚国際車いすテニス大会国際交歓会』。 以後、ほかの国々の選手も続々と参加し、福智町誕生後も大会期間中の恒例行事として定着しました。 5月14日にはおよそ800人の福智町住民が集まり、選手たちを大歓迎。 選手たちは写真を撮ったり、食事に舌鼓を打ったりして交流。
2010/5/18
今年は飯塚山笠復活40周年を記念して「動く飾り山」の製作が、4月末に永楽町商店街で行われました。 博多人形師の手によって、表は「川中島の戦い」を、見送り(裏)は飯塚市にゆかりのある「神功皇后伝説」を題材とした人形を飾り付けました。 高さ7mの飾り山は、6月6日に「ご神入れ」が行われ、7月4日の集団山見せに四流れとともに飯塚市内を駆け抜けます。
2010/5/17
労働時間等見直しガイドライン」(労働時間等設定改善指針」とは、事業主及びその団体が、労働時間等の設定の改善について適切に対処するために必要な事項について定めたものです。    主な改正のポイントは年次有給休暇について事業主に対して有給休暇が労働者、事業主に関わらず取得向上を計られるように施策を講じるように定めたことです。
2010/5/16
貴船神社小竹町祇園山笠山車新調記念式典が行われました。  新調された山車は、高さが4m、長さが6m、幅が2mあり、今年の夏から、この山車に飾られた山笠が勇壮に町内を走り始めます。  今まで使われた山車と新調した山車への祈願が行われ、参加者一人ひとりが参拝しました。  小竹町祇園山笠は、7月17日、18日、19日の三日間行われます。
2010/5/15
岡垣町海鳴り太鼓の歓迎太鼓が鳴り響く青空のなか、5月13日に復元された遣唐使船が午前11時過ぎに岡垣町の三里松原沖に到着しました。  中国の上海市で開催されている万国博覧会に合わせて、現代によみがえった遣唐使船です。  岡垣国際交流協会は、14日には博多港で催されたイベントにも参加し、博多人形や上海市長宛の親書を船長に手渡しました。
2010/5/14
鞍手町消防団は、日ごろから災害や消防活動に際し、鞍手町町民の生命と財産を守るという使命を担っています。 平成3年から5年にかけて購入していた消防車両老朽化に伴い、4月22日に鞍手町消防団本部に小型動力ポンプ付軽積載車を、5月13日に第1分団と第3分団へ消防ポンプ自動車がそれぞれ配備されました。 さっそく、消防車両の操作や訓練を行いました。
2010/5/13
急激な経済状況の悪化に伴い、休業等の雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に対して本年度も福岡労働局では、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会を適時行っています。  福岡地区での開催となりますが、平成22年5月21日金曜日に行われます。  福岡合同庁舎本館1階共用第一会議室となります。  詳しくは福岡助成金センターまで。
2010/5/12
宮若市直方警察署の緊密な連携のもと、市民、警察、行政が一丸となって暴力団排除を推進していきます」と、力強く語る宮若市長と直方警察署長です。  5月10日、市役所会議室で暴力団排除措置を講ずるための連携協定書を宮若市直方警察署とで取り交わしました。  今後も宮若市の安全安心まちづくりの実現の取り組んでいきます。
2010/5/10
福岡看護専門学校水巻校の呼びかけで水巻校の生徒約100人と水巻町役場、宗像・遠賀保健福祉環境事務所の合同で、?から立屋敷の遠賀川河川敷の清掃を行いました。  好天に恵まれて賑わいをみせたGW。  弁当のプラスチック容器やペットボトルなどのゴミが次々と生徒たちの手で拾われていきました。 清掃に参加された水巻町の皆さん、ありがとうございました。
2010/5/8
福岡県社会保険労務士会北九州支部通常総会が、5月8日土曜日『大谷会館』八幡東区で行われます。  時間は14:30〜17:00です。  支部総会終了後は、立食形式の懇親会も行われる予定、出席者には県会より配布されました身分証の着用をお願いしています。  支部会費の使い方や支部の新しい方針などの行方を是非参加して確かめましょう。
2010/5/4
植木まつり』水巻町の遠賀川河川敷公園で開催中。  植木や盆栽などを展示即売する「第16回遠賀川リバーサイドガーデンフェスタ(植木まつり)」(遠賀川植木まつり振興会、毎日新聞社、水巻町社会福祉協議会主催)が5月23日まで水巻町の遠賀川第4河川敷公園で始まっています。  休日を中心にイベントが予定されています。   問合せは植木まつり事務局へ
2010/5/2
糸田祇園山笠の季節がやってきます! 5月8日(土)9日(日)夕方〜夜 フェスティバルパーク(旧役場跡)に山笠が集合!糸田町の伝統行事である山笠は、引く山笠とともに田川地区ではめずらしい担ぐ姿は、鉢巻きに三角形の肩すけシャツに短パン姿で糸田町の中を、ゆっくりとすすんで行きます。 御神輿は、一晩、近くの御旅所にとまり、クライマックスを迎えます。
2010/5/1
『川渡り青年友志会』とは、風治八幡宮の氏子であり、山笠を出篤(祭りに山笠を出すこと)している田川市全地区の青壮年組織と風治八幡宮により平成7年に設立されました。 事務局は、風治八幡宮内の置いています。 「安全祈願祭」 今回の創立十五周年を「一つの通過点」と捉えて、田川市各地区間の親睦やこの祭りの発展を通じての田川地区躍進を目標としています。
2010/4/30
吉祥寺は、鎮西上人の生誕の地であり、創建は健保から元和の頃と伝えられています。  平成10年に開園した八幡西区吉祥寺公園には芝生広場ばどがあります。  境内を白紫に染め上げます。  「野田藤三本」は樹齢150年程で、北九州市の保存樹に指定されています。  「藤まつり」は、鎮西上人の開山忌と藤の花の見ごろに併せて開催されます。
2010/4/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   5月1日(土)から5月15日(土)の特集 『市民センターだより』 は、筒井市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/4/28
協会けんぽでは、健康保険の被扶養者で被保険者証をお持ちの方が現在も健康保険の被扶養者としての条件を満たしているか定期的に再確認します。  協会けんぽ設立後後、初めての被扶養者資格の確認については、平成22年5月下旬より実施いたします。  各事業所様の御協力よろしくお願い致します。  扶養基準などお気軽に問合せください。
2010/4/27
福岡市役所前ふれあい広場と中央公園で4月17日、18日「九州ご当地グルメコンテスト」が開催されました。 ご当地グルメを通じて九州の活性化を目指すイベントで、昨年7月に長崎で初めて開催され、今回で2回目です。 プリップリホルモンと野菜でヘルシー『田川ホルモン鍋』が「九州ご当地グルメコンテスト」で3位となりましたが、優勝を目指してPRに力をいれたい。
2010/4/26
防災行政無線が開局しました。 災害時などで活用されます。 4月1日、飯塚市防災行政無線が開局し、齊藤飯塚市長がシステムの起動スイッチを入れ運用が開始されました。 飯塚市内の屋外拡声子局から緊急時のサイレンのほか、正午の時報と18時のチャイム、自治会放送などにも使用できます。 災害時において飯塚市民の皆さんの安全を守るために活用されます。
2010/4/25
宮若市や八木山川上流で4月23日にアユの稚魚、29000匹を放流しました。 これは八木山漁業協同組合が漁業資源の保護を目的に、40年前から毎年行っているものです。  体長10センチ程度のアユは元気に泳いでいきました。 6月1日にアユ漁は解禁となり、多くの釣り人で賑わう八木山川。  夏には25センチまで成長することのこと。 アユ釣りには遊魚券が必要です。
2010/4/24
『宮若市・宗像市及びトヨタ自動車九州株式会社の連携協力に関する協定書』の調印式が4月2日、同社で開かれ、宗像市長と宮若市長トヨタ自動車九州社長が、連携強化を約束しました。 この協定は、相互に連携を強化しながら青少年育成や高齢者・障がい者支援、環境保全や産業振興、文化・スポーツ振興など、まちづくり活動を推進することを目指しています。
2010/4/23
福岡県が、全国的に悪化している暴力団情勢を打開するために、暴力団の資金源と組員加入を断ち切ることなどを目的に4月1日、全国初の「県暴力団排除条例」を施行しました。 これに先立ち、宗像市では、福津市と共に昨年6月、暴力団の進出などを防止するため「宗像市暴力団等追放推進条例」を制定。 宗像市、警察が連携し安全安心なまちづくりを推進していきます。
2010/4/22
ゴールデンウィークは、思い切った連続休暇を計画できるチャンスです。   より良い仕事をしていくためには、良い休息を取ることも大切。   仕事から離れ、趣味や旅行、スポーツなどを通して、家族や仲間とのふれあいを楽しんだり自己啓発に励んだり、ボランティア活動など新しい事に挑戦したり……連続休暇の後は、気持ちよく再スタート!!
2010/4/21
「道の駅むなかた」を運営する「まちづくり宗像」社長が3月31日、宗像市へ1000万円のふるさと寄付金を「特産品の開発などの産業振興に役立てて欲しい」贈呈。 宗像市の観光情報の発信や特産品の販売など、地域産業の拠点となっている「道の駅むなかた」。 現在、ここを訪れる人は7割が宗像市外の買い物客で、その役割を果たし、宗像市の名所となりつつあります。 
2010/4/20
中間市のなかまハーモニーホールで遠賀・中間広域連携シンポジウムが開催されました。 広域連携とは、地域に眠る自然や人、物を活かして地域全域を活性化させようとするもの。 昨年、福岡県と遠賀・中間1市4町でプロジェクト推進会議が設立され、方向性が検討されてきました。 行政や民間の垣根を越えた、地域全体の活性化のためのプロジェクトが動き始めます。
2010/4/19
緑を大切に〜花の苗など無料配布〜4月15日から5月14日は「みどりの月間」です。  国民の祝日である「みどりの日」への感心と理解を深め、緑化などに関する国民の造詣を深めるために実施されています。  水巻町緑づくり推進協議会では、募金活動と苗木や花の苗の無料配布を行います。  詳しくは水巻町都市計画係へお尋ねください。 
2010/4/18
晴れ渡った春空の4月18日、遠賀川クリーンキャンペーンが水巻町猪熊の遠賀川河川敷で行われました。  参加者は総勢157人で、約1時間30分の間に河川敷いっぱいに広がり、ゴミを拾ってまわりました。  キャンペーンには、インドネシアから地元企業に技術研修で留学している研修生も参加。  すっかりきれいになった河川敷。  皆さん、お疲れ様でした。
2010/4/17
田川市が田川市消防団に配備するために購入した最新型の多機能型積載車の引渡し式が、田川市役所玄関前で伊藤田川市長から田川市消防団に3月31日に行われました。 車両概要は、定員6人で可動式小型動力ポンプや消防ホースのほかAED(自動体外式除細動器)、救急セット、担架、チェーンソーなどを搭載し、田川市消防団では初めての配備となりました。
2010/4/14
平成22年4月分から国民年金保険料が引き上げになります。  (14.660円→15.100円)となりました。  保険料を前納する割引があります。  1年度分を現金払いで前納すると『3.220円』の割引。  6ヶ月を現金払いで前納すると『740円』の割引となります。  任意の月から年度末までの前納も可能です、詳しくは年金事務所へお尋ねください。 
2010/4/11
むなかたブランド展示住宅「ふるさと安心の家」の完成式が3月25日、関係者70人が参加して開かれました。 近年、宗像市内でも少子高齢化の影響で、高齢者のみの住宅や空き家、空き地の増加などの問題が表面化しています。 赤間宿の伝統的な住宅景観を意識した外観にもこだわりました。 住宅都市・宗像市・宗像の活性化につながるような家を願っています。
2010/4/10
倒産・解雇などにより離職した方及び雇止めなどにより離職された方の国民健康保険料を軽減する制度が開始されています。軽減制度において、離職の翌日からその翌年度末までの間、前年所得の給与所得を100分の30として算定することになり、任意継続被保険者となった場合より保険料が低くなる場合があります。  月々の保険料を確認しましょう。
2010/4/9
春の交通安全県民運動の4月6日から15日は実施期間です。  この期間中4月7日、サングリーン鞍手町の前で交通安全啓発活動「セーフティステーション」が行われました。  通りがかった車は誘導により一旦停止。 交通安全協会などの皆さんがチラシや啓発グッズの配布を行い、安全運転を呼び掛けました。  交通ルールを守って交通事故を防ぎましょう。
2010/4/8
プロバスケットボールのbjリーグが3月27日、田川市総合体育館で開かれました。 2位のライジング福岡が同6位の京都ハンナリーズと対戦した公式試合に、福智町伊方出身の石谷聡選手は出場。 田川地区地元ファンから大声援を受けた石谷選手は、少年時代に駆け回った田川市総合体育館コートで気迫あふれるプレーを披露し、ライジング福岡の勝利に貢献しました。
2010/4/7
福岡県警察本部は小規模警察署の再編を行い、機能強化への取り組みを進めています。  宮若警察署は五十五年の歴史に幕を降ろし、4月から直方署と統合し、『宮若警部交番』へと変わります。  再編により、自動車警ら隊の分駐所としての機能も追加されることになりました。  宮若市の安全安心のまちづくりを進めて新しい防犯拠点として期待されています。
2010/4/6
飯塚市消防団が国土交通省九州地方整備局長水防功労者表彰を受賞 昨年の「平成21年7月中国・九州北部豪雨」における水防活動に対し、7月24日夜に安恒地区の車井堰左岸(内住川)が決壊しかかった際、飯塚市消防団穂波方面隊第2分団が身を挺して水防活動を実施、決壊を防いだことが評価され、九州地区では飯塚市、直方市の消防団の受賞となっています。
2010/4/5
雇用保険の適用範囲が平成22年4月1日から拡大されました。   新しい基準では31日以上の雇用見込みがあること、一週間当たりの所定労働時間が20時間以上であること。  また、同時に雇用保険料率が変更になりました。  労働者負担は一般の事業では1000分の6、事業主負担は1000分の9.5となりました。  
2010/4/4
緊急防災無線の運用が始まります。  緊急防災無線は、自然災害やテロ災害が起こったとき、その情報をお知らせできます。 運用開始となった4月1日に岡垣町役場で開局式が催されました。  万が一のことが起こったときは、この緊急防災無線で放送されます。  岡垣町の皆さんは受けた情報を基に自治区や自主防災組織などと協力し、冷静に行動してください。
2010/4/3
あんしん財団は、主務官庁の厚生労働省より、規約改正を審議する評議員会の召集手続に不備があったため、平成22年3月31日付けで新規加入会員の募集及び加入手続き並びに被共済者の増員が4月1日より停止しています。  あんしん財団は、早急に評議員会を開催し、認可を頂いた上で新規加入会員の募集を再開致します。  
2010/4/2
トヨタ九州PR館ウイング21にて、宮若市、宗像市、トヨタ自動車九州株式会社の3者が連携協力に関する協定書を締結しました。 協定前にも地域貢献の取り組みはありましたが、協定書を締結し、より具体的に連携を行っていくことで、市民の皆さんの協力も得ながら、地域全体の活性化を図ることを目的としています。  具体的な活動も適時お知らせ致します。
2010/4/1
認証番号第090854号を全国社会保険労務士会連合会から本日より使用許可を頂きました。   これは個人情報保護を適切に取り扱いをされている社会保険労務士事業所に付与されるものです。  SRP認証制度運営委員会が認証を求める事務所に対し審査後に付与されます。  当事務所もこのSRP認証事務所として自覚を忘れることなくよりいっそう努力します。  
2010/3/31
鞍手町再発見!!』4月9日テレビ西日本で放送 3月9日『博多華丸・大吉さん』が鞍手町に「華丸・大吉のなんしょうと?」の番組収録にやってきました。 歴史民俗資料館と石炭資料展示場などで鞍手町の歴史を散策されました。 毎週金曜日午後7時29分からテレビ西日本で放送中の番組です。 県内の市町村をぶらり散策し、その土地のひとたちとふれあう番組です。
2010/3/30
糸田町に笑いとともに春を呼ぶ『田植祭』が「おじゅごんち」の3月15日、金村神社で行われました。 糸田町内外から多くの人が訪れ、会場を埋め尽くしました。 今年は「田植舞」昭和3年の発祥の地、早良区から関係者が視察に訪れました。 糸田町長との対談などが行われました。 豊作を祈願する田植えの演技では大きな歓声があがり、大きな笑い声で包まれました。
2010/3/29
福岡地方裁判所小倉支部で4月より、労働審判事件の取扱いが開始されます。  制度開始からの約3年半の労働審判事件の運用状況を詳細に分析してみると、審判に要した期間は平均で約2ヶ月半です。  調停が成立して終了する場合が多く、全体の約8割の紛争が労働審判の申立てをきっかけとして解決しているものと思われます。
2010/3/28
『大きくなって帰っておいで』 3月20日に下田川ライオンズクラブの主催で遠賀川水系中元寺川糸田橋付近でサケの放流がおこなわれました。  糸田小学校の児童28人が参加して、堤防のごみ拾いをしました。 そのあと約2000匹のサケの稚魚を放流しました。  糸田小学校の子どもたちは「数年後にサケが中元寺川に戻ってくるように」と願いを込めて放流しました。
2010/3/27
宗像市陸上競技協会主催の、「2010宗像・中長距離記録会」 が3月14日、福岡教育大学(福教大)・マルチグラウンドで開催され、福岡県内の小学生から大学生、約300人が参加しました。  福教大・マルチグラウンドは、平成19年10月にトヨタ自動車九州が整備した1周300mの第3種公認陸上競技場です。  強豪チームの参加もあり、大いに盛り上がりました。
2010/3/26
『宗像ユリックス』に市民ギャラリーオープン 宗像ユリックス2階に4月10日(土)、市民ギャラリーがオープンします。 これまでの視聴覚室を改装し、宗像市民が地元で気軽に芸術作品に接する機会を提供します。 今回、オープンを記念して、郷土の芸術家・中村研一郎画伯の作品展を実施します。 研一画伯が晩年過ごした東京都小金井市が所属する作品を展示します。
2010/3/25
『第1回市民活動交流まつり』宗像市民活動交流まつりが3月13日、「メイトム宗像」で開催されました。 平成20年4月に宗像市民活動交流館としてリニューアルオープン後、初めての市民活動交流まつり。 約50の宗像市民活動団体やコミュニティ運営協議会が参加して、約3500人が来場。 第1部と第2部に分かれて『市民活動交流まつり』は大いに盛り上がりました。
2010/3/24
中間市内最大の桜の名所垣生公園で3月28日に中間市の三大祭りの「筑前中間さくら祭り」が開催されます。   園内は、くりぬき式の横穴古墳の垣生羅漢百穴が点在してます。   赤橋を渡ると、埴生(はにゅう)神社の境内に通じています。   毎年会場は出店などもたくさん出展しています。  また、例年火災予防を兼ねて消防団が警戒に協力しています。
2010/3/23
「宗像は、いちごのふるさとです。」 宗像市では、いちご生産地のPRと販路拡大を目指して、4月18日まで『宗像いちご祭り』を宗像市内全域で開催しています。 道の駅むなかたで、3月20日、「宗像いちご祭り」がスタート。 新鮮な魚介類と共に、あまおうが山積みされた特設売場前は人の波。 1000人分のあまおうが用意され、買い物客に次々と振舞われました。
2010/3/22
宗像市内三大学と宗像市が連携して専門的な知識を持ってまちづくりを担う人材を育成する「むなかた協働大学」。 第一期生の卒業式が3月14日、宗像市民活動交流館(メイトム宗像)で開かれ、42人の『学生』の門出を祝いました。 むなかた協働大学は、福教大学、日本赤十字九州国際看護大学、東海短期大学と宗像市が設立する「むなかた大学のまち協議会が主催。
2010/3/21
労働災害等により死亡、又は休業したときには、労働基準監督署に死傷病報告を提出しなければなりません。   派遣労働者については、派遣元及び派遣先双方が所轄の労働基準監督署に死傷病報告を提出する必要があります 。  4月1日からは、休業4日以上に係るものの様式が改正され派遣元の事業者は、派遣先の郵便番号を記入することとなりました。
2010/3/20
田川文化センターで3月13日、映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」の上映会が全国に先駆けて行われました。 13時からの上映に10時頃から列ができ、1回目は満席、計3回の上映に、約2千人の観客が訪れました。 上映前には主演の小雪さんから「撮影でお世話になった田川の地でこの映画を見てもらえてうれしい。」と言うビデオメッセージが流されました。
2010/3/19
春のイベントに参加しませんか!! 第15回糸田町ペットボトルロケット大会が4月3日(土)に糸田町民グランドで開催されます。  主催はペットボトルロケット大会実行委員会です。  ペットボトルロケットない人のために糸田町文化会館で3月27日(土)ロケット製作教室を開催します。  使えるボトルと使えないタイプがあります。 糸田町社会教育係へお尋ねください。
2010/3/18
鞍手公園で『第5回環境美化ボランティア鞍手公園クリーン大作戦』が3月14日ありました。  年々参加者が増えて定着している活動です。  地域住民のほかにも大和ハウス、鞍手商工会、ライオンズクラブ、などの町内企業や団体の皆さん約200人が参加。  主催した鞍手町ボランティア連絡協議会は「参加者も増えて感謝している」と話していました。
2010/3/17
育児・介護休業法が昨年9月30日に改正され、育児・介護休業法に基づく紛争解決援助制度がスタートしています。  労働局雇用均等室では、労働者と会社との間で育児・介護休業等の民事上のトラブルが生じた場合、労働局長による問題解決に必要な助言などに加えて、調停委員が紛争解決の方法として双方に勧告する調停制度が平成22年4月1日から始まります。
2010/3/14
直方レトロタウン」で、節句をテーマにした新しいお祭りが開催されています。  「直方レトロタウン」とは、中心市街地に残る古い建物のことで、どこか懐かしいこういった建物を残そうとする取り組みが、官民共同で始まっています。   この古くて新しい直方の観光スポットにぜひおいでください。   ゆた〜っと直方節句まつり実行委員会産業振興課内) TEL 25−2155 
2010/3/13
ロシアのサンクトペテルブルクで27日に開催される「プーチン杯国際ユース柔道大会」に日本代表チームとして出場する県内8選手の壮行会が13日、宗像市のグローバルアリーナで行われました。   福岡県柔道協会主管で毎年、宗像市で開かれる国際柔道大会にロシアのチームが出場している縁で、福岡県内の中学生の選手たちが日本代表として毎年出場しています。
2010/3/12
田川地区暴力団等総合対策推進協議会が2月29日、田川市青少年文化ホールで自治体関係者、企業および防犯ボランティア団体の代表者などが集まり開催されました。 田川警察署署長が『本年の4月に排除条例と福岡県暴力団等排除元年と位置づけ、田川地区暴力団等総合対策推進協議会を中心的組織としていきたい」と参加者全員で決意表明を行いました。
2010/3/11
重厚な「クラシック」で2月27日に幕開けした『第3回福智町音楽祭』 福智町出身の童謡作曲家・河村光陽の名曲「うれしいひなまつり」のフレーズが流れだすこの季節‥福智町を代表する音楽の祭典「福智町音楽祭」で「クラシック」と「童謡」の2部門のコンサートが、2日間にわたって開催されました。 2月28日は、「童謡」の一大ステージ。 DOYO組が登場しました。
2010/3/10
福岡合同庁舎新館4階労働大会議室で急激な経済状況の悪化に伴ない、休業等の雇用調整を余儀なくされている事業主の皆様に対して、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の制度概要並びに申請書類等の記載方法に関するで説明会が3月11日に行われます。  参加が難しい場合は、お近くの社労士または、当事務所に御相談ください。
2010/3/8
飯塚市総合型地域スポーツクラブが設立 二瀬フットボールクラブが、スポーツを通じて飯塚市を活性化させようと、(財)日本体育協会に総合型地域スポーツクラブの立ち上げを申請し、2年間の設立準備期間を経て、飯塚市初の「飯塚市総合型地域スポーツクラブボアソルテ・F・飯塚」が設立、2月28日に二瀬公民館で行われた設立総会で理事長は、力強く語りました。
2010/3/7
『炭坑節発祥の地』 をPR 2月25日、田川プロバスクラブが、創立10周年記念事業として、田川後藤寺駅・田川伊田駅・平成筑豊鉄道のホームに 「炭坑節発祥の地」 と書かれた看板を設置しました。 田川プロバスクラブは、会員相互の親睦を深め、豊かな人生を創造するとともに、地域社会に奉仕することを目的とする団体で、現在28人の会員で活躍しています。
2010/3/6
オレンジ色の健康保険証は使用できなくなります。   協会けんぽの健康保険証については昨年6月から9月にかけて、新しい健康保険証(水色)に切替えを行いましたが、当面の間、従来の健康保険証(オレンジ色)も有効として取り扱ってまいりました。  今般、従来の健康保険証の使用期限が平成22年3月31日までとされます。
2010/3/5
平成筑豊鉄道株式会社が『炭都物語号』『へいちく浪漫号』車内で、映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」のPRを行っています。  田川市を中心に各地でロケが行われたこの映画が、福岡市で公開されるのに先駆けて、3月13日に田川市で特別に上映されます。  福智町になじみが深い炭鉱を平成筑豊車内に名場面に飾られた走る映画館を福智町の皆さんも乗車ください。
2010/3/4
『福智町商工会・方城町商工会合併契約書締結式』が2月10日に方城町商工会館で行われ、福智町商工会と方城町商工会会長、福智町町長、飯塚中小企業振興事務所長をはじめ約20人が出席しました。 4月1日新たにスタートする「福智町商工会」は、本所を福智町商工会館(赤池)に置きます。 福智町商工会長などの役員は5月の通常総会で決定する予定です。
2010/3/3
春の火災予防週間が、中間市、直方市など各地で3月1日から3月7日までの7日間開催されています。   統一標語『消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子』 この運動は、火災が発生しやすい時期に当り、火災予防思想の一層の普及を図り、火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させ、財産の損失を防ぐことを目的としています。
2010/3/2
『桜サク』もうすぐ桜の季節です。 飯塚市内にもたくさんの桜の名所があります。 春の訪れを満喫してみませんか。  飯塚市一番の中心部にある桜とつつじの名所の『勝盛公園』駐車場が狭いので車でのご来演は御遠慮ください。  飯塚市から峠を抜ける八木山展望台から眺めはドライバーの目を楽しませてくれます。 鳥羽公園では4月3日にはイベントが行われます。
2010/3/1
昭和30年代の炭鉱を舞台に人の情やふれあいを描いた映画『信さん』。 一昨年秋、田川市を中心に各地でロケが行われ、田川地区で200人以上のエキストラが参加しました。 田川先行上映会が3月13日(土)田川文化センターで行われます。 旧三井田川鉱業所でのロケ風景の写真を展示したパネル展を、3月11日(木)まで田川市役所1階ロビーで開催しています。
2010/2/28
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   3月1日(土)から3月15日(土)の特集 『市民センターだより』 は、塔野市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/2/27
まちの活性化に役立ててと2月9日、田川科学技術高校の生徒が、昨年11月に行われた文化祭『科技高祭』の売上金約21万円を田川市に寄付しました。 科技高祭では、3年生の全7クラスがたこ焼き、やきとりなどの模擬店を出店。 昨年はユニセフに寄付したが、今年は「田川市のまちづくりに役立てて欲しい」と田川市に寄付を決め田川市長に生徒会長から手渡しました。
2010/2/26
平成22年度の健康保険料率が変わります。   協会けんぽの財政は、景気の悪化に伴ない保険料収入が落ち込む一方、医療費の支出が増えたことにより、非常に厳しい状況となっています。   この結果、協会けんぽの健康保険料について福岡県では8.24%から平成22年3月以降は、9.40%へ大幅な引き上げとなる予定です。
2010/2/25
日本消防会館で消防団等地域活動表彰式が行われ、小竹町消防団を代表して清水渥美団長が消防庁長官表彰の表彰状を受け取りました。  小竹町消防団は、昨年、設置が義務となった「住宅用火災警報器」の設置啓発と高齢者宅への設置活動など平常時の活動において、地域防災力の向上に寄与したことが評価され、消防庁長官賞受賞となりました。
2010/2/24
飯塚コスモスコモンや旧伊藤邸、飯塚市中心商店街などで2月6日から『第10回筑前いいづか雛(ひいな)のまつり』が開催されます。  2月7日には『お雛様行列』が飯塚市商店街を練り歩き買い物客らの目を楽しませていました。  飯塚市歴史資料館等ほかの施設では、最大4月5日まで期間を延長して開催しておりますのでまだご覧でない方はぜひお越し下さい。
2010/2/23
少子・高齢化が進行する中、労働者が仕事と育児・介護が両立できる雇用環境の整備を図るため、育児・介護休業法が改正されました。   法の全面施行に向け、企業の雇用環境や規定の整備を進めていただくため、説明会を福岡商工会議所で2月23日火曜日に行われます。   育児・介護休業法の改正点について不明な点は、お気軽にさかい労務管理事務所へ。
2010/2/22
「みんなで松を植えて、さつき松原を再生しよう」と2月14日、谷井宗像市長をはじめ、各地区コミュニティ運営協議会や宗像市内の団体、キューサイ株式会社やトヨタ自動車九州株式会社の社員ら宗像市内外から約500人が植樹活動に参加しました。 さつき松原管理運営協議会と宗像市主催。  今後も宗像市をあげて、さつき松原の保全活動に取り組んでまいります。
2010/2/20
北九州地域無料労働教育講座が、福岡県と北九州市立男女共同参画センターの主催で行われます。 場所は「北九州市立男女共同参画センター」で日時は、3月4日木曜日に渡辺晶子弁護士を講師に迎えて行われる予定です。 雇用状況の悪化にともない、最近の裁判例の傾向を紹介しながら、解雇一般、雇い止め、派遣切りについて解説します。
2010/2/19
田川市中元寺川に水辺公園が整備されます。 後藤寺中学校前の河川敷きに子供から大人まで親しめる水辺公園が整備されます。 (5月末完成予定)この事業は、田川市が平成21年8月に「水辺の学校プロジェクト」(国交省所管)の登録を受けたことから、登録者である国交省により整備されるものです。 水質やゴミなどの環境改善につながることが期待されています。
2010/2/17
労働安全衛生規則の一部を改正する省令(平成22年厚生労働省令第9号)等により、平成22年4月1日から、労働安全衛生規則第四十四条第三項の規定の規定に基づき厚生労働大臣が定める基準(省略基準)が改正され、別紙のとおり定期健康診断における胸部エックス線検査及び喀痰検査の対象者の見直しが行われます。
2010/2/14
中小企業における健康診断の実施促進を図る為、第21回「職場における健康診断推進運動」が平成22年2月1日から2月末まで厚生労働省後援で行われています。  働く人とその家族の生活習慣病の予防とその早期対応が重要となっています。  
事業所規模が小さくなるにつれて受診率が低下しています。  健康管理は職業生活の源です。
2010/2/11
労働安全衛生規則の一部を改正する省令が、平成22年4月1日より改正されます。  胸部エックス線検査によって病変の発見されない者及び胸部エックス線検査によって結核発病のおそれがないと診断された者に加えて、40歳未満の者で省略基準が追加された者は、胸部エックス線検査を省略することができるものとされました。
2010/2/8
厚生労働省では、介護保険制度に係る書類・事務手続について、制度改正や報酬改定が重なったこともあり、書類作成や事務手続が煩雑で、関係者の負担となっているとの意見があることから、見直しを行うことを検討しています。   広く利用者、事業者、従事者、自治体等関係者の皆様のご意見を募集します。
2010/2/7
飯塚地元産大豆を使った 『第9回筑前飯塚・地産大豆de節分まつり』 が1月31日に開催されました。  広場には、小雨交じりの中多くの飯塚市民が訪れ、寅年生まれの年男、年女による豆まき、飯塚市地元農産物が当たる福引抽選会、地元農産物、筑穂牛の販売なども行われました。  飯塚市コスモスコモン前広場は飯塚市民を中心に会場はおおいに盛り上がりました。
2010/2/4
福祉医療機構では、年金担保融資を利用されるかたにとって必要な資金が融資され、無理のないご返済となるようにするために、平成22年2月から制度の取扱いを変更しました。   資金の必要額等の確認を強化します。  満額返済を廃止します。
返済回数を増加します。  条件変更制度を新設しました。  などなど詳しい内容は当事務所へもお尋ねください。
2010/2/3
田川市消防出初め式 安全・安心を目指して1月17日、田川市民球場駐車場で田川市消防団員など約250人が参加して、田川市消防出初式が行われました。  式では団員による通常点検が披露された後、永年勤続功労者、防災協力者、優良団員などの表彰が行われました。 田川市長は、阪神淡路大震災と昨年7月の集中豪雨に触れ市民の信頼に応えられるように。
2010/2/1
地域に根ざした学校を目指して1月15日、田川科学技術高校田川市民会館に、手作りの木製ベンチ2台を寄贈しました。前身の田川工業高校時代から10年以上、毎年田川市地域に寄贈し、12月には、学校近くの平成筑豊鉄道に同じベンチを寄贈しました。 田川科学技術高校の教諭は「地域に根ざした高校を目指し、生徒のがんばりを多くの人に知ってもらいたい。
2010/1/31
今年の4月1日から身体障害者手帳交付の対象に「肝臓機能障害」が追加されます。   指定医師の診断を受け、県の審査による認定基準をみたす人には、身体障害者手帳が交付され、障害の程度に応じて様々な障害福祉サービスが利用できます。
申請受付開始日は、2月1日から申請窓口は直方市健康福祉課(住所地等)が窓口となります。  
2010/1/30
宮若市指定文化財華厳釈迦図がある瑞石寺で1月26日に文化財防火訓練が行なわれました。   これは、奈良県の法隆寺で火災が発生し、国宝である十二面壁画が焼失したのをきっかけに、「先人達が残してくれた文化財を火災から守ろう」と、全国的に取り組んでいるものです。  直鞍広域消防本部の隊員の緊迫感ある訓練から文化財を火災から守ると伝わりました。
2010/1/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   2月1日(月)から2月15日(月)の特集 『市民センターだより』 は、中尾市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2010/1/28
さかい労務管理事務所では、あんしん財団の業務代理として中小企業の皆様の福利厚生を目指しています。  このたびサイト内の「あんしん財団」のページの内容をより詳しくいたしました。  パンフレットなども多数用意しています。  あんしん財団では、災害補償共済事業災害防止事業福利厚生事業など3つのサービスを基本に提供させて頂いています。
2010/1/27
サイト内の就業規則・給与計算・助成金のページの内容をより詳しくいたしました。   助成金は、地域時期により詳細が異なります。  さらに詳しい内容はさかい労務管理事務所へお気軽に問合せください。  また、あんしん財団の内容も掲載しています。  ホームページより詳しい内容についてはパンフレットなどもご用意すると共にご連絡頂ければ説明に伺います。 
2010/1/26
嘉麻市の稲築野球場に飯塚市消防団、嘉麻市消防団、桂川町消防団の団員約1400人が集まり『飯塚・嘉麻・桂川・消防連合出初式』が1月10日行われました。 飯塚市消防団団員ら約1400人が防火・防災の決意を新たにしました。 団員による行進が行われた後、球場近くの山田川に向かって色とりどり『祝賀放水』が8色のアーチを描いて万来の喝采を受けました。
2010/1/25
災害ゼロへの士気を高める 1月10日に『下田川二ヶ町連合消防出初式』が挙行されました。 会場となった糸田町民グラウンドに糸田町・福智町消防団員469人と消防車19台が出動しました。 突き刺すような寒さの中、中村博樹団長以下382人の福智町消防団員が、威儀を正して整列。 服装点検や分列行進などで勇壮な姿を披露した団員らは心を引き締めていました。
2010/1/24
新成人の門出を祝福 糸田町成人式「はたちの集い」が1月10日、糸田町文化会館で新しく大人の仲間入りをした98人が出席して盛大に開かれました。 式典では新成人代表が「誓いの言葉」を力強く述べ、伊藤糸田町長と約束しました。 式終了後、新成人は壇上に集まり、出席者全員が1枚の写真に収まりました。 談笑したりと会場は華やいだ雰囲気に包まれていました。
2010/1/23
ボランティア団体福智町幸の会が、古紙回収などで得た益金20万円を福智町教育委員会と福智町社会福祉協議会に寄付しました。 毎月第4日曜日を「環境の日」と定めて実施している美化活動も今年で7年目、12月25日に贈呈式が行われ、関係者にそれぞれ10万円が手渡されました。  福智町文化連盟からはハッピリフォームの商品収益金が福智町に寄付されました。
2010/1/22
厚生労働省委託事業「父親の育児休業シンポジウム〜パパが休むと日本が変わる〜」 アクロス福岡7階大会議室(福岡市中央区)1月26日火曜日にシンポジウムが開かれます。  人事担当者はもちろんのこと、子育てに関係するすべての経営者、管理職、研究者、行政機関担当者など多数の参加をお待ちしております。
2010/1/21
新春防災を誓う 1月17日 『宮若市消防出初式・宮若市鞍手郡連合消防出初式』 が宮田文化センターと鞍手町民グラウンドでそれぞれ行われました。  新春を告げる消防出初式。  鞍手町では1市2町の消防団員が威風堂々と分列行進を行いました。  昨年は集中豪雨により大きな被害が出ましたが、消防団などの活躍により人的被害をゼロにすることができました。
2010/1/20
魁皇関の記録達成を受け、直方市は1月15日に直方市表彰審査委員会を開きました。  魁皇関の大記録達成に全会一致で『直方市特別市民栄誉賞』を贈呈することが決まりました。  これからも、幕内在位記録100場所超えや通算勝利数の記録もあと62勝となっており、記録更新も期待されています。  記念イベントは2月6日(土)に行われる予定です。
2010/1/19
ハローワーク戸畑2階会議室で雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の説明会が行われました。   福岡地区、北九州地区での説明会などの情報をさかい労務管理事務所からも適時お知らせします。  また助成金を申請するためには最新の労働基準法に対応した就業規則を見直すことをお勧めします。  是非合わせてご相談下さい。
2010/1/18
平成生まれの晴れ姿「成人元年」を祝福 記念すべき新成人の門出を祝う式典が、1月11日の「成人の日」に福智町地交流センターで開催されました。  本年度は福智町では308人の対象者のうち福智町内外から225人が福智町地域交流ンーに参加しました。  恩師も多数会場にかけつけていただき、新成人を激励。 感謝の気持ちを心からかみしめました。
2010/1/17
長時間労働を抑制し、労働者の健康確保や、仕事と生活の調和を目指して、時間外労働の割増賃金率の引き上げや年次有給休暇の時間単位での取得を可能とする改正労働基準法が、平成22年4月1日から施行されます。  福岡労働局及び福岡中央労働基準監督署では、1月20日水曜日に「改正労働基準法について」を主題に「大博多ホール」で説明会を行います。
2010/1/16
2010年の宗像市成人式が1月10日、宗像ユリックス・イベントホールで開催され、新成人約800人が参加されました。 今年の成人式は、社団法人宗像青年会議所が、「市民サービス協働化提案制度」を活用して企画・運営を実施。 従来の宗像市行政主体の成人式とは、一味違った式となりました。 卒業中学校ごとに記念写真を撮影。 互いに成人を祝い合いました。
2010/1/15
『田島地区自主防災委員会』が1月11日、福津市の福岡県消防学校で開催された「平成22年宗像地区消防出初式」のアトラクション訓練に、地域の防災組織として初めて参加しました。  訓練には同委員会から31人が参加。 宗像地区で大規模な地震が発生し、倒壊などで多数のけが人が出たことを想定。  昨年の救出救護訓練に続き充実した活動を展開しています。
2010/1/14
全国一斉に平成21年10月1日より12月31日まで「赤い羽根共同募金運動」がおこなわれました。 福智町におきましても、福岡県共同募金会福智町支会を社会福祉協議会内に置き、募金運動をおこないました。 10月29日、スーパー川食の前で福智町身体障害者福祉会の皆様で街頭募金にご協力いただきました。 心より御礼申し上げます。 ありがとうございました。
2010/1/11
中間市消防出初式が1月10日に体育文化センター前広場で行われました。   消防団員は JR 中間駅 から会場までをパレード。  その後、日ごろから取り組んでいる小隊訓練やポンプ車操法訓練の成果を披露しました。   さかい労務管理事務所の当職も小隊訓練に元気に参加しました。  火災が多くなる季節です充分注意しましょう。
2010/1/10
宗像市では、今年度から毎年11月を「自治会加入促進月間」と定め、自治会加入率の向上に取り組んでいます。 取り組みの一環として昨年11月24日、「自治会加入促進キャンペーン街頭啓発」を実施。 谷井宗像市長、桑野宗像副市長、城月宗像市教育長と運営協議会などが、宗像市内3駅で啓発パンフレットやグッズを配布して自治会への加入を呼びかけました。
2010/1/8
少子・高齢化が進行する中、労働者が仕事と育児・介護が両立できる雇用環境の整備を図るため、育児・介護休業法が改正されました。 博多サンヒルズホテルで1月8日金曜日に法の全面施行に向け、説明会が行われました。   詳しくは福岡労働局雇用均等室にお問い合わせください。   または、さかい労務管理事務所までお気軽に問合せください。
2010/1/7
飯塚市社会福祉協議会では、飯塚市東地区社会福祉協議会との共催で12月3日に飯塚東公民館において子育てサロン「おやっとこっこ」を開催しました。 27名の方に参加していただきました。 ボランティアグールプ「福っ子」さんを講師にお招きし布の手作りおもちゃを作成しました。 針を使うことで、民生委員主任児童委員にも託児を手伝っていただきました。
2009/12/30
福祉バス停がもっと快適になりました。  田川科学技術高等学校の生徒から、バスを待つ患者さんなどに利用してもらえればと手作りのベンチを2脚、糸田町「今日とあすをつなぐ会」からは、糸田町立病院玄関とバス停に2つの傘立てと、緑ケ丘病院の名前の入った傘が寄贈されました。  12月17日に代表が病院前のバス停に集まり糸田町長へ寄贈式がおこなわれました。
2009/12/29
飯塚竜王ライオンズクラブのみなさんが12月21日に飯塚市教育長を訪問されました。 11月28日に飯塚竜王ライオンズクラブ主催で行われた、チャリティ講演会で得た収益の一部20万円を『飯塚市青少年育成のための事業に活用してほしい。』と飯塚市教育委員会へ寄付されたものです。 飯塚竜王ライオンズクラブの皆さんの志を受け有意義に活用されるでしょう。
2009/12/28
昨年7月の豪雨で5人が土砂崩れに巻き込まれ1人が犠牲になった福智町上弁城地区で、12月6日に防災訓練が行われました。 災害のつめ跡が生々しく残る現場に集まった田川署員や福岡県警機動隊員、福智町職員や福智町消防団員が土砂崩れを想定して訓練。 福智町住民らが見守る中、警報や避難誘導、救出を互いに連携を取りながら速やかに対処していました。
2009/12/27
中間市消防団による年末特別警戒市内巡視が12月28日から12月30日にかけて行われます。 各分団車庫に提灯点燈します。 皆さん暖房器具などに気おつけてください。  当職も第一分団消防ポンプ車に乗車して分団管轄地区をパトロールしました。 パトロール後は各分団機具点検を行い新しい年を迎える準備です。  皆さんよいお年をお迎えください。
2009/12/26
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   1月1日(金)から1月15日(金)の特集 『市民センターだより』 は、中尾市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2009/12/25
『みんなで協力して安全なまちづくりを』12月1日、飯塚市のイイヅカコスモスコモンで『安全安心まちづくり年末特別警戒合同推進大会』が開催され、一日飯塚警察署長に飯塚国際車いすテニス大会で4連覇中の国枝慎吾選手が任命されました。「安全なまちづくりに皆さんもご協力ください」と挨拶されました。 防犯強化をアピールしながら飯塚商店街をパレードしました。
2009/12/24
福岡県内の3ハローワークで『年末緊急職業相談』を実施します。  北九州地区は「ハローワーク小倉」です。  職業相談、職業訓練に係る相談、求人情報の提供などです。  また、総合労働相談としてあらゆる労働相談に応じてくださるそうです。  
この機会に利用してください。  また、福岡労働局では、事業主ばかりでなく働く人へのいろいろなサービスがあります。
2009/12/23
田川伊田駅2番ホームで12月13日に平成筑豊鉄道『炭都物語号』の出発式が行われました。  炭都物語号の長さは、全長18.5m、高さが約4m。 最高速度は時速95kmで新潟の車両メーカーが製造しました。 出発式では田川市長が挨拶をされました。  『田川小唄』保存会・田川炭坑節保存会・田川創作炭坑節CDR21の4団体が炭坑節を披露し、花を添えました。
2009/12/22
中小企業資金繰支援年末受付窓口を開設します。  中小企業向け融資保障制度でのセーフティネット5号認定にかかる相談、申請を年末にも受け付けます。  申請には必要書類等がありますので、事前に相談ください。  対象は直方市内の中小企業です。 28日から30日です。  詳しくは直方市役所産業振興課へ(25-2155)お問合せください。
2009/12/21
来年1月より、船員保険制度の改正が実施されます。  船員保険制度で実施してきた労災保険相当部分は労災保険制度に、雇用保険相当部門は雇用保険制度にそれぞれ統合され、厚生労働省が運営します。  現在の船員保険制度は、健康保険相当部分と船員保険制度として、全国健康保険協会が運営します。
2009/12/20
平成20年の11月から、月初めやイベント開催時などに限りライトアップを実施していた田川市石炭記念公園『二本煙突』『竪坑櫓』が、12月から毎日ライトアップされ荘厳で華麗な姿を夜空に浮かび上がらせています。  田川商工会議所女性会会長が「就任10年の節目として、毎日ライトアップして田川PRに役立てて欲しい」費用100万円を寄付されました。
2009/12/19
直方鉄工青年会の創立45周年記念の地域貢献事業として、福岡ソフトバンクホークスの現役選手をコーチとして招いて12月13日『ホークス野球教室』が開かれました。  当日は、直方市鞍手郡地区の軟式少年野球チーム10チーム、約100人のこども達が参加しました。  あいにくの小雨となりましたが、実演を交えて具体的に指導していました。
2009/12/18
「宗像手をつなぐ会」が12月2日、チャリティー作品展の売上金の一部を宗像市に寄付しました。  「宗像手をつなぐ会」は、陶芸や工芸仲間で平成16年に結成。  6回目となる作品展を昨年11月21日から3日間、サンリブくりえいと宗像店で開催しました。  宗像市長からは感謝の言葉、寄付金は、宗像市社会福祉協議会を通じて社会福祉事業に使わせて頂きます。
2009/12/15
ワンストップ・サービス・ディ」を12月18日金曜日午前10時00分から午後4時30分まで開催されます。  北九州地区ではハローワーク小倉です。  対象となる方は仕事を探している方で、職業相談・職業紹介、生活支援や住宅支援などを希望されている方です。  詳しくは、福岡労働局にお問合せください。
2009/12/14
宮若市歳末安全・安心住民大会 12月3日に宮田市宮田文化センターで歳末安全・安心住民大会が行われました。  犯罪や暴力、火災、交通事故のない明るい住みよいまちとする大会宣言や暴力追放講話、夜間の視認性を確認するファッションショーなどの内容となりました。  宮若市民の皆さんの協力で住みよい街へ前10時00分から午後4時30分まで開催されます。
2009/12/11
宗像市レジ袋削減懇談会では、買い物時のレジ袋削減を進めるため、ロゴマークを募集。 入賞者の表彰式が11月21日、産業振興フェスタの中で開かれました。 入賞者には、谷井宗像市長から賞品券などの副賞が手渡されました。 宗像市レジ袋削減懇談会では、レジ袋削減事業の一つとして、マイバックを貸し出しています。 環境に優しい生活を始めてみませんか。
2009/12/10
専門職団体による「無料相談会」が、平成21年12月12日(土)行われます。   県内各地で開催されますが、北九州地区では「北九州市立商工貿易会館」筑豊地区では「イイヅカコミュニティセンター」です。  先着順に受付を行います。 皆様が平等に相談を受けられるよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
2009/12/9
「生きがいディサービス」では、趣味の教室として書道教室・絵手紙教室・レザークラフト教室・フラワーアレンジ教室・陶芸教室(上野焼協同組合のご協力)をおこなっています。 11月7日8日に開催された福智町文化祭には、それぞれの教室で作成した作品を展示、ずらりと力作が並びました。 趣味の教室をとおして、生きがいづくり、仲間づくりをおこなっています。
2009/12/7
飯塚市社会福祉協議会では、平成20年12月より飯塚市役所本庁、社会福祉協議会など飯塚市内15箇所に「不要入れ歯回収ボックス」を設置、不要の入れ歯回収しています。 飯塚市社会福祉協議会が「日本入れ歯リサイクル協会」の取り組みに協力したものです。 運営費を除いた収益は、日本ユニセフ協会と飯塚市の地域福祉推進のための財源として活用しています。
2009/12/3
総務省九州管区行政評価局の主催する「北九州総合行政相談所」が小倉井筒屋新館8階で12月4日金曜日に行われます。毎月第一金曜日は行政一般の相談と年金、社会保険、雇用・労災保険、労務管理等の相談などを福岡県社会保険労務士会が、総務省の担当者と一緒に対応します。   今年度の最後の担当月となります。  3ヵ月ありがとうございました。
2009/12/1
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   12月1日(火)から12月15日(火)の特集 『市民センターだより』 は、則松市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2009/11/30
飯塚市のイイヅカコミュニティセンターで 「e−ZUKAトライバレー産学官技術交流会2009」 が11月19日に開催されました。 本交流会は、飯塚地域における産学官連携を推進し、新産業創出を図ることを目的に開催しているものです。 当日は飯塚地域の産学官関係者や地場企業による事例発表およびポスター展示等を行ない、参加者間の交流・連携を図りました。
2009/11/29
船員保険制度が来年1月より、改正実施されます。   これまで船員保険制度で実施してきた労災保険制度に、雇用保険相当部分(失業部門)は雇用保険制度にそれぞれ統合され、厚生労働省が運営します。   現在の船員保険制度は、健康保険相当部分(職務外疾病部門)と船員労働の特性に応じた独自給付を行う新しい船員保険制度として協会けんぽが運営します。
2009/11/28
『消防魂と技術をつないだ初訓練』福智町消防団で初めてとなる統一訓練が、11月8日に合流点河川敷で行われ、232人の福智町団員と福智町消防団車両16台が出同しました。 水利から離れた山林での消火活動を想定した内容で車両間をホースで中継。 無線などで連絡を取りながら、河川合流点から人見橋付近まで最長600mを見事につなぎ放水しました。ます。
2009/11/27
太平洋戦争中、日本海軍の戦艦金剛の船首に掲げられていた軍艦旗を飯塚市の遺族と旧海軍OB会・黒潮会から飯塚市歴史資料館へ寄贈していただきました。  金剛は昭和19年に米海軍潜水艦の魚雷攻撃を受け台湾沖に沈みました。  当時乗船していた飯塚市の方が旗を持ち帰り、黒潮会が大切に保管していました。 戦争に関する企画展で一般公開する予定です。
2009/11/26
飯塚国際交流推進協議会主催による「国際交流市民のつどい2009」が開催されました。  11月1日(日)のいいづかどんたく宿場祭に、飯塚市内在住の外国人とボランティアスタッフ「世界のキッチン」を出店しました。  韓国、インドネシア、ブジル、ロシアのお国自慢料理が振舞われ、会場では各国の暖かい「食」を通した国際交流が行われました。
2009/11/25
秋の恒例行事『いいばい とっても だいすき祭’09』が11月7日、8日に糸田文化会館・糸田体育館周辺において今年もにぎやかに盛大に開催されました。  幕開けとして糸田町青少年健全育成推進会議主催の『少年の主張大会』が11月7日に開催されました。 小学校5年から中学校2年までの身の回りの問題などをテーマに堂々と発表しました。
2009/11/24
総務省では、「テレワーク試行・体験プロジェクト」を募集しています。  提出期間は、平成21年9月1日から平成21年12月4日までです。  応募対象は、企業・地方公共団体等とします。  社員・職員の方個人での応募は御遠慮ください。  詳しい内容については、総務省情報流通通行政局情報流通高度化推進室へお尋ねください。
2009/11/23
人力車発明者『和泉要助』の出身地直方市で記念イベント「人力車、ふる里を走る。」が11月22日に発明者和泉要助の生誕180年、人力車誕生140年を記念したイベントが、和泉の出身地である直方市のユメニティのうがたで開かれました。  全国各地から集まった人力車を直方駅前での試乗イベントが行われ、数十年ぶりに直方の街を人力車が疾走しました。
2009/11/22
田川市石炭記念公園で10月31日、11月1日、『炭坑節発祥の地たがわ』を全国に発信する『第4回TAGAWAコールマイン・フェスティバル〜炭坑節まつり』が開催されました。   1日目は陸上自衛隊飯塚駐屯地音楽部の吹奏楽演奏と1000発の打ち上げ花火が秋の夜空を彩り、二日目は約1000人が輪をつくり、『炭坑節のふるさと田川』を印象づけました。
2009/11/21
暴力・犯罪など暴力等追放への関心を高めるため、糸田町文化会館で第20回糸田町暴力等追放町民大会を11月15日に田川警察署と糸田町等と協働で開催しました。 糸田町は暴力追放功労団体として全国暴力追放運動中央大会にて表彰を受けました。 白バイ・パトカーを先頭に福岡県警音楽隊と糸田町住民が一体となって暴力団追放運動の気運が高まりました。
2009/11/20
マザースハローワーク北九州が、小倉駅北口AIMビル8階に移転、11月24日リニューアルオープン!!  福岡労働局では、子育てと仕事との両立を希望する子育て中の方等の就職支援を充実させるため、平成18年4月からマザースハローワーク事業を実施しています。  子ども連れでも安心して職業相談ができるような支援を行っています。
2009/11/19
福智町子育連主催 『第4回福智町ふれあいマラソン大会』 が11月15日に彦山川・中元寺川合流点河川敷で開催されました。  福智町内の小中学生86人が参加し、学年や男女に分かれた8部門で健脚を競いました。  暖かい声援を背に、寒風を受けながらも全力で河川敷を駆け、息を切らしてゴールを目指すその姿に、福智町の人から大きな拍手が送られました。
2009/11/17
飯塚市社会福祉協議会では、頴田地区社会福祉協議会との共催で10月25日に頴田公民館前広場において子育てサロン「おやっとこっこ」を開催しました。 約60名もの参加があり大にぎわいでした。 日曜日の開催とあってお父さんの参加も多く、まきまきパン作りの火起こしはお父さん方に頑張っていただきました。 問い合わせ・申込先は飯塚市社会福祉協議会まで
2009/11/16
「土手の内市営住宅」で火災防御訓練が11月15日に行われました。  火災発生を想定して地域住民による初期消火活動、消防署員、中間市消防団による消火活動などを実施。  当職も筒先を担当しました。  火災防御訓練に先立ち松下中間市長による各5分団への市長巡視が行われ、中間市消防団第1分団団員も早朝より分団車庫前にて巡視を受けました。
2009/11/15
日本相撲協会巡業部副部長の貴乃花親方が伊藤田川市長を11月6日に訪問、来年12月に田川市総合体育館で開催巡業への協力を要請しました。 田川市には、先代二子山親方の後援会がありましたが、4年前の死去で解散。 今年7月、田川市内の有志約80人が集まり、『田川貴乃花部屋』を結成しました。 伊藤田川市長も青少年の健全育成を歓迎していました。
2009/11/13
大関魁皇が、故郷直方市を11月11日に母校である直方東小学校や直方第二中学校を訪れました。   向野直方市長から税の啓発を目的としたクリアファイルと感謝状を贈呈しました。  その後は、多くのファンと握手や記念撮影に快く応じてくださいました。  今年は、九州場所後の12月9日に冬巡業として直方場所が開催される予定です。
2009/11/10
ウクライナ『キエフナイチンゲール合唱団』が11月7日の直方市講演を前に市長を表敬訪問を行いました。  来日したメンバーは、9歳から17歳の音楽学校で学ぶ少女10人。  合唱団は、20年前に発生したチェリノブイリ原発事故の被害者の援助活動を行っています。 今回の引率したメンバーには、事故後に原発内へ処理作業のため被爆した人もいました。
2009/11/9
「みんなの健康・福祉のつどい2009」を10月18日(日)に飯塚会場(イイヅカコスモスコモンイベント広場、飯塚コミュニティセンター)と、筑穂会場(筑穂保健福祉総合センター)で同時開催しました。 飯塚会場にて「音訳いいづか」さんにご尽力いただきましたチャリティバザーの売上げは、福岡県共同募金会飯塚支会飯塚市社会福祉協議会へ寄付頂きました。
2009/11/7
労働時間を適正に把握し、時間外労働に対する適切な対処が必要です。  11月は、労働時間適正化キャンペーン期間です。労使の協力で進めよう! 労働時間の適正化 長時間労働の抑制のため、平成22年4月1日から改正労働基準法が施行されます。  改正点など詳しい内容はさかい労務管理事務所へお問合せ下さい。
2009/11/6
『2009実業団女子駅伝西日本大会』が10月25日、宗像市と福津市を結ぶ6区間42.195キロのコースで開かれました。 14局でテレビ放映され、宗像市の歴史や文化、街並みなども紹介されました。 レースは午前9時、谷井宗像市長の号砲で宗像市役所をスタート。 西日本各地から訪れた約2万人が沿道を埋め尽くし、宗像路を力走する選手に声援を送りました。
2009/11/5
総務省九州管区行政評価局が主催する「北九州総合行政相談所」が小倉井筒屋新館8階で11月6日金曜日に行われます。毎月第一金曜日は行政一般の相談と年金、社会保険、雇用・労災保険、労務管理等の相談などを福岡県社会保険労務士会が総務省の担当者と一緒に対応します。   今月も、さかい労務管理事務所の当職が担当させて頂きます。
2009/11/4
薬物乱用の摘発者数は、福岡県が9年連続で全国ワースト1位。  筑豊地区がその半数以上を占め、福智町でも急増中です。 青少年たちが薬物乱用の危機にさらされている状況の福智町地域が一丸となって薬物乱用に立ち向かうため『福岡県薬物乱用防止地域対話集会』を11月18日(水)に福智町同和研修センターで開催します。 皆さんの参加をお待ちしています。
2009/11/3
『宗像産業振興フェスタ』11月21日22日(農業まつり)宗像産野菜の大安売りや、安全・安心な地元食材や自然の恵みが再発見できる催しが満載。 (商工まつり・漁協まつり)宗像ユリックスで宗像商工会員による飲食物の販売、機械や住まいの商品・工芸品などの展示商談会と宗像漁協による活魚販売やイカ焼き・さざえのつぼ焼きの販売、宗像観光PRなどを開催します。
2009/11/2
社労士会労働紛争解決センター福岡は、ADR法に基づく法務大臣の認証と、社会保険労務士法に基づく厚生労働大臣の指定を受けて、社労士がその知見と経験を活かして、個別労働関係紛争を、「あっせん」という手続きにより、簡易、迅速、低廉に解決(和解の仲介)する機関です。    利用をお考えの方や詳しい内容は、さかい労務管理事務所へお問合せください。
2009/11/1
少し肌寒くなってきた10月25日に糸田町町民体育館で敬老会が開催されました。 糸田町各地区からたくさんの人たちが訪れ、終始笑顔の楽しい時間を過ごされました。 式典の部では今年80歳になった人、90歳以上の人のそれぞれの代表にお祝い状が贈られました。 みなさんが楽しみにしている演芸の部では、天馬保育園の園児による遊戯や演舞を楽しみました。
2009/10/30
国際交流イベント『国際交流市民のつどい2009【スピーチコンテスト】』を11月14日に開催します。 高校生が英語で、外国人が日本語で『夢』や『ふるさと』について思いをスピーチします。 飯塚国際交流推進協議会では、国際理解促進のための様々なプログラムを行っています。 事業の詳細・参加者募集は市報及び飯塚市のホームページで随時お知らせしています。
2009/10/29
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   11月1日(日)から11月15日(日)の特集 『市民センターだより』 は、引野市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2009/10/28
福智町の金田駅の車両基地広場で『へいちくフェスタ』が10月4日に開かれました。 平成元年10月の平成筑豊鉄道開業を祝って毎年10月に行うイベントは今年で7回目。  節目の年に過去最高の3000人が来場しました。  福智町の会場ではステージでの鉄道グッズの販売。 列車で来場した先着500人に開業20周年を祝った紅白もちがプレゼントされました。
2009/10/26
飯塚市幸袋の川島橋周辺 (旧伊藤伝右衛門邸裏) 「いいづかネイチャーフェスタ2009秋・親子魚つり大会」 が10月18日に開催されました。  親子のふれあいと環境の大切さを考える機会を飯塚青少年団体連絡協議会が企画し、穏やかな秋空の下、親子で協力して釣れた魚に子どもたちは大喜び、全員でごみ拾いを行い、大会を終了しました。
2009/10/25
労働保険とは、労災保険と雇用保険を総称した名称です。   11月は労働保険適用促進月間です。   昭和50年4月から農林水産の事業の一部を除き、労働者を一人でも使用又は雇用している全ての事業場に適用され、事業主は、その意思の有無に関わらず加入手続を取り保険料を納めなければならないことが法律で義務づけられています。
2009/10/15
中災防では、厚生労働省の委託を受け、中小事業場団体の労働衛生管理担当者、事業主、労働衛生担当者等を対象者として、事業場における新型インフルエンザ対策に関する研修を行います。 事業者においては、事前に新型インフルエンザを想定した事業継続計画を策定し、周到な準備を行うと共に冷静に行動することが必要です。 詳しくは中災防へお問合せください。
2009/10/9
中小企業のための就業規則講座が厚生労働省委託事業として10月8日木曜日にステーション小倉にて福岡県社会保険労務士会が主催しました。  当日は、事業所関係の方が数多く参加されました。  さかい労務管理事務所の当職も広報HP委員として運営に参加しました。  就業規則の見直し、新規作成ともに誠実に対応させて頂いています。
2009/10/7
福岡県ウォーキング協会が主催する『健やか爽やかウォーク日本1800歩いてニッポンを元気に』福岡県大会が10月4日小竹町で開催されました。  小竹町内と福智町や北九州市など町外から合わせて約60人が参加し、小竹町役場を発着点に小竹町の南部地域の史跡を訪ねながら歩きました。  町外から参加された人には小竹町の良さが伝わったでしょう。
2009/10/6
福岡県最低賃金が、平成21年10月16日に680円に改定されます。  最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとする制度です。  労使合意の上で定めても、それは法律によって無効とされ、最低賃金額と同様の定めをしたとものとみなされます。
2009/10/5
出産育児一時金等については、妊娠等の経済的負担を経済的負担を軽減する観点から、本年10月から、支給額を4万円引き上げ、原則42万円とするとともに、出産育児一時金等を直接医療機関等へ支払う「直接支払制度」を実施することとしておりました。  しかし今年度に限り、準備が整うまでの間、適用を猶予します。  詳しくはさかい労務管理事務所まで。
2009/10/4
「宗像きらり商品券」第2弾発売 宗像市商工会が、宗像市内経済の活性化と宗像市民生活の安定と向上を目的に、宗像市内の取扱加盟店で使える期間限定のプレミアム付き商品券「宗像きらり商品券」を10月23日(金)に発行します。 1万1000円分の商品券を1万円で発売。 「商品券取扱加盟店」は、のぼりやシールが目印。 宗像市商工会HPで確認してください。
2009/10/3
宗像警察署で9月25日、関係団体が見守るなか「飲酒運転撲滅出陣式」が開催されました。 福岡市で飲酒運転によって幼い命が失われたことを教訓に、宗像警察署が管内の飲酒運転の取締強化を図ることを目的としています。 宗像警察署長から力強い訓示のあと、警察車両が回転灯を回して宗像市街へ出動しました。 飲酒運転をしないように安全運転を心がけましょう。
2009/10/2
総務省九州管区行政評価局が主催する「北九州総合行政相談所」が小倉井筒屋新館8階お客様相談室で10月2日に行われます。  毎月第一金曜日は行政一般の相談と年金、社会保険、雇用・労災保険、労務管理等の相談などを福岡県社会保険労務士会が総務省の担当者と一緒に対応します。    今月からは、さかい労務管理事務所の当職が担当させて頂きます。
2009/10/1
全国労働衛生週間は、昭和25年から実施されており、60回を迎える。  10月1日から10月7日までを本週間としている。 
平成21年度全国労働衛生週間実施要綱を決定し、実施要綱においては、「トップが決意、みんながつくる 心の健康・明るい職場」をスローガンとし、事業場における労働衛生意識の高揚と自主的な労働衛生管理活動の推進を求めています。
2009/9/30
初体験のスポーツを楽しみながらマスター 福智町・糸田町子育連主催の下田川子ども会親善スポーツ大会が、9月13日に金田体育館で開催されました。 種目の『シャフルボード』は、細長い杖を使って円盤を得点エリアに向けて押し出し得点エリアに向けて押し出し得点を争う競技です。 福智町・糸田町両町の小中学生16チーム60人の出場者はほとんどが初めてでした。
2009/9/29
終戦直後に糸田町の旧真岡炭鉱で起きた事故によって亡くなった韓国人少年の名前が判明し、坑口があった後のそばに建てられた慰霊碑の前で事故から64年目、慰霊碑の建設から28年目となる9月17日に献花式がおこなわれました。 駐福岡大韓民国総領事館首席領事や犠牲となった上司たちの遺族など糸田町内外からおよそ300人が参加し、故人を追悼しました。
2009/9/28
産業構造が変化する中、職業生活に関する不安・ストレスを感じる労働者の割合が増加しています。  健康診断の有所見率は上昇傾向にあり、高血圧、肝疾患、糖尿病などの生活習慣病を有する労働者が増加し、企業にとって重要な課題です。  この状況に対処するため、福岡県他の共催によりももちパレス大ホールで10月8日「心とからだの健康セミナー」を開催します。
2009/9/27
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   10月1日(木)から10月15日(木)の特集 『市民センターだより』 は、星ケ丘市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2009/9/26
宗像市教育委員会では、9月14日から同18日までの5日間、宗像市内の中学2年生936人による中学生職場体験事業「ワクワクWORK」を実施しました。 幼稚園や美容院、消防署、学校など宗像市内事業所に受け入れてもらいました。 中学生を受け入れてもらった宗像市内事業所のみなさん、温かく見守ってもらった宗像市民のみなさん、協力ありがとうございました。
2009/9/25
お菓子作りの腕を競う『第2回スイーツ甲子園』に出場する飯塚高校製菓コースの3年生3人が、飯塚齊藤市長を9月3日に表敬訪問されました。 飯塚高校は昨年につづき2年連続の出場となりました。 マンゴーを使ったフルーツケーキで、九州沖縄地区予選で最優秀賞を獲得しました。 飯塚高校の3人は東京の決勝戦に向けて、日々試行錯誤を重ねています。ています。
2009/9/24
晴天に恵まれた9月13日、宗像ユリックスの多目的広場で「宗像市消防団全団員訓練」が実施されました。 訓練には、女性消防団員16人を含む350人が参加。 宗像市長や宗像地区消防本部消防長をはじめ、宗像市民が見守る中、活気ある訓練となりました。 「ポンプ操法競技」消防団員の技術の向上と士気の高揚を図り、消防活動のタイムや技術の向上を図ります。
2009/9/23
高年齢者は高い職業意欲を持っています。  現役として続けることを実現していくことが大切です。  西鉄グランドホテル2階を会場に〈財〉福岡県高齢者・職業者雇用支援協会では、10月の高年齢者雇用支援月間として事業者をはじめ広く県民の協力を得ることを目的とした「70歳まで働ける企業」の実現に向けたシンポジウムを平成21年10月7日に開催いたします。
2009/9/20
『飯塚市防災センター』と遠賀川河川敷で、『第1回いいづか防災フェア』が9月6に日開催されました。 自衛隊飯塚駐屯地、飯塚警察署、飯塚地区消防本部、福岡県警察、飯塚市消防団各方面隊など関係団体が多数参加しました。 飯塚市消防団による放水体験や救急隊によるAEDの体験指導などの催しが行われ、遠賀川河川敷では特殊車輌が展示されました。
2009/9/18
育児・介護休業法が改正され、雇用均等室では、会社との間で育児・介護休業等の民事上のトラブルが生じた場合、解決に向けた援助が平成21年9月30日からスタートします。  雇用均等室に援助をお申し出ください。  雇用均等室が双方からお話を伺います。  双方のお話を踏まえ、問題解決に必要な助言などの援助を行う制度です。
2009/9/17
防災意識を高めよう訓練を実施。 防災の日の9月1日、日の里地区で自主防災会、宗像市消防団、宗像地区消防本部が合同の防災訓練を実施。 地域住民ら約200人が参加しました。 昨年結成された自主防災会でも、防災に対する意識を高めようと、今回の訓練実施となりました。 衣服を使った応急担架搬送法、骨折時の固定法、AEDを使った心肺蘇生法を学びました。
2009/9/16
岡垣町三里松原海岸で14日夜、ふ化したアカウミガメの赤ちゃん137匹が地中からはいだして大海原へ旅立ちました。
岡垣ウミガメ倶楽部」が観察を始めて12日目。  この夜、集まった約150名の町民らが砂浜に通って夕方から深夜まで見守りました。  三里松原海岸では2年ぶりの産卵となり、8月の112匹に続き今夏としては2度目の確認となりました。
2009/9/14
直方市無形民俗文化財に指定され4年ごとに行われる「筑前植木岡分流大名行列」が9月21日に開催されます。 大名行列は明治になって筑前植木天満宮方生会の御神幸の際に岡分地区の人達が、再現したのがはじまりです。 奴姿の子供48名大人18名が、足軽頭の「ああ、ああ」と合図で、足高に踏み出しながら毛槍を振る領主供奉で古式神幸の姿を残しています。
2009/9/12
事件や事故などの緊急の通報は110番のかけますが、犯罪などによる被害の未然防止や安全な暮らしに関する相談などは『#9110』にかけていただくと対応しています。  9月11日、若宮総合支所の会議室で宮若市警察署出張相談窓口が開かれました。  「小さな犯罪でもすぐに通報、貴重な情報になる場合もあります」と迅速な情報提供をお願いしていました。
2009/9/11
田川市石炭・歴史博物館夏季企画展『北と南を結ぶヤマー石炭産業の過去・現在』に関連して、8月23日「炭鉱のあるマチ、釧路」釧路市立博物館学芸員が特別講演を田川市博物館で行いました。旧三井田川伊田竪坑を開削した田邊儀助は、田川から釧路に渡って、太平洋炭鉱釧路鉱業所初代所長となり、旧三井田川伊田竪坑の技術や知識が釧路に伝わりました。
2009/9/10
9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年、10日からの一週間を自殺予防週間とし、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進」を進めるため、啓発事業等を通じて、自殺や精神疾患についての知識を普及啓発し、対応方法及び自殺者の親族等に対する支援の必要性等について国民理解の促進を図ることを目的としています。
2009/9/9
小竹町幼稚園運動場で幼稚園・保育所の子どもたちを対象とした交通安全教室を9月7日に行いました。  今回が2回目の交通安全教室。  1学期に学んだ横断歩道の正しい渡り方について直方市警察署の警察官と復習しました。  横断歩道を渡るときは、まず信号を確認。 信号がでも車が来ないとは限りません。  左右を確認し、安全を確かめてから渡りましょう。
2009/9/7
第3号被保険者期間と重複する厚生年金等の加入期間が、裁定後の判明した場合の取扱いが変更になりました。  年金を受け始めてから、国民年金第3号期間と重複するお勤めされた期間が新たに判明した場合には、会社等を退職した後の第3号被保険者期間が引き続き年金額に反映される納付済期間として取り扱われ、過去の年金額が減額とならなくなりました。  
2009/9/4
専団連ネットワークの相談会が、四都市合同で9月6日に行われます。  専団連相談会とは福岡県社会保険労務士会など県内各士業が、不動産・相続・金銭トラブル等で相談者が見つからない方が、合同で相談を受けることにより利便性を図るために行われる相談会です。   北九州は「市立商工貿易会館2階」です。    詳しくは各士業県会へお問合せください。
2009/9/1
地域などのつながりを通して、子どもたちの将来を考える「地域の教育力講演会」が、8月26日に福智町公民館金田分館で開かれました。  筑豊教育事務所が講演。 「人権感覚」と「知ること(学ぶこと)」の大切さについて自身の体験をはじめ、エッセーや投稿などの事例を紹介しながら伝えました。  福智町公民館金田分館を訪れた約80人にやさしく投げかけました。
2009/8/31
福智町商工会主催で福智町合併後初のイベントとなる「福智町憩いの夕べ」が、8月22日に福智町商工会館で行われました。 会員が用意した豊富なメニューを販売するテントが並び、5千円の商品券が当たる赤池スタンプ会の抽選会なども開かれ終始大盛況。 フィナーレは花火大会が福智町の夜空を、提灯の淡い灯りの下で約450人を最後まで楽しませていました。
2009/8/30
鞍手町六田川水生生物調査を8月26日に『六田川をきれいで水害のない川にする会』が六田川の水生生物調査を行いました。  投網をうち、六田川に生息する魚を捕獲し、記録を残していくもです。 絶滅危惧種の日本バラタナゴなども生息していることがわかりました。  捕獲した魚は、剣南小学校の児童たちにより生態観察がされるそうです。
2009/8/28
協会けんぽ』の健康保険の保険料については、現在、全国一律の保険料率(8.2%)となっていますが、平成18年に健康保険法が改正され、平成21年9月までに都道府県毎の保険料率に移行することになりました。  福岡県では、8.24%に変更されます。 一般被保険者については10月納付分、任意継続被保険者については9月納付分からとなります。
2009/8/27
八幡西区の多彩な八幡西区情報番組『風は西から』を放送しています。   八幡西区のホットな出来事や話題、歴史、まちづくりなど、情報を市民リポーターたちがお届けします。   9月1日(火)から9月15日(火)の特集 『市民センターだより』 は、本城市民センターを紹介します。   J:COM北九州9チャンネルで放送、詳しくは八幡西区役所まちづくり推進課まで。
2009/8/26
『09むなかた環境フェスタ』宗像市の素晴らしい環境を今後も継続させていくためには、わたしたち一人ひとりの取り組みがとても重要となっています。 地球温暖化防止に向けて『何ができるか考えてみませんか」。「宗像市の環境を考える日」として9月6日宗像ユリックスで環境問題の啓発に取り組む宗像市内の団体と協働で啓発事業を開催します。 イベント盛りだくさん!
2009/8/25
協働のまちづくりを目指して、平成23年策定予定の、田川市第5次総合計画に、田川市民の多様な意見を反映させるための、まちづくりワークショップが、8月8日、田川市民会館で開催されました。 27人の委員のうち19人が参加し、これからの田川市の課題・目指すべき将来像についての意見交換を行いました。 意見をまとめた報告書を田川市長に提出する予定です。
2009/8/23
庁舎移転に伴い、これまで福岡市中央区大名の福岡助成金センターに提出していただいていました『助成金』関係の書類につきましては、8月24日以降は福岡市博多区の福岡助成金センターへ提出していただくこととなります。  申請期間等が8月以降の助成金関係の申請、届出等につきましては申請期間、申請先等をご確認のうえご提出をお願いします。
2009/8/20
小竹町水環境を知るきっかけに、8月18日に町内の小学生が、小竹町の水環境を調査するため、四反田川と南良津区の調整池でガサガサ調査を行いました。   中央公民館の館長と指導員の指導のもと、調査隊員のみんなは、藻の下あたりを網でガサガサし、ハヤ、ドンコ、タナゴ、エビ、ザリガニを捕獲しました。  川の水質の悪さも感じていました。
2009/8/19
毎年8月14日は、約360年の伝統と誇りを守る鞍手町の無形文化財、永谷万年願盆綱が行われます。  子ども綱の勝敗は、上組の勝利でした。  そして午後10時50分、歴史と伝統が託された綱を手に「うぁー」と言う掛け声とともに真教寺の坂道を駆け下りてくる引き手たち。  これからも伝統と文化の継承を担ってください。
2009/8/18
糸田町子ども会育成連絡協議会主催の『糸田町子どもスポーツ大会』が、糸田町教育委員会と朝日新聞社の後援により、8月2日に糸田町民グラウンドと糸田中学校グラウンドでそれぞれ開催されました。 男子のソフトボールは、5試合中2試合が同点の末タイブレークにもつれこむなど大接戦が展開され、会場を大きく沸かせました。 暑い中お疲れ様でした。
2009/8/10
長時間労働を抑制し、労働者の健康確保や、仕事と生活の調和を図ることを目指して、時間外労働の割増賃金率の引き上げや年次有給休暇の時間単位での取得を可能とする改正労働基準法が、平成22年4月1日から施行されます。  福岡労働局では、改正労働基準法の内容について説明会を開催します。  多数ご出席いただきますようご案内いたします。
2009/8/5
街並みクリーン作戦』 が、8月2日に行われました。  この日は50人以上が参加し、遠賀町役場から出発して国道3号線周辺や西川の河川敷、ルミエール周辺などの清掃活動に汗を流しました。  1時間程度で回収されたごみは、もえるごみ22袋、ビン・カン4袋、燃えないごみが2袋でした。 町がきれいになりました。  美しい町を目指しましょう
2009/8/1
社会保険労務士 堺秀夫は、さかい労務管理事務所のホームページで特定社会保険労務士社労士、助成金、就業規則、あっせん代理、障害年金、是正勧告などの情報と併せて中間市直方市遠賀町、鞍手町、水巻町、福智町八幡西区芦屋町、岡垣町宗像市宮若市小竹町、飯塚市、田川市、、糸田町などの地域情報をトピックスとして適時発信します。 

中間市で開業しています。さかい労務管理事務所の堺です。 
多くのHPの中から当事務所のHPをご覧頂きありがとうございます。 

中間市全域 水巻町 遠賀町 鞍手町 直方市 田川市 糸田町 八幡西区
芦屋町 岡垣町 宗像市 宮若市 飯塚市 小竹町 福智町 を主戦場に一所懸命駆け抜けています。 

開業後8年の駆け出しの事務所で、社会保険労務士として社会人としてもまだまだ未熟ですが
人と人のつながりを大切に親切丁寧な対応を心掛けています。 

働く人とは一緒に悩み、事業主さまとは一緒に考え、上からでも下からでもない同じ目線で
一緒によりよい解決策を探しましょう。


経歴
福岡県立若松高等学校定時制 産能短期大学通信制(社労士コース)卒業
トラック販売会社で18年6か月勤務 外資系化学剤販売会社等に勤務
社会保険労務士合格を契機に開業前から福岡労働局総務部企画室に採用
労働問題や労働関係、社会保険関係などの実務を通じて仕事を習得する。
県会研修会、自主勉強会に積極的に参加し知識の研鑽に勉める。

移動式クレーン運転士免許  職業訓練指導員(自動車整備科)資格者
特定社会保険労務士資格者  衛生工学衛生管理者

福岡県社労士会成年後見勉強会      福岡県社労士会代議員
中間市消防団第1分団 班長         陸上自衛隊予備2等陸曹
社労士活動以外についてはヒダリメニューにあります各ホームページをご覧ください。
 
さかい労務管理事務所では就業規則・助成金・労務相談などの社会保険労務士業務全般を行います。